日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内田篤人 復帰」に関する記事

ザルツブルグFW南野(右)と握手する内田

ハリルJにも朗報 シャルケ内田が1年9カ月ぶり戦列復帰

右膝の大ケガで長期離脱中だったシャルケ(ドイツ)所属の日本代表DF内田篤人(28)が、日本時間9日午前5時キックオフの欧州リーグ(EL)のザルツブルク(オーストリア)戦に交代出場。1年9カ月ぶりの戦列復帰を果たした。 0―1で迎えた83分だった。投入された内田は攻守にキレのある動きを見せ、右タッチライン際をスピーディーに駆け上がるシーンもあった。 88分には、ザルツ…

イカルディとハイタッチする長友/(C)AP

復帰のインテル長友フル出場も…現地メディア評は“便利屋”

シャルケの内田篤人(26)が8日のブンデスリーガで左手甲を負傷、骨折の疑いがあるため、14日のホンジュラス戦、18日のオーストラリア戦に代表追加招集される可能性が残っている。 しかし日本代表のアギーレ監督が熱視線を送るのは、右SBなら内田、左SBはFC東京の太田宏介(27)だ。長友は来年1月のアジア杯までにインテルでライバルたちを超える信頼を勝ち取り、“便利屋”のポ…

ブラジルW杯の内田篤人 (C)JMPA/真野慎也

右SB内田復帰決定で露呈…アギーレ日本は深刻な「人材難」

ブラジルW杯後に「代表引退を考えている」と話したシャルケDF内田篤人(26)が、11月の日本代表2連戦(ホンジュラス戦=14日、オーストラリア戦=18日)に復帰することになったのだ。 「内田は2年前から右太もも裏と右膝の故障を繰り返したため、選手生命を考えてブンデスリーガ専念を決めたのです」(在欧サッカージャーナリスト) ■アジア杯はベテラン勢大挙召集か しかし、ア…

代表復帰はしたものの…/(C)日刊ゲンダイ

シャルケはホームで惨敗 今や内田篤人は欧州では“タダの人”

日本代表DF内田篤人(26)が、欧州CLチェルシー戦(日本時間26日午前4時45分開始)惨敗の“戦犯”となってしまった。 開始早々、内田が攻め上がってポッカリと空いた左サイドを狙われ、ドリブルで突破したチェルシーFWジエゴ・コスタが強烈シュート。これが左CKとなり、チェルシー主将DFテリーがヘディング一発。いきなりの失点に毒気を抜かれたシャルケの選手は浮足立ち、ウィ…

苦悩続く長友佑都 (C)JMPA/真野慎也

「ベンチ定着」と「セリエA出場停止」 長友を襲う2つの危機

右SBには代表復帰を果たした内田篤人(26)、アギーレ体制で3戦を経験済みの酒井高徳(23)がいる。いまや長友は代表でも、「左で出られないから右で」というわけにはいかないのだ。 「ガゼッタ・デロ・スポルト」などイタリア現地のメディアは現在、復帰間近の長友には一応歓迎ムード。しかしすぐに周囲をうならせるパフォーマンスをすぐ披露しないと、インテルでも日本代表でも「長友な…

痛みをこらえてプレーする内田/(C)AP

怪我癒えぬシャルケ内田 右膝テーピングでフル出場の理由

ブンデスリーガ1部シャルケ所属のDF内田篤人(26)が、日本時間22日早朝キックオフの欧州チャンピオンズリーグ(CL)、スポルティング(ポルトガル)戦に先発フル出場。4―3の勝利に貢献した。 試合の行方は二転三転した。先制されたシャルケは前半34分、オバシのヘディングシュートで追い付き、後半6、15分に追加点を挙げてリードを広げた。しかし、19分にMFシウバに追撃弾…

代表を引っ張るセレッソ組/(C)日刊ゲンダイ

長谷部が右ヒザ再手術…山口蛍が代表正ボランチでW杯へ

3月5日のニュージーランド戦(国立競技場)の日本代表メンバーが27日に発表され、MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)のドイツ故障組は、招集外となった。 古傷の右太もも肉離れを再発させた内田は、3月中の復帰を目指して現在リハビリ中だが、深刻なのが長谷部である。 1月14日の練習試合で右ヒザ半月板を痛め、全治4~6週間。17日に日本で手術を受け、2月中旬にドイツに…

近藤春菜に内田篤人も感謝

恋人や妻だけじゃない 身近な「あげまん」はこんなタイプ

ケガから復帰した独ブンデスリーガ・シャルケのDF内田篤人の陰にも、そんな女性がいた。その女性こそ、ハリセンボンの近藤春菜だ。 「春菜は内田の奥さんとも仲がよく、内田が昨年リハビリで日本にいる間は週5ペースで一緒に食事して、タレントならではの明るいトークで内田を笑わせていたそうです。内田はリハビリ中に『たくさん泣いた』とスポーツ誌に語っていますが、そんなつらい状況を笑…

None

離脱中のシャルケ内田がアシカに“餌づけ” ファンは心境複雑

ドイツ・ブンデスリーガ、シャルケ04のDF内田篤人(27)が現地時間12日、雄のアシカ「パリス」の“代父”となった。 といっても、これはシャルケのホームタウンであるゲルゼンキルヒェンにある動物園「ZOOM」との交流イベント。内田は同動物園が誇る欧州最大のアシカプールで、ファンと一緒に“我が子パリス”にエサを与えたのだ。動物園の係員に説明を受けながら、恐る恐るエサの小…

ひさびさの代表召集 (C)JMPA/真野慎也

シャルケ完敗の“戦犯”内田は日本代表の救世主にはなれない

ブラジルW杯メンバーのDF内田篤人(26)がプレーするシャルケが、欧州CLでポルトガルの強豪スポルティングと対戦(日本時間6日午前4時45分キックオフ)し、2─4の完敗を喫した。戦犯のひとりが、2失点に絡んでしまった内田である。 後半7分、相手左FWナニへの対応が遅れ、パスを受けたDFジェフェルソンが強烈シュートで勝ち越し点。同27分には右サイドからクロスを放り込ま…

調子の上がらない本田と香川 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

今夜NZ戦 注目はポスト長谷部、内田めぐる“覇権”争い

主将MF長谷部誠(30)とDF内田篤人(25)が故障で戦列を離れ、特に復帰まで2カ月かかる長谷部は「W杯本番でプレーできるか不透明」(サッカー専門誌記者)という状態。つまり、主軸組が外れたNZ戦は、控え組にとって主軸を追い落とす千載一遇のチャンスなのだ。 サッカージャーナリストの六川亨氏が「切羽詰まっていた昨年12月のオランダ戦(2―2)、ベルギー戦(3―2)の前と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事