日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「三宅裕司 舞台」に関する記事

東貴博さん(左)が目標とするのは三宅裕司さん

“天然妻”に悩んだ東貴博 相談した三宅裕司が放った一言とは

すでに芸歴は21年、師匠と仰ぐのは萩本欽一さん(74)だが、目標とするのはタレントの三宅裕司さん(64)だ。 三宅さんは僕が芸能界にデビューする前から憧れの方です。小倉久寛さんらと結成された「劇団スーパー・エキセントリック・シアター」の舞台は何度も見に行ってましたし、伊東四朗さんや小倉さんとコントをされてるのを拝見して、「凄いなぁ」「面白いなぁ」ってずっと思っていた…

None

藤原紀香 セクシードレスとハイヒールで歩む梨園の妻の道

三宅裕司の舞台会見では深いスリットの入ったセクシードレス、翌日にはゴディバのイベントにこれまた巨乳とボディーラインが目立つピンクのドレスで登壇。胸を潰して和服に草履姿の“梨園の妻”の時とは大違いである。 紀香は昨年、片岡愛之助(45)との結婚会見の際に「子供を産みたい」と発言してひんしゅくを買ったのは記憶に新しいところ。引退して夫を支えるどころかセクシードレスで表舞…

昇太は旅館のおかみ役

春風亭昇太に“笑点バブル”到来 公開舞台稽古に報道陣殺到

その空気を察した三宅裕司(65)は開口一番、「『笑点』の話はなしで」と手でバツ印。会場が笑いに包まれると、昇太は「みんなに黙っているのがツラかった。2月に言われていて、リーダー(渡辺正行)が(新司会は誰だと)しつこく聞いてくるから『僕かもしれませんよ』とヒントを与えていたのに、(渡辺は)『ない、ない~!』って言って全然信じてくれなかった」と当時を振り返った。 発表…

左から藤原紀香と東出昌大

ゲンダイ落語講座

入院中の竹内まりやに「湯屋番」を披露した山下達郎

コント赤信号のリーダーの渡辺正行、その同期にはメンバーで俳優の小宮孝泰がいて、先輩にはタレントの三宅裕司がいる。シンガー・ソングライターのさだまさしも落研在籍時のトーク力を生かし、コンサートで笑いを取っている。放送作家の高田文夫は落研界の名門“日芸の落研”出身。本業の一方で落語立川流の噺家として、新宿末広亭でトリを務めたこともあった。 テレビの企画などで落語に取り組…

年下妻にメロメロ…

32歳差婚のラサール石井 「家のローン80歳まで払わないと…」

10日、新橋演舞場6月公演「プリティウーマンの勝手にボディガード」の製作発表会が都内で行われ、座長・三宅裕司(63)のほか、小倉久寛(60)、渡辺正行(59)、ラサール石井(59)、東貴博(45)、大地真央(59)ら豪華出演陣が出席した。 舞台となるキャバレーの社長を演じるラサール石井は、2012年に32歳差の当時女子大生だった一般女性と結婚し、3年目になる。 「…

実は慶大卒の才女/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

ヌーブラヤッホーで脚光…元「モエヤン」池辺愛さんの解散後

ワタシは仕事を続けたいんで、こんなワタシを選んでもらえるなら、相手の方の条件にはこだわってません」 大阪・豊中生まれの池辺さんは、子供の頃から舞台に憧れ、慶応大学文学部哲学科3年のとき、三宅裕司の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」の研究生に。ミュージカル集団「東京メッツ」で活動後、同じくメンバーだった久保いろはさんと05年、モエヤンを結成。07~08年、「…

結婚できないんじゃないんです

先人・志ん朝は「落語に渇れている」と表現した

伊東四朗が退き、三宅裕司座長の熱海五郎一座になってからも昇太は毎年、公演に出演している。 当初は遠慮があって戸惑いも隠せなかったが、慣れてくると共演者との掛け合いが楽しくなってきた。それに、毎回有名女優がゲスト出演するのも楽しみだ。次回は共演した女優たちの話を伺う。 (聞き手・吉川潮)…

近年は演出家としても注目されるラサール石井

結婚できないんじゃないんです

ラサール石井を通じて数多くの役者と知り合った

いろんな劇団の役者さんと知り合えました」 伊東四朗が座長の喜劇公演に参加するようになったのも、ラサールを通じて三宅裕司と知り合ったからで、一座の旗揚げ2年目の2005年、サンシャイン劇場公演から加わった。伊東、三宅の他、小倉久寛、コント赤信号の渡辺正行、東貴博といった面々である。 「とっても勉強になりました。たとえば三宅さんは、セリフを一言だけ変えたり、言葉の順序を…

None

朝から高揚ミュージカル 「あさイチ」に登場の5人組は何者?

「タレント・三宅裕司が座長を務める劇団スーパー・エキセントリック・シアター(以下、SET)所属の俳優さんたちです。最もキャリアが長いのが杉野さんで、劇団主催の舞台はもちろん、NHKのEテレにはよく起用されています。妻役の丸山さんもキャリアは十分で、テレビでは『警視庁捜査一課9係』や『遺留捜査』(いずれもテレビ朝日系)などにゲスト出演していますね。SET出身ですから…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事