日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

相模湾の関連ニュース

3・11震災で捜索する消防隊員

東京は火の海、横浜は建物倒壊…書物で読み解く関東大震災

震源地は相模湾海底で、M7.9。東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、静岡まで広範囲に大きな揺れが襲った。 当時の新聞を調べると、《伊豆大島全島沈下》《富士山爆発》といった誤報を飛ばしている。壊滅状態の首都圏の姿を正しく伝えることはできなかった。恐らく次もそうなるだろう。いつの時代もデマはつきものだ。 それでは、実際に何が起きていたのか。 吉村昭の著書「関東大震災」(文藝…

釣りアイドル・そらなさゆり

注目の釣りアイドル そらなさゆりの仕事・収入・私生活

いま相模湾のマグロ釣りにハマっていますが、大シケで酔っちゃって大の字。そしたら船長が「マグロ釣りでマグロじゃ、シャレにならん」って、アッハハハ。 ――いま、ニコニコ生放送の「そらなさゆりのつりタメ」という番組のレギュラーですね。 はい。双方向メディアですから、視聴者からの反応が瞬時に画面に流れるんです。 「きょうもカワイイですね❤」など、うれしいコメントが多いんです…

None

「氷見ブリ」偽装が不起訴処分 ニセ高級魚で業者ボロ儲け

たとえば相模湾なら1キロ2500~3000円ほどで、ほかの産地も大抵これくらいです。それが氷見産になると、1万円にハネ上がる。大きければ大きいほどセリ値が上がり、正月にかけては“ご祝儀相場”になり、15キロクラスだと、ほかの産地の5~6倍の1キロ1万5000円になることもあります。ベラボーな差額に加え、流通過程の利益が上乗せされた分を消費者が負担することになるのだか…

ゼネコンと“密接な関係”

ボート会場見直しで大揉め 「海の森」に眠る“石原利権”

2年前に所有者がかわって以降、相模湾を見下ろす丘の上に立つ“白亜の御殿”はホッタラカシ。使い勝手の悪い土地をわざわざ大枚はたいて買ったのに、なぜ放置するのか。理解に苦しみます」(地元不動産業者) かたばみ興業の16年3月期決算の売上高は約31億円。約2.5億円の「海の森」事業が大きなウエートを占める。同社は別荘購入と事業受注について「何ら関係はない」(総務部)と答え…

活動の拠点としてきた逗子の別荘を2014年に売却

時価3億円の別荘売却 石原氏とゼネコンに“癒着取引”疑惑

山に囲まれた逗子市街と相模湾が見える丘に立っていて、絶景だ。 およそ540坪の広大な土地の上に、鉄筋コンクリートの白い壁に緑の三角帽をのっけたような屋根。ブザーを押しても誰も出ない。閉じられた黒い門には、黄色と黒の模様の足を持ったクモが大きな巣を張っていた。石原氏がかつてヨット仲間と騒いでいた情景を想像すると、いかにも悲しげな“もぬけの殻”だった。 「2年前に石原さ…

東日本大震災から4年半が経ったが

「南関東は震度5に襲われる」…専門筋が警告する地域とは?

改めて、最新(8月26日発行)の「週刊MEGA地震予測」をチェックすると、〈要警戒地域は、北信越地方・岐阜県、南関東地方(駿河湾、相模湾、東京湾に面する地域・伊豆諸島)〉とある。 北信越地方・岐阜県は、〈御嶽山および浅間山の近くも異常変動が見られました。隆起・沈降図を見ますと岐阜県は沈降が見られます。火山噴火も視野に入れて、1、2カ月以内に震度5以上の地震が発生する…

購入前から話題だった/(C)日刊ゲンダイ

テラハの“ご近所” 葉山の新名所化した郷ひろみの「セカハ」

相模湾に面した海岸通り沿い。高い塀で囲われているわけでもなく、<見てください>といわんばかりのオープンなつくり(笑い)。観光客の撮影スポットとなっています」(地元住民のひとり) 南葉山エリアと呼ばれる神奈川県横須賀市にある郷ひろみ(58)の別荘が、地元の新名所になっているという。発売中の女性ファッション誌「GOLD」では郷本人がモデルとなり、自慢の別荘で過ごす週末…

被災地復興は置き去り/(C)日刊ゲンダイ

「被災地復興」振りかざして突き進む 東京五輪のおぞましさ

あと6年しかないのですが…」 これに伴い、神奈川県横須賀市は、東側は東京湾、西側は相模湾に面する立地から第2NTCの拡充施設の誘致を計画。「海に近い土地柄なのでカヌーやセーリングなど、水上競技の練習施設を考えています。今は関係者が調整し、誘致の可能性を検討しているところです」(同市の政策推進課)という。 都内にある既存のNTCは370億円の建設費が投入された。第2N…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事