日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「有原航平 甲子園」に関する記事

島袋(左)と安楽/(C)日刊ゲンダイ

阪神は有原からベタ降り 新旧甲子園ヒーロー“両取り”狙いへ

1番人気とは、最多で8球団が競合する可能性がある早大の最速156キロ右腕・有原航平(4年)のことだ。 先発した18日の立大戦を、阪神は7人がかりで視察。中村GMは「腕も振れていた。ヒジは問題ないのでは。排気量が違う」と絶賛したが、他球団のスカウトは「いかにもわざとらしい」と言うのだ。 ある球団のシミュレーションでは、「阪神は1位を済美の安楽に乗り換え、ソフトバンクと…

復調が待たれる中大の島袋/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラフト戦略変化 1位候補にあの春夏連覇投手が浮上

巨人の筆頭候補は156キロ右腕の早大・有原航平(4年)。スカウトは複数体制で密着マークを続けている。それに、右では亜大・山崎康晃(4年)、左では明大・山崎福也(4年)、法大・石田健大(4年)が続く構図。が、ここにきて元甲子園優勝投手が密かに株を上げているという。巨人の球団関係者が言う。 「1位リストのほとんどが投手。ナンバーワンの呼び声が高いのは早大の有原ですが、…

ヒジさえ万全なら150キロ/(C)日刊ゲンダイ

早大有原と一騎打ち 巨人ドラ1に盛岡大付・松本裕樹が急浮上

10人前後に絞られている1位候補の中の筆頭は、早大の最速156キロ右腕・有原航平だった。他球団の関係者が「巨人の1位は有原でほぼ決まり」と口を揃える中、高校生投手では済美(愛媛)の安楽智大がただ一人、1位候補に入っているとみられていた。が、実はこの中に松本も含まれており、評価が急上昇しているというのだ。 岩手大会決勝で発症した右ヒジ痛を抱えながら臨んだ2回戦。優勝…

2位指名の坂本誠志郎捕手(奥)とともに金本監督と握手

父は転勤族…虎ドラ1高山を育てたのは“鬼軍曹”の母だった

日大三高2年の春の選抜では、広陵高の有原航平(現日本ハム)に2打席連続で抑えられ、決勝戦ではスタメンを外された。明大では入学1年目にいきなり計36安打するが、2年目に計26本まで減少した。しかし、壁に当たってもめげなかった。 「そういった苦しい状況を乗り越えたからこそ、ひと回りもふた回りも成長したと思います。親の前で涙を見せたのは中学3年生のシニア時代に1回戦で負け…

逸材には間違いないが…

プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

昨年、アマナンバーワンといわれた即戦力の有原航平(早大→日本ハム)を回避したのもそのためです」(福岡のマスコミ関係者) 昨年の松本については、高校の周辺からも「3位以下なら大学、社会人」という声が出ていた。下位での獲得を考えていた球団は手を引かざるを得ず、「ソフトバンクにしてやられた」との声が他球団のスカウトから上がっていた。 高橋はかかりつけの整体師に加え、父は薬…

済美・安楽も「1位リスト」入り/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラフト外れ1位の“隠し玉”は超無名の「イチロー2世」

1位は早大の有原航平(4年=広陵)でほぼ一本化。右ヒジを痛め、リーグ戦の登板を回避していたが、28日の明大戦で復帰。視察した日米のスカウトを安心させた。 有原は巨人の他にも、阪神や広島など最大で8、9球団が競合する可能性がある。巨人は昨年のドラフトで1位指名した石川(現ロッテ)を抽選で外し、外れ1位で捕手の小林を獲得。人気者には「抽選」というリスクがある。 巨人の1…

一回には好ブロックを見せた/(C)日刊ゲンダイ

巨人ドラ1捕手・小林 リード以上に球団が期待する“役割”

ドラフト1位最有力候補の156キロ右腕・早大の有原航平(4年)だ。187センチ、90キロの堂々たる体躯。原監督が希望する「即戦力投手」だ。広陵OBが言う。 「広島の野村と小林がバッテリーを組んで準優勝した夏の甲子園を見て、当時中学3年生だった有原は広陵への進学を決めたといいます。高校は入れ違いだったけど、有原にとって小林は憧れの先輩。もしプロでバッテリーが組めたら、…

1年目のマー君を彷彿/(C)日刊ゲンダイ

離島に置き去り…楽天・安楽 二軍落ちでも新人王の可能性

即戦力右腕と前評判の高い日本ハムの有原航平 (22=早大)は右ヒジ痛が完治していない。「6月に一軍に上がれれば御の字」(日ハムOB)という。 07年には阪神の上園(現楽天)がわずか8勝で新人王に輝いたこともある。「マーくん級」という看板が本物なら、実戦登板が多少遅れたところでタイトル取りを諦めることはない。…

「近い将来、エース格で」と栗山監督は絶賛/(C)日刊ゲンダイ

右ヒジより心配…日ハムドラ1有原には「練習量」が足りない

キャンプまでに(体を)いい感じにして、(1年目から)先発ローテーションに入って投げたい」 11日、母校で日本ハムの指名挨拶を受けた後にこう話したのが有原航平(早大)だ。 先月のドラフトでは4球団の1位入札が競合した「大学ナンバーワンの即戦力右腕」といわれる。とはいえ、今夏に右ヒジを痛めたため、球団側も過度の期待は抱いていない。 球団が最優先で取り組んでもらいたいのは…

None

新・鬼の遺言

高卒選手に甘くないプロの世界 中心選手はわずか1割

日本ハム1位の早大・有原航平が騒がれたが、この社会人3投手は活躍すると見ている。…

有原には右ひじ故障懸念も/(C)日刊ゲンダイ

有原獲得の日ハム 栗山監督が夢見る2年後の「3本柱」構想

その有原航平(早大=22)を見事獲得した日ハム。阪神、広島、DeNAの4球団の競合の末に当たりクジを引き当てた。 これで大谷、有原は揃ったものの、栗山監督の言う「田中」なんて投手は日ハムにはいない。それもそのはず、現在創価大2年生の田中正義のことだからだ。 有原はMAX156キロの大学ナンバーワン投手といわれているが、同じ右腕でも田中はそれ以上の逸材ともっぱら。スカ…

原監督の胸の内は…?/(C)日刊ゲンダイ

「即戦力投手」から「4番」へ 巨人ドラ1位指名“迷走”の舞台裏

巨人は早い段階から最速156キロの早大・有原航平投手(4年)を1位指名の最有力候補に挙げていた。ドラフト戦略は「何球団と競合しようが、その年の一番実力のある選手を指名する」という伝統がある。その1番人気の即戦力投手がひっくり返った。ある球団関係者は「(白石)オーナーら経営陣の意向のようだ」と明かした。 ■“鶴の一声”で方針転換 今季はチーム打率5位、総得点4位の貧…

人気はどこへやら/(C)日刊ゲンダイ

済美・安楽は“1本釣り”も 凋落招いた「いじめ発覚」の後遺症

この剛腕ぶりに当時のプロ野球関係者からは「来年(14年)のドラフトは12球団が1位で指名するのでは」という声も飛び交っていたが、1年経った今では有原航平(早大)や高橋光成(前橋育英)などに押されっぱなし。阪神、ヤクルトが狙っているとはいえ、「一本釣りされる可能性もある」という寂しい状況だ。 猫も杓子も安楽と言っていた各球団。ここにきて評価を落としたのは、故障歴のある…

None

今秋ドラフトは早大・有原一本かぶり…高校生は壊滅状態か

「中でも、『大学ナンバーワン投手』である有原航平(早大)に人気が集中している。すでに3~4球団の1位指名が確実視されていますが、11日から20日までオランダで国際試合を戦う日本代表に選ばれなくて正直、ホッとしている球団は多い。来年に世界大会のユニバーシアードが控えており、大学3年以下が優先的に選ばれたという話もあるものの、選ばれていたら、恐らくエースとして酷使され…

松田オーナー(右)もイケイケ/(C)日刊ゲンダイ

単独使命方針から一転…広島が「ドラフト戦略」大転換の狙い

夏の甲子園が終わってから、絞りこむ」と話したオーナーだが、この「冒険する」という選手は、「大学ナンバーワン投手」といわれる早大の有原航平(4年)のことだろう。 有原は、カープの地元・広島の広陵高から早大に進学。最速156キロの速球、縦スライダー、チェンジアップが武器の本格派右腕。4年春のリーグ戦で5勝0敗、防御率1.23をマークし、ここまで通算18勝を挙げている。巨…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事