日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大坂なおみ特集

得意のパワーサーブも打てず

初優勝逃した大坂なおみ 元世界女王相手に“何もかも完敗”

女子テニスの「東レ・パンパシフィック・オープン」のシングルス決勝で、18歳の大坂なおみ(世界ランク66位)は元世界1位のキャロライン・ウォズニアッキ(26・同28位=デンマーク)に5-7、3-6のストレートで敗れた。 大坂はハイチ出身の父と日本人の母を持つハーフ。大阪で生まれ、4歳で米国に移住。会見で話す日本語はたどたどしい。身長180センチ・体重69キロの日本人離…

None

女子テニス大坂なおみも 五輪メダル数決める“ハーフの力”

テニスの全豪オープン・女子シングルス3回戦で23日、元世界ランク1位で第14シードのビクトリア・アザレンカ(26・ベラルーシ=同16位)と対戦した18歳の大坂なおみ(世界ランク127位)。 結果は1-6、1-6で敗れ、16強進出こそならなかったが、2回戦では第18シードのエリナ・スビトリナ(21・ウクライナ=同21位)に2-0で快勝。格上相手をパワーで圧倒した。 1…

MCを務める古田敦也(左)と松岡修造

古田&松岡対談も WOWOW「テニス全仏オープン」特別番組

これに先立ち、4月15日(土)午後0時30分から、特別番組「WOWOWテニスデー APRIL ~錦織圭・大坂なおみ いざ勝負の全仏へ! 語り尽くせ5時間SP~」がWOWOWライブで生放送される。番組MCを務めるのは元東京ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏だ。イチオシ企画は、古田氏と松岡修造氏によるスペシャル対談。その収録が先日、都内のスタジオで行われた。 松岡氏が…

成長著しい大坂なおみ

スポーツ時々放談

テニス新星・大坂なおみに心配な日本人離れしていない性格

そして、女子では東京の東レPPOに推薦出場した18歳の大坂なおみが準優勝、雨に泣かされた大会に有終の美をもたらした。 大坂なおみはハイチ系米国人の父親、日本人の母親の間に、大阪で生まれ、3歳で渡米。父親のコーチで姉とテニスを始め、3年ほど前から知られた存在だった。とはいえ、最初は名前から想像できない黒人選手が登場するビックリが主だったと、本人も認める。 日本人離れの…

ツアーを優先した錦織

スポーツ時々放談

裏に協会の閉鎖的人事 錦織はデ杯に戻りたくても戻れない

錦織だけでなく西岡、ダニエル、伊藤、サンティラン晶、女子でも大坂なおみなど、代表の主力の拠点はすべて海外。ツアーに人脈のないスタッフで固めてもチームとしての一体感は望めず、すなわち錦織はデ杯に戻りたくても戻れない。このままでは、プレーオフ参加も望み薄だ。 ■「錦織は北京に来るのか?」 レキップ記者が挙げた“四銃士”は1927年からフランスにデ杯6連覇をもたらした選…

松友(前)はウィルソンのラケットを使用

バド松友も生涯契約 アスリート争奪戦激化の先の落とし穴

先月25日には女子テニスの大坂なおみ(19)が錦織と同じ日清食品と複数年の所属契約を発表した。松山はすでに世界のトッププロ。大坂も近い将来、4大大会制覇が有力視されているが、同時にこの2人は東京五輪のメダル候補でもある。 東京五輪は、海外で開催されるオリンピックとは注目度が違う。出場に向けての選考会で着用するユニホームには企業のロゴが刻まれ、出場が決まればCMや広告…

リターンも冴えた

マリー撃破で錦織が全米4強 勝因は驚異の“メンタル制御”

このゲームをブレークされた時、女子シングルスの3回戦で敗退した大坂なおみの試合を思い出した。大坂はボレーミスを機に勝てるゲームを落とした。錦織もズルズル行くかと思ったが、そこは昨年世界ランク4位まで上がった選手です。これまで何度も悔しい思いをしてきた経験が生き、精神面をコントロールできていた」 つづく第9ゲームはキープされるが、その後の3ゲームを連取して金星を挙げた…

バットはさっぱりだが

単打2本で1得点 “韋駄天”オコエが楽天の攻撃を変えた

陸上短距離のケンブリッジ飛鳥やサニブラウン、女子テニスの大坂なおみら、今のスポーツ界はハーフの選手が旬だ。 「50メートル5秒9で走るオコエの父もナイジェリア人。ダイヤモンドを走らせたら、おそらく100メートルの桐生(祥秀)より速いんじゃないか」という球団OBの声も、あながち笑い飛ばせるものではない。 オコエは常に何かやってくれそうなワクワク感を抱かせる選手だ。9…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事