日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮崎あおい 朝ドラ」に関する記事

宮崎あおい

V6岡田と同棲発覚 宮崎あおいに“逆風”乗り越えた芯の太さ

NHKの朝ドラ「あさが来た」などで活躍中の女優、宮崎あおい(30)がV6の岡田准一(35)との同棲生活を「フライデー」に報じられている。 出会いは08年公開の映画「陰日向に咲く」の夫婦役での共演。当時、岡田は蒼井優(30)と交際中で、宮崎は俳優の高岡奏輔(34)と結婚していて、仕事仲間とみられていたが、12年公開の映画「天地明察」で再共演し、その撮影中に親密になって…

25歳にして芸歴17年のベテラン

「あさが来た」出演の柳生みゆ “脇役ヒットの法則”なるか?

たしかに若い頃の風吹に似ていて可愛らしい表情ですが、おでこの感じを見ると、どちらかというと、あさの姉役の宮崎あおいに似ているかも……」(テレビ関係者) 柳生はすでに17年前、TBS系ドラマ「いのちの現場から」で子役としてデビューしていた。芸歴としては主役・あさを演じる波瑠(24、06年デビュー)よりも長いことになる。しばらくファッション雑誌「ピチレモン」のモデルを務…

事務所の先輩・後輩の間柄

「あさが来た」の演技に絶賛の声 12歳・守殿愛生の逸材ぶり

青年から成人期を演じる宮崎あおい(29)の子供時代なのだが、凛としたたたずまいとその透明感はテレビ画面からビシバシ伝わってくる。ネット上では「かわいい」「演技がうまい」などと絶賛する声が後を絶たないのだ。 現在中学1年生の守殿は小学1年から芸能界入りし、出身地の大阪や関西圏を中心に活動中。「サカイ引越センター」のCMの女の子であり、映画「利休にたずねよ」(13年公開…

酔うと電話魔に

「あさが来た」で鬼姑 萬田久子の“渾身イビリ”は私生活反映?

同ドラマで、ヒロイン・あさ(波瑠)の姉・はつ(宮崎あおい)の嫁ぎ先である大阪の老舗両替商、山王寺屋の女将・菊を演じる女優・萬田久子(57)だ。 嫁を疫病神呼ばわりし、真っ暗な蔵に閉じ込めてほくそ笑んだり、おめでたを打ち明けた嫁に「どこがめでたいんや」と罵ったり。商売が傾いたのも、破産して借金取りから逃げ回る生活になったのも、すべて嫁のせいにし、嫁イビリを繰り広げる。…

キムタク推しに力が入るジャニーズ事務所

芸能界クロスロード

ヒットへ執念 キムタク将来占う2作品の豪華すぎる共演者

映画に転じれば、今秋公開された渡辺謙主演の「怒り」では、宮崎あおいら演技派ぞろいの共演者が全員、主演のような内容で見応えがあった。 これまで「キムタクを演じているだけ」と言われてきた木村。今回、根底に見えてくるのは「脱・アイドル」。従来のファンだけでなく、幅広い客層の獲得を狙っていると思われるが、ドラマは、はやりの医療物。映画も復活の兆しのある時代劇。カッコいい医師…

宮崎あおいと同棲報道

芸能界クロスロード

岡田准一 “タブー破り”の同棲はアイドルでなく役者の証し

一方、“V6”の岡田准一(35)と宮崎あおい(30)は昨年のデートに続き、予想通り進展して今回は同棲現場。こちらは恋愛も終盤。「結婚」というゴールが見え始めているように思える。 昔、写真誌のキャッチコピーに「時代を切り撮る」という言葉があった。熱愛写真もその瞬間を切り撮っている。彼女を従え、「俺様」顔の歌手がいたり、「私の彼よ」とばかりにカメラ目線で得意顔の女優が…

昨年の紅白歌合戦(中央が松岡茉優)/(C)日刊ゲンダイ

おぎやはぎもタジタジ…「あま女優」松岡茉優のお笑いセンス

松岡さんの事務所に所属しているのは宮崎あおいさんや多部未華子さんなど正統派ばかり。事務所的には新しい試みかもしれません」(アイドル評論家の北川昌弘氏) 先日、最終回を迎えたNHKドラマ「銀二貫」も好評。ちなみに、松岡の目標は「女版・八嶋智人」。究極のコメディエンヌ誕生の予感だ。…

None

NHK大河「花燃ゆ」はないないづくし 識者は「八重の桜」の“二の舞”懸念

最終話を間近にして、いまだに人物像がよく見えてこない『八重の桜』の二の舞いになりかねない」 ■安倍政権の影響は? 朝ドラ&大河で主役を張るのは松嶋菜々子、宮崎あおいに次いで3人目。NHKへの圧力を強めている安倍首相の故郷・山口が舞台となるが、「全くの偶然」(土屋氏)。その言葉を信じたいが……。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事