日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「日馬富士 引退」に関する記事

9月場所も無念の休場を決めた日馬富士

横綱昇進後4度目の休場…存在感なき日馬富士は引退危機

10日、横綱日馬富士(31)が13日に初日を迎える9月場所を休場することが決まった。7月場所初日に痛めた右ヒジが回復せず、現在もまっすぐに伸ばせない状態。ケガには厳しい師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が、「ここで無理をすると右ヒジが動かなくなる」というのだから、やむを得ない判断だったのだろう。 ただでさえケガの多い横綱だが、この右ヒジには半年間も悩まされている。…

初優勝を果たした照ノ富士

白鵬に「限界見えた」と評論家 照ノ富士に追われ引退加速

結びの一番で東の横綱白鵬(30)が西の横綱日馬富士(31)に負けたことにより、ただ1人の3敗力士となった照ノ富士(23)が初めて賜杯を手にした。 碧山を下して3敗をキープした照ノ富士は、支度部屋に戻ると優勝決定戦に備えてモニターをじっと見つめていた。白鵬の相手は同じ伊勢ケ浜部屋所属でモンゴルの先輩力士。その日馬富士が白鵬を寄り倒すや、付け人に抱きついて無言で喜びを分…

舞の海氏を皮肉った横綱白鵬

言いたい放題“有頂天”の白鵬 「東京五輪まで現役」の現実味

日馬富士、鶴竜の両横綱はケガが多い上に、存在感が皆無。逸ノ城はブクブク太るばかりで、当初の俊敏さはどこへやら。今場所9日目の対戦後にダメ押しの“アッパー”を見舞ったのも、「不甲斐ない相撲ばかりしやがって」という後輩への苛立ちが募ったからだろう。言うまでもないが、日本人力士は相手にすらならない。 力が落ちても「最強」の名をほしいままにできるのだから、白鵬にしてみれば拍…

勝つには勝ったが…

勝利も大苦戦 平幕が手を叩いて喜ぶ“カモネギ横綱”日馬富士

白鵬が豪風を一蹴し、日馬富士(30)の登場で迎えた春場所10日目の結びの一番。2日連続で金星を配給したばかりの横綱は、この日も苦戦した。相手は今場所4勝5敗と調子の悪い平幕の魁聖。ところが、精彩を欠く日馬富士は組んだ後にじりじりと土俵際に追い詰められ、何とか下手投げで魁聖を転がしたのは横綱としてのせめてもの意地だろう。 今場所だけで日馬富士は平幕に3敗し、金星を3…

None

稀勢の里を病院送りにした真犯人

「あの日馬富士の立ち合い時の鬼気迫る表情を見たかい? 稀勢の里をまるで親の敵みたいに、ものすごい目つきで睨んでただろう。取り口にしてもすさまじかった。ケガがちで引退をささやかれている32歳が、もう失うものはないみたいに全身全霊でぶつかっていった。ありゃ、腹に一物どころか、恨み骨髄って感じだったな」 親方のひとりがこう言った。 手負いの新横綱稀勢の里(30)が先の春場…

None

手負いの横綱 稀勢の里 逆転優勝の危険な代償

大相撲春場所の横綱・稀勢の里(30)は、13日目の日馬富士戦で左肩付近を負傷。前日の横綱・鶴竜戦にはなすすべなく敗れたものの、千秋楽は大関・照ノ富士(25)に本割と優勝決定戦に連勝。逆転で2場所連続優勝を果たした。新横綱での優勝は貴乃花(95年初場所)以来22年ぶり。新横綱は表彰式の君が代斉唱の際、大粒の涙をボロボロ流した。 「何とも言えない。自分の力以上のものが…

日馬富士の体重は幕内で3番目に軽い137キロ

すでに満身創痍…日馬富士が2日連続で“金星配給”の謎解き

3日目にして早くも2敗目を喫した横綱日馬富士(32)。2日目の御嶽海に続いてこの日は松鳳山と、2日連続で金星を配給した。 支度部屋では「うーん……」「ハァ……」とタメ息を連発。「まだ12日間残ってますから」と記者に励まされ、「そうですね」と笑顔を見せる始末だった。 松鳳山の素早い相撲に攻め立てられ、不用意な小手投げで自滅。中継の解説を務めた師匠の伊勢ケ浜親方は「すぐ…

右眼窩内壁骨折で休場/(C)日刊ゲンダイ

休場の横綱・日馬富士 満身創痍でもすんなり引退できない理由

5日目から休場となった横綱日馬富士(30)。4日目の立ち合いで負傷し、右目から流血。眼窩内壁骨折で、休場を決めた。 さらに嘉風のマゲを掴み、横綱としては初となる2度目の反則負けを喫した。場所後、横綱審議委員会から進退について厳しく言われるのは避けられないだろう。 かつては幕内最軽量力士ながら奮闘し、横綱まで昇進。現在も136キロしかない。度重なるケガで満身創痍。大関…

None

心も体も疲労困憊 4横綱時代の“脱落者1号”は白鵬なのか?

今回も真っ先に脱落するのはケガの多い日馬富士(32)、あるいは波の激しい鶴竜(31)だと多くのファンは思っていただろう。しかし、今や最も引退に近い横綱は白鵬(32)だ。 ■5日目から途中休場 4日目の相撲で場所前に痛めた右足裏が悪化し、16日に休場届を提出。宮城野親方(元幕内竹葉山)によれば、「右の太ももも腫れている」という。これで通算5度目の休場となったが、昨年…

横綱をしのぐ人気だが…

「弱い横綱の乱造に」 稀勢の里“綱取り継続”にファン苦言

千秋楽の一番で横綱日馬富士を押し出し、13勝2敗で5月場所を終えた大関稀勢の里(29)。14日目に横綱鶴竜に敗れた時点で今場所どころか来場所の綱とりも消滅したはずだった。 横綱の昇進基準は「2場所連続優勝か、それに準ずる成績」とある。先場所も優勝を逃し、今場所も千秋楽を前にして横綱白鵬(31)に賜杯を許している以上、とても「優勝に準ずる成績」と呼べない。 にもかか…

「負け決まり」の日馬富士

北の湖理事長急逝で始まるモンゴル勢の賜杯“たらい回し”

それを日馬富士(31)や鶴竜(30)らと、順番に回していくのではないかといわれている」 白鵬は引退後、親方になる夢を持っている。しかし、現行のルールで親方になれるのは「日本国籍を有する者のみ」。 白鵬は帰化だけは避けたいと協会に働きかけていたが、北の湖理事長は「それは絶対に変えられない」と突っぱねていた。 その理事長が急逝。白鵬は将来の理事長候補といわれる貴乃花親方…

36回目の優勝を飾ったものの…

“奇襲”しか勝つ手なし 白鵬は今後も姑息な相撲で晩節汚す

白鵬は立ち合い、右手の甲を出して日馬富士の視界を遮ると、左に変化。日馬富士は勢いあまって、そのまま駆け出すように土俵下に落ちていった。 これが平幕同士ならまだしも、千秋楽の結びの一番、しかも横綱同士の取組での立ち合い変化だ。歓声はすぐさま怒号に変わり、ヤジとブーイングの嵐。中継を解説していた北の富士(元横綱)も、「昔の横綱はプライドも礼儀もあった」と吐き捨てた。観…

None

稀勢の里 あの横綱の二の舞になりかねない

稀勢の里は先場所、日馬富士に敗れた際に左上腕筋と大胸筋を損傷するケガを負った。本人は「回復具合は順調」としか言わないが、角界の中には「5月場所は休場した方がいいのでは」という声が少なくない。 相撲評論家の中澤潔氏は「筋肉のケガというと、横綱の栃ノ海を思い出す」と、こう言う。 「1964年に昇進した栃ノ海はケガに泣かされ続けた。横綱としての優勝はたったの1回。最後は…

各界の2017年注目アスリートたち

さようなら2016年⇔ようこそ2017年

どこよりも早い! 国内主要スポーツの優勝を大予想

となると、白鵬、鶴竜と日馬富士のモンゴル横綱、そして3人の日本人大関、この3派が年間2回ずつ優勝を分け合う構図が浮かんできます」(相撲記者) 上位陣が星のツブし合いになった場所は、遠藤や勢ら平幕力士にもチャンスが。土俵は今年以上に盛り上がりそうだ。…

マッチョ体形はまるで格闘家

怒涛の7連勝 平幕・石浦が“白鵬仕込み”でついに才能開花

全勝の鶴竜に次いで、白鵬、日馬富士と並ぶ平幕力士唯一の1敗を保っている。 13年から白鵬の「内弟子」として稽古を積み、今場所初入幕。173センチ、114キロと小柄だが、筋骨隆々の体形は相撲取りと言うより格闘家。5日目には体重差80キロの逸ノ城を翻弄して下手投げで転がすなど、体格差をモノともしない取り口で白星を重ねている。 父は鳥取城北高校の相撲部で琴光喜(元大関)や…

尻に火がついた豪栄道

初日から9連勝 大関豪栄道はカド番で本領発揮する勝負師

1敗は横綱日馬富士と平幕の遠藤のみ。初の賜杯も見えてきた。 ある親方が言う。 「豪栄道は形勢が不利になるや、すぐにはたきや首投げに出る悪い癖がある。それらの技は逆転劇を生むこともあるが、腰高で脇がガラ空きになりやすく、あまり多用すべき手ではない。今場所はそうした消極的な姿勢ではない。ひたすら前へ前へと攻めていることが、好調の要因でしょう」 豪栄道は先場所までの大関…

左から時計回りに、島田紳助、久本雅美、鶴瓶、桂三枝

ドロップアウトから始まった ライフ&ライブ

久本に鶴瓶…関西の芸人とは仲がよかった

半年くらい前、鶴瓶から電話があったんで出てみたら、「横綱・日馬富士と一緒に飲んでいる」って。電話の後ろで「〽にじむ街~」ってご機嫌でカラオケを歌っているのが聞こえる。ちょうど、日馬富士が負けた日だったんで、「場所中にそんなことしてんじゃない」って言ったら、それ以来、連絡しにくいらしくて、音沙汰なくなったけど。 トミーズの雅もよくライブに来てくれた。雅とは十三のしょ…

取組前には「栃煌山コール」が

白鵬“アッパー”も師匠に電話注意 相撲協会の弱腰に厳しい声

日馬富士と鶴竜はケガばかりで存在感もなく、白鵬の後釜にはなれない。角界では『照ノ富士が横綱になるまで、白鵬には現役でいてくれなきゃ困る』という声もあるほどです。いくら期待の新鋭でも大関と横綱ではファンの見る目が天と地ほども違いますからね」 しかし、相撲評論家の中澤潔氏は「協会こそおかしいですよ」と言う。 「相撲協会は形式こそ重んじていますが、実行というものがない。白…

1月の初場所でも遠藤にエルボー

オレしか言えないこんなこと

横綱白鵬に苦言「エルボーなんてフェアじゃないよ」

その後、単独トップに立ったものの、終盤戦で豪栄道、稀勢の里の両大関に土をつけられて優勝ラインを下げ、千秋楽では横綱日馬富士に負けて決定戦に持ち込むことなく照ノ富士に優勝を譲った。白鵬が11勝以下の成績だったのは3年ぶり。照ノ富士の台頭と相まって、力が落ちた? 終わりの始まり? と見る向きもあるが武蔵川親方はどう見たか? 「そんなこと、1場所だけじゃ分からないよ。ただ…

もともと力はあった照ノ富士

オレしか言えないこんなこと

もともと力を持ってた照ノ富士だから抜け出た

横綱・日馬富士を筆頭に安美錦、宝富士、誉富士とタイプの違う幕内上位陣が顔を揃えていて、そこに新大関・照ノ富士ときたから“黄金時代”と評するスポーツ紙もある。相手に困ることなく充実した稽古を積むことができる環境も新大関誕生の背景としてあった、というのだ。 若貴を生んだ二子山部屋や武蔵丸が育った武蔵川部屋など、その時代、その時代で隆盛を極めた部屋があり、現在の伊勢ケ浜部…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事