日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「則本昂大 成績」に関する記事

持ち前のストイックさで海を渡れるか

DeNA今永は年末の酒席にもメモ帳持参の“データおたく”

目下の目標は、楽天の則本昂大(26)、阪神の藤浪晋太郎(22)、ソフトバンクのドラ1・田中正義(22)らが加わった「ダルビッシュ軍団」入り。則本や田中はメジャー志向が強く、今永も見据える先は海の向こうだ。 今永はルーキーだった今季、開幕から先発ローテに定着。22試合に登板し、8勝9敗という成績だった。DeNAからのドラフト1位指名に恥じない結果だが、「完璧だったと満…

馬車馬のように働かされれば…

故障者続出で負担増確実 則本“酷使”で高まる米移籍願望

もはや、戦力にならない新人をベンチに置く余裕がなくなったわけだが、そんな「緊急事態」で一気に負担が増しそうなのが、15日のソフトバンク戦に先発した則本昂大(25)だ。 7回3失点で今季初黒星を喫するも、打たれた安打は内川の3ランを含む2本だけ。120球を力投した。これで3勝1敗、投球回数30イニングはリーグトップだ。 ただでさえ、楽天は選手層に不安がある。野手はもと…

侍ジャパンの小久保監督

ひねくれスポーツ論

もう冬なのにまだ野球?プレミア12とは何ぞや

大谷翔平や則本昂大、前田健太のような実力も人気も備えた選手こそ、オフのメンテナンスは気を使ってやるべきじゃないか。 もう冬だぜ。出しガラになるまで選手を絞り切るのはよせ。初戦は札幌ドーム、ずっと台北の球場を回って、準決勝からは東京ドーム。おいしいとこだけかっさらう、日本の銭儲けが選手をむしばむ。プロ野球ファンの声なき声。 「プレミア12って冬季限定ビールか?」 「札…

お調子者だけに…

楽天新守護神の松井裕樹 「防御率0.00」で迎える開幕の不安

一緒に自主トレを行うなど、弟のように松井裕をかわいがっているエースの則本昂大(24)がこう言っている。 「あいつ、調子に乗せたらものすごいですから。半面、一度、落ち込むとシュンとしちゃう」 松井裕のオープン戦成績は8試合で防御率0.00。9イニングで16奪三振、奪三振率16.00と驚異的な数字を残した。 怖いもの知らずで腕を振り、自らの長所を存分に発揮したものの、…

メジャー行きもそう遠くない?/(C)日刊ゲンダイ

1億2000万円更改の楽天・則本 「単年で勝負」発言の本音

楽天の則本昂大(23)が3日、契約を更改した。今季はリーグ2位の14勝(10敗)を挙げ、奪三振(204個)のタイトルも獲得。年俸6000万円から倍となる1億2000万円の大幅アップを勝ち取った。 入団3年目での大台突破は球団史上最速。田中(ヤンキース)ですら、3年目は年俸7500万円だった。球界を見渡しても、3年目の年俸としては07年のマイケル中村(1億5800万円…

None

セ・パの実力差も? “超強力”巨人打線が楽天投手に手も足も出ないワケ

だから本音を言えば、東京ドーム(の3試合)で決めたいですね」 楽天が誇る田中将大(24)と則本昂大(22)の2本柱にはお手上げ。逆に言えば、怖いのはその2人だけという本音が言葉にはにじんでいた。 第3戦に先発した美馬学(27)は、今年5月の交流戦で初回に6点を奪 ってKOしている。橋上コーチは、「タイプとしては則本に似ているかもしれない。でも、美馬は交流戦で対戦して…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事