日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三山ひろしに関する記事

けん玉演歌で熟女ファンも熱狂

「けん玉演歌」三山ひろし レコ大&紅白に“当確ランプ”点灯か

13日、演歌歌手の三山ひろし(34)がクラブDJグループを結成し、都内ディスコでライブを開催した。着物姿でお立ち台に立った三山は、トレードマークのけん玉を片手にデビュー曲「人恋酒場」や新曲「お岩木山」を熱唱。集まった熟女ファンを熱狂させた。 DJグループ「クリフエッジ」とのコラボでは、タオルを回す動きの練習で、「こちらのタオル、何しろ吸水性バツグンですから。今治産で…

福田こうへい

紅白返り咲き 演歌歌手・福田こうへいの知られざる集客力

白組演歌勢は46回目の五木ひろし(68)の後は、17回目の氷川きよし(39)、3回目の福田こうへい(40)、2回目の三山ひろし(36)、山内恵介(33)の5人、平均年齢は43.2歳と大幅に若返った。 発表2日前の22日、「こればっかりは連絡をいただけるまでソワソワしてます」と明治座の座長公演会見で語ったのは福田こうへい。今年7月に解決したという事務所移籍問題に関して…

福田こうへい(左)の復帰宣言で大混戦に…

本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

「昨年は“けん玉”の三山ひろしや“イケメン演歌”の山内恵介という2人の初出場組、さらに14年ぶりに復帰した島津亜矢が演歌枠では注目を浴びました。しかし、初出場や復帰組の2年連続というのは非常に難しい」(前出のプロデューサー) 安泰なのは五木ひろし、氷川きよし、石川さゆり、坂本冬美ぐらい。残り枠を巡ってレコード会社の売り込み合戦が激化しそうである。…

三山ひろし「お岩木山」

ヒットチャートめった聴き

あっぱれ演歌の王道を行く 三山ひろし「お岩木山」

先日のNHK紅白歌合戦でも感心したのだったが、年末には自分も競争相手としてノミネートされて出演していたテレビ東京の「日本作詩大賞」で、この三山ひろしの「お岩木山」を聴いた時には、改めて良い歌だと惚れ込んでしまった。 青森県の最高峰である津軽富士を歌った、媚びもてらいもない、実にまっとうな演歌だ。三山ひろしという歌手の存在を知ったのは、私がツイッターを始めた2010年…

三山ひろし

オレのおふくろメシ

演歌歌手・三山ひろし シシトウと豚肉の炒め物の思い出

2009年「人恋酒場」でデビューして10万枚のヒットになった三山ひろしさん。2年連続で紅白歌合戦に出場、昨年は故郷・高知に思いを馳せた「四万十川」を歌った。 「高知市の隣・南国市で生まれ育ちました。両親は小学校2、3年のころに離婚して、ボクと1歳下の弟は母に育てられました。おじいちゃん、おばあちゃんが香美郡物部村(現・香美市)に住んでいて、週末は祖父母の家に行ったり…

三山ひろし

あのヒット曲を追っかけろ!

三山ひろし「お岩木山」

三山ひろしは、その後、岩木山神社にお礼のお参りをしてきただろうか。…

「演歌男子。フェスティバル2015」

ヒットチャートめった聴き

イケメン「演歌男子」に熱いお願い!

三山ひろし、花園直道、川上大輔、松原健之、パク・ジュニョン、花見桜幸樹、ジェロ、走裕介、はやぶさ、純烈、徳永ゆうき、西村一輝、松尾雄史、最上川司、清水良太郎、こおり健太、沢田正人、斬波。 なんじゃ? こりゃと思われる方も多いことだろう。知っている名前は一つか二つ。この動きは、09年に北川大介、山内惠介、竹島宏という演歌畑の歌手3人が「イケメン3」というユニット名で…

左から時計回りに、小林幸子、八代亜紀、神野美伽、吉幾三

“ラスボス”小林幸子の効果大 演歌界は猫も杓子も若者対策

さらに“けん玉歌手”として人気を博し、昨年「紅白」初出場を果たした三山ひろし(35)もヘビメタバンド「ガーデル」とコラボライブを行っている。果ては紅白を卒業した北島三郎(79)まで演歌歌手7人とのデュエット企画を、AKBをもじって「神セブンだ」などと言い出しているのだ。 演歌歌手たちの視線がなぜ急に若い人たちに向かっているのか。芸能評論家の肥留間正明氏がズバリ指摘…

演歌界のスターが異例コラボ

紅白復帰に意欲?北島三郎が演歌歌手7人と豪華デュエット

今年6月で芸道55年を迎える北島は「何とかここまできました」と振り返ると、同席した坂本冬美(49)、藤あや子(54)、三山ひろし(35)らを前に「一緒の道を歩いている仲間と何かやりたいという夢があった。仲間たちに賛同してもらってステキな歌を歌うことができて感謝です。もう先は長くないと思うけど、残りの時間で仲間たちといろいろやっていきたい。第2、第3弾と続けばいいと…

戦国武将さながら

三女は俳優と結婚 北島ファミリーは“結婚外交”で勢力拡大

見落とされがちですが、紅白歌手の三山ひろし(35)も遠い親戚筋といいますから、その発言力は絶大です」(前出の肥留間氏) サブちゃんにとっては「万々歳」だろうが、入る側にとってはメリットがあるのか? 「大アリですよ」とはある音楽プロデューサー。 「実は北島さんの次男もかつてはバンド活動をやってました。しかし、あまり売れずに解散。それでも芸能界に残っています。やっている…

熟年女性たちをメロメロに

紅白初出場の山内恵介 人気の秘密は意外性とサービス精神

卒業した北島三郎の後釜を狙って熾烈なデッドヒートを繰り広げ、けん玉演歌の三山ひろしとイケメン演歌の山内が滑り込んだ」(音楽関係者) 1983年5月生まれ。3人兄弟の末っ子。美空ひばりファンの母親からひばり演歌を聞かされて育った。5歳の頃、ちゃぶ台に乗ってひばりの「みだれ髪」を歌い、 大受けしたことも。高1の時のカラオケ大会で優勝、審査員を務めた作曲家の水森英夫氏にス…

左は星野源と山内恵介、ゲスの極み乙女

有働アナからクギ刺され 紅白初出場「ゲス極」もう出禁候補?

他にもイケメン演歌歌手の山内恵介(32)や、ケン玉演歌の三山ひろし(35)、「Superfly」などが発表される中、「有働さん、オレ、やったよ!」と総合司会の有働由美子アナウンサーに呼びかけたのは星野源(34)。 「やったね、源ちゃん」と返した有働アナとは、ライブを訪れたり、星野が12年末にくも膜下出血で倒れて病気療養していた際「ぜひ紅白に出ていただきたい」と手紙を…

ピンチの森進一と復帰の小林幸子

ジャニーズ内闘争、森進一の落選危機…ドタバタ紅白の舞台裏

一新を図りたいNHKが市川由紀乃、山内恵介、三山ひろしらを初出場させたい一方、藤あや子、細川たかし、森進一らベテランを当落線上で検討している。ちなみに歌手生活50周年の森は納得できない。森自ら作詞作曲した記念曲のタイトル『あるがままに生きる』とは裏腹に、泣くに泣けない落選だと猛アピールしているそうなんです」 そんな舞台裏のドタバタなんて「勝手にやって」と視聴者は言い…

左から三山ひろし、北山たけし、竹村こずえ

若手演歌歌手に“新潮流” 特技や異色経歴で売り込み必死

■スナック営業はも今は昔 「“特技”がもっとも注目されているのは『人恋酒場』がプチ・ヒットした三山ひろしでしょう。けん玉初段の腕前を生かし、今や間奏に『世界一周』『剣先すべり』などの技を披露するのがお決まりになっている。“異色経歴”でいえば、女性歌手の竹村こずえがいる。元ダンプの運転手という職歴から“ガテン系演歌歌手”として話題をさらっています」(音楽関係者) 若…

北島三郎(左)と三山ひろし(右)/(C)日刊ゲンダイ

北島三郎去りしNHK紅白歌合戦 「男性演歌枠」は大激戦

昨年、初出場した福田こうへいが今年はビミョーで、イケメン演歌歌手の山内恵介、“けん玉演歌”で話題の三山ひろしのうち、一人が出場するといわれている。今のところ、一番売れているのが三山。新曲『あやめ雨情』は8万枚を突破するなど演歌界では異例のヒット中。けん玉は幕あいの余興にもピッタリだし、頭一つリードしている」(音楽関係者) ダークホースに浮上した三山は日本けん玉協会会…

None

紅白初出場 当確は「サブちゃん推し」福田こうへい

同じ演歌界で対抗馬と目された杜このみや、三山ひろしは一歩及ばないのでは。クラシックチャートを賑わせた自衛隊の歌姫は、対戦相手の人選を考えると微妙なところ。もっとも特別枠での出演もあり得る話なので、どう構成を練るか。NHKのお手並み拝見です」 さて結果は。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事