日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中島裕之 成績」に関する記事

米国では失格の烙印を押された格好の中島/(C)日刊ゲンダイ

目の色変えて獲得名乗り 中島裕之に振り回されるプロ野球界

日本球界復帰が確実といわれていた前アスレチックスの中島裕之(32)が、「米球界残留」を口にしているという。近い関係者に「メジャー契約じゃなく、マイナー契約でもいい」と言っているそうで、契約内容にこだわらず、もう1年だけアメリカでのプレーを希望しているというのだ。 中島は12年に海外FA権を行使してアスレチックスと2年総額7億円という巨額契約を結んだものの、一度もメジ…

一塁の守備練習をする中島(中央)/(C)日刊ゲンダイ

2015 キャンプ探訪

オリ森脇監督に聞く「積極補強の真相」と中島裕之の「起用法」

松坂にかつての面影なし/(C)AP

メジャー帰りは弊害ばかり 積極補強に走る日本球界の“魂胆”

阪神は中島裕之(32=現アスレチックス)の獲得に興味を示し、オリックスも川崎宗則(33=ブルージェイズ)に触手を伸ばしているのだが、そもそも、これまでメジャーから帰ってきた選手で年俸に見合う働きをした選手はほとんどいない。阪神の西岡剛(30)、福留孝介(37)がいい例で、井川慶(35=オリックス)、岩村明憲(35=ヤクルト)、川上憲伸(39=中日)もファンや周囲の期…

「打てない、守れない」と周囲から厳しい声

ナイン視線冷たく…オリ中島は20日ぶり復帰も“針のむしろ”

右太もも裏肉離れで戦線離脱中のオリックス・中島裕之(32)が約20日ぶりに復帰する。 先月19日の西武戦での走塁中に違和感を覚えて途中交代。ファームでのリハビリを経て、6日の二軍戦で実戦復帰したこともあって、きょう8日から始まる日本ハムとの3連戦から一軍に合流するという。 現在、オリックスは4連敗中で借金「11」。チームの主力野手は7日に左太もも裏を痛め登録抹消され…

中島が加入/(C)日刊ゲンダイ

オリ宮内オーナーの野球熱再燃 ナインは街を歩けなくなる

入団が決定した中島裕之(32)の年俸は3年総額14億円強。阪神との争奪戦を制したオリックスは今オフ、目玉の中島をはじめ、FAで前日本ハムの小谷野を獲得。前DeNAのブランコ、前広島のバリントンとの契約合意も間近だ。国内FA権を行使した金子の残留も秒読みといわれ、総額で20億円超の大補強である。 今季は142試合目にソフトバンクとの最終決戦で涙をのんだものの、前年5…

今は2Aにいる中島/(C)日刊ゲンダイ

坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

米マイナーリーグに所属する複数の中南米出身の格安選手をリストアップする一方で中島裕之(31)の調査も行った。西武の主砲として11年間で打率・302、162本塁打、738打点の実績を誇る、あの中島である。 12年オフに海外FA権を行使してアスレチックスに入団。総額650万ドル(約6億5000万円)の2年契約プラス出来高という好条件を手にしたが、しかし、1年目の昨季は左…

None

競争熾烈! 日本人マイナー選手「生き残る選手」の名前

ナックルの使い手であるエースのディッキーも、2ケタ勝ったのはメジャー8年目でしたから」 ■和田毅はメジャーのローテ入りの期待も レンジャーズの田中賢介(32)、ブルージェイズの川崎宗則(32)、アスレチックスの中島裕之(31)は、昇格のチャンスこそあってもあくまでも「控え」としてだ。 「レンジャーズは小技を使える野手が少ないだけに、田中が自分の役割を理解すれば5人目…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事