日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

八神純子特集

精力的にイベントやコンサートに参加

プレイバック芸能スキャンダル史

NY留学帰りの八神純子が巻き込まれたヒット曲の“盗作騒動”

ー1980年7月ー 2011年、10年ぶりに活動を再開したシンガー・ソングライターの八神純子。サンバホイッスルにピアノの弾き語りという独特のスタイルでブレーク、80年7月21日リリースの「パープルタウン」は60万枚を超える大ヒットとなった。 だが、発売直後に「盗作ではないか」と騒ぎになった。八神は同年4月から54日間、ロサンゼルスにホームステイしている。パープルタウ…

八神純子「There you are」

ヒットチャートめった聴き

デビューから38年 全盛期をしのぐピークを迎えた八神純子

2011年11月にSHIBUYA-AXで約10年ぶりに行われたコンサートで音楽活動を本格的に再始動させた八神純子。そんな彼女にとって〈復帰コンサート〉はそのままアーティストとしてのリハビリ活動も兼ねていた。それは何のために歌うのか? という自分自身に対する問いかけの期間でもあったのだ。彼女は熱く語る。 「2年前に出した前作『Here I am』はちょっと控えめなタイ…

八神純子さん

この人に密着24時間

朝は30分のコーヒータイム 八神純子さんの“大事な時間”

歌手の八神純子さん(58)だ。伸びやかで濁りがない声は健在。エネルギッシュに年間100本ものコンサートをこなす。今年1月、東京・渋谷のオーチャードホールのライブは満席。その映像をまとめたブルーレイが来年1月に発売される。同1月29日には、再び同じステージに立つ。 「この日は取材が3本、ラジオ出演2本とスケジュールが立て込んでました。コンサートで地方へ行くことが多いの…

昨年は66カ所で公演をこなした

私の秘蔵写真

歌で被災地支援 八神純子さん「3・11」から2カ月後の一枚

ヒットチャートめった聴き

「デュエットの帝王」稲垣潤一 2年ぶりのシリーズ新作を語る

「男と女」シリーズで稲垣は、これまでに辛島美登里、太田裕美、夏川りみなどたくさんの女性アーティストとデュエットしてきたが、新作では八神純子、柴咲コウなどと初めてコラボレーションしている。デュエット相手は今回のシリーズ5作品でちょうど50組、デュエット曲の総計は実に58曲。もちろんデュエット曲数は日本記録(ちなみに2位は石原裕次郎の28曲)で、これが稲垣が〈デュエッ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事