日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「山中慎介 ボクサー」に関する記事

(C)日刊ゲンダイ

実力、ジムの力…機が熟した山中慎介のラスベガス進出

王者の山中慎介(31)は対戦前にこう語っていた。 ゴングが鳴ると1回から得意の左パンチが炸裂。2回にダウンを奪い、その後は相手パンチをかわしながら迎えた9回、鋭い左ストレートをボディーに打ち込みTKO勝ち。 同級3位シュテファーヌ・ジャモエ(24=ベルギー)を倒し、5戦連続KOで6度目の防衛を果たした。 「期待に応えられた試合ではないが、最後はKOで盛り上がったので…

None

完勝V8の山中慎介 バンタム級「4団体統一王者」の現実味

王者の山中慎介(32)が同級7位のディエゴ・サンティリャン(27)を7回36秒でKOし、8回目の防衛に成功した。 ボクシングに関する著作も多いスポーツライターの織田淳太郎氏が言う。 「山中にとってくみしやすい相手でしたね。サンティリャンの大きく振り回す右は、通常のボクサーなら確かに出どころが見えにくい。しかし、山中はサウスポー。離れた位置から出てくる大振りの右は見や…

WBCでは無敵/(C)AP

7度目防衛成功で敵なし 山中慎介に「海外で防衛戦を」の声

22日に行われたWBC世界バンタム級王者山中慎介(32)の7度目の防衛戦。山中は挑戦者のスリヤン・ソールンビサイ(25)に3-0で判定勝ち。7、8、9ラウンドに計3度のダウンを奪うも、具志堅用高(元WBAライトフライ級王者)の持つ世界戦6連続KOには届かなかった。 「山中は序盤、流れを掴めなかったのか、動きが直線的。パンチも少なく、スリヤンのノーモーションの右を何発…

国内最年長で王座奪取

長谷川3階級制覇 “神の左”を霞ませたどん底からの復活劇

この日、メーンを務めたWBC世界バンタム級王者の山中慎介(33)も挑戦者のモレノとダウンの応酬の末、7回TKO勝利。11度目の防衛に成功した。 「長谷川さんが素晴らしい試合で勝ったから、僕も強い気持ちでリングに上がれました」 とは勝利後の山中。「神の左」すらかすむ、長谷川の復活劇だった。…

初黒星/(C)日刊ゲンダイ

3階級制覇失敗で肩落とすTBS 井岡の「亀田化」に拍車か

同バンタム級王者山中慎介(31)は日本テレビがバックにいる。 TBSはこれまで強力に支援してきた亀田一家が事実上の日本ボクシング界追放とあって、ワラにもすがる思いで井岡を応援していたはず。それがプロ15戦目にして初の黒星。日本人最速の3階級制覇に失敗した。あるボクシング関係者が言う。 「今後TBSは、過剰演出やマッチメークなどで、ますます井岡のイメージ回復に力を注ぐ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事