日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

有明アリーナの関連ニュース

4者協議を終えた森会長と小池知事はどんな会話を?

東京五輪バレーボール会場 有明アリーナ“先送り”の裏事情

29日、東京五輪の開催費削減などを協議する国際オリンピック委員会、東京都、大会組織委員会、政府の4者トップ会談で、見直しが検討されていた3競技の会場のうち、バレーボール会場の有明アリーナのみが棚上げされた。「(有明アリーナの)404億円は類似の建物に比べて高い。建築の関係から見直す」というのが小池知事の説明だったが、その舞台裏を明かしたのが情報番組に出演した日本バ…

日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザーの川淵三郎氏

注目の人 直撃インタビュー

川淵三郎氏が力説 「有明アリーナは黒字経営確実」の根拠

■都政改革本部は有明アリーナの成長性も意義も考えていない ――先月、川淵さんは東京オリンピックのための施設、有明アリーナの建設を継続するよう、提言しましたね。 先日、サッカー、ラグビー、バスケットなど13の競技団体が加入する日本トップリーグ連携機構の会長として、多くの競技団体の総意をもとに記者会見を開きました。小池都知事のブレーン、都政改革本部の人たちは有明アリー…

どこまで切り込めるか

膨張する五輪予算も大ナタ “小池五輪”に組織委は戦々恐々

調査チームが問題にしているのは、都が整備する五輪8施設のうち、水泳会場の「アクアティクスセンター」(江東区・整備費約683億円)、カヌー・ボート会場の「海の森水上競技場」(東京湾中央防波堤・同約491億円)、バレーボール会場の「有明アリーナ」(江東区・同約404億円)の3施設。 アクアティクスセンターは観客席の縮小または近くにある「東京辰巳国際水泳場」を改修して対…

リオ五輪で銀メダルを獲得

スポーツ難癖口上

ひねくれオヤジが選ぶ 2016年スポーツ界「ベスト5」発表

《第2位》東京五輪バレーボール会場が有明アリーナに決定 大山鳴動して結局おっ建てるハコモノ。バレーボール選手ども、特に男子! おめえたちゃ有明アリーナ造っても本番じゃ出場権もらえんかもしれんのだぞ。のっぽのイケメン揃いかも知らんが、「アスリートファースト」と言うならせめて強えチームつくれやバレーボール協会! なに、開催国特権で出場できると思います? バレーボール2…

どちらが上手か?

まずは“七人の侍”分断 都議自民「小池新党」切り崩し工作

16日、小池都知事は2020年東京五輪のバレーボール会場について、「横浜アリーナ」の活用を断念し、「有明アリーナ」を新設する方針を表明した。小池知事が見直そうとした3会場全て当初の計画通りとなり、「全敗」を指摘する声も上がっている。 この機に乗じて“ドン”こと内田茂都議(77)が率いる都議会自民党が小池知事に一泡吹かせようと動き始めた。まずは都連の方針に反したとして…

劣勢の小池知事が繰り出す“次の一手”とは?

森会長を無力化へ 小池知事が仕掛ける「組織大再編」秘策

残すはバレーボール会場として「有明アリーナ」を新設するか、「横浜アリーナ」に変更するか。マスコミに「3戦0勝」「全敗」などと報じられている小池知事は、イラ立ちを強めている。 都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏は言う。 「東京五輪の運営経費は組織委任せにしていたことで、3兆円超といわれるまで費用が膨張してしまった。スポンサー収入で埋められない穴を最終的に補填するの…

IOCコーツ副会長(右)がカギを握る

IOCを“錦の御旗”に…小池都知事が狙う「森退治」の勝算

小池知事は、4者協議ではバレー会場の移転に活路を見いだそうとして、「有明アリーナか横浜アリーナか、クリスマスまでに結論を出したい」と訴えた。これに対し、森氏は「僕の知り得る情報では横浜は迷惑していると聞いている」と語気を強め、「ある日突然、知らない人から『あなたをお嫁さんに決めた』と言われたら、うれしいですか?」と例えてみせた。 森氏が小池知事に敵意をむき出しにする…

森会長(右)は感情ムキ出し

小池知事に感情ムキ出し 森会長「五輪4者会合」での醜態

一方、バレーボール会場は「有明アリーナ」を新設するか、既存施設の「横浜アリーナ」を活用するかについて、クリスマスの時期まで結論を先送りすることになった。 当初は一部非公開の予定だったが、小池百合子都知事(64)の意向で急きょ、完全公開となった会合。詰め掛けた大勢の報道陣に“醜態”をさらしたのが、組織委会長の森喜朗元首相(79)だ。 都が検討している「横浜アリーナ」案…

会場予定地を視察する小池都知事

五輪3会場当初案で決着へ 都民“負のレガシー”に年2億円

バレーボール会場、水泳会場についても当初の計画の「有明アリーナ」と「五輪水泳センター」をコスト削減した上で新設する。 宮城県や埼玉県、横浜市、IOCまで巻き込んだ大騒動も“小幅修正”で決着だが、問題はそれでは終わらない。 都は今月、「海の森」の五輪後の維持管理費などの試算を公表したが、24日の東京新聞によると、「海の森」の維持費は年間3億円。このうち都が2億円を負担…

森喜朗氏とIOCバッハ会長にしてやられた

東京五輪4者協議は小池知事の「完敗」 会場ほぼ原案通りに

バレーボールも新設の『有明アリーナ』に。小池さんがわざわざ宮城まで視察に出かけたボートとカヌーの会場も、7月から着工している東京湾岸の『海の森水上競技場』に決まるとみられています。あとは減築などでどれだけコストカットできるかですが、小池サイドはすっかり相手の術中にはまっている。孤立無援のまま“3者”に押し切られる可能性が高い。すでに“勝負あった”感じです。今頃、森さ…

五輪施設の視察をする小池都知事

五輪3施設で390億円削減 それでも整備費「1000億円」超え

見直しの対象は 水泳会場「アクアティクスセンター」(江東区=当初整備費683億円)、バレーボール会場「有明アリーナ」(同404億円)、ボート・カヌー会場「海の森水上競技場」(東京湾臨海部=491億円)。都はコストダウンを検討した結果、アクアで最大170億円、有明で約30億円、海の森で約190億円が抑えられ、最大で計390億円削減を見込む。 削減幅は24%に上るが、…

「施設見直し」で対立が続く知事と会長

五輪施設見直し 森喜朗会長の「IOC受けつけない」はウソ

水泳会場の「アクアティクスセンター」は321億円から683億円、バレーボールの「有明アリーナ」は177億円から404億円に増大。3施設で招致時の2・8倍に膨張した。 そこで建設を中止し、都外への代替施設を探し始めるも、これに東京五輪組織委員会の森喜朗会長(79)が猛反発。「施設建設はIF(国際競技連盟)とNF(国内競技団体)の了解がない限り、IOC(国際オリンピック…

“五輪のドン”森会長は必死に抵抗

五輪3施設を狙い撃ち 小池知事が切り込む“森・内田”利権

そこで目を付けられたのが「海の森水上競技場」「有明アリーナ」「アクアティクスセンター」の3施設。いずれの事業も森会長と内田氏、ダブルドンとのつながりが指摘されている。 「『海の森』を落札したのは大成建設が中心のJV(共同企業体)なのですが、大成は森会長の会報誌にたびたび広告を出稿するなど、非常に距離が近いのです」(都庁関係者) 大成はザハ案時代から新国立競技場の施工…

五輪関連施設の視察をする小池百合子知事

コンパクト五輪どこへ…費用3兆円に膨張、1都7道県に拡大

ボートやカヌー・スプリントを行う「海の森水上競技場」(約491億円)、水泳会場の「アクアティクスセンター」(約683億円)、バレーボールの「有明アリーナ」(約404億円)の3施設で、費用が招致時の2.8倍に膨張。そこで建設中止に踏み込み、都外の代替施設利用案を打ち出しているのだが、会場変更にはIOC(国際オリンピック委員会)の承認が必要になる。混乱必至だ。 建設中…

五輪施設を視察する小池都知事

巻頭特集

豊洲延期だけでいいのか “利権の巣窟”東京五輪も中止が筋

ドン内田が役員を務める会社も、バレーボール会場の「有明アリーナ」や水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」など、複数の施設工事を受注している。 「石原都知事の時代から、五輪利権を漁ってきたのが自民党です。血税がゼネコンや利権政治家に流れる構図が出来上がっている。たとえ後でウソがバレて非難されても、懐に巨額のカネが転がり込んでくればそれでいいと考えているから、平気…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事