日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

草月ホールの関連ニュース

デビュー35年を迎え今年が節目のとき

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

「視聴率に振り回されるのはすごく愚かなこと」

6月は舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(4~26日、PARCO劇場)、7月はリーディング劇「ふたりものがたり~檀」(19~24日は東京・草月ホール、27日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場、30日・31日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)に出演。…

中井貴一

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

これで十分と思ってしまったら役者を辞めていい

6月は舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(4~26日、PARCO劇場)、7月はリーディング劇「ふたりものがたり~檀」(19~24日は東京・草月ホール、27日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場、30日・31日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)に出演。…

7月の舞台「ふたりものがたり~檀」で宮本信子と共演

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

それぞれの役に魂が入ると面白くなる「やり台本」

6月は舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(4~26日、PARCO劇場)、7月はリーディング劇「ふたりものがたり~檀」(19~24日は東京・草月ホール、27日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場、30日・31日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)に出演。…

落語と芝居のギャップと格闘

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

「これほど手応えを感じない舞台はない」と不安に

6月は舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(4~26日、PARCO劇場)、7月はリーディング劇「ふたりものがたり~檀」(19~24日は東京・草月ホール、27日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場、30日・31日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)に出演。…

セリフ回しの手本は小津安二郎の作品

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

小津作品によくある“あの空気感”を目指しています

6月は舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(4~26日、PARCO劇場)、7月はリーディング劇「ふたりものがたり~檀」(19~24日は東京・草月ホール、27日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場、30日・31日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)に出演。…

小林桂樹

デビュー35周年 中井貴一大いに語る

俳優の王道は世の大多数を演じられる男になること

6月は舞台「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」(4~26日、PARCO劇場)、7月はリーディング劇「ふたりものがたり~檀」(19~24日は東京・草月ホール、27日はりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場、30日・31日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)に出演。…

舞台「檀」で共演する中井貴一と宮本信子

舞台演出に新たな可能性を

初監督作品で勇気くれた 中井貴一の人の心に触れる人間力

7月19日から草月ホールで始まるリーディング劇「檀」の沢木耕太郎さんの役を、中井貴一さんにお願いしました。沢木さんの知性と人間力、スマートで穏やかな語り口を無理なく演じていただける方はそうそういない。しかし「あ、中井貴一さん」と思いつきました。 ■初監督作品では無言の演技 中井さんには、初監督した映画「落下する夕方」(98年)にヒロイン原田知世さんの人生に影を落とす…

作家・沢木耕太郎氏

舞台演出に新たな可能性を

伝説の人 作家・沢木耕太郎氏は胸襟を開かせる達人だった

7月19日から草月ホールではじまる、中井貴一さん、宮本信子さん出演の「檀」は、沢木耕太郎さんの原作です。沢木さんとは、2014年の春、ドキュメンタリー企画の了解を得るために初めて連絡をとりました。 沢木さんといえば、「テロルの決算」「一瞬の夏」、そして「深夜特急」などノンフィクション作家として次々ヒットを飛ばし、私たち世代にとってはスーパーヒーロー。 しかも、就職し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事