日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

豪雪地帯の関連ニュース

ヒントは写真の中に…

雑談に必須 知っておくべき新年度「流行語&注目人物」

豪雪地帯のため4駆SUVが人気で、昨年は一時、納車3カ月待ちだったとか。 (10)ホセ・ムヒカ(80)。5日に来日した元ウルグアイ大統領。給料の9割を貧しい人々のために寄付し、清貧な暮らしぶりから「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれた。 (11)自分で買った本をスキャナーなどでデジタルデータに変換すること。電子化のときに“自ら吸い込む”様子からつけられた。自炊本を作る…

文庫あらかると

「影の権力者 内閣官房長官菅義偉」松田賢弥著

秋田県の豪雪地帯の村で生まれ育った氏は、高校卒業後に上京。さまざまな仕事を転々とする中、このまま一生終わるのは嫌だと、一念発起して大学に進む。在学中もバイトと部活動に明け暮れるが、社会を動かしているのは政治ではないかと思うようになり、政治家の秘書となる。政治とは無縁の環境に育ちながら、市議から衆議院議員へと、短時間で権力の中枢に上り詰めた。 一度は政権を放り投げた…

通勤難民に…/(C)日刊ゲンダイ

名古屋の20センチ上回る…東京のドカ雪 春までに10回

蛇行した部分に吹き込んだシベリアの寒気に、北海道から九州まで広く覆われるため、日本海側の豪雪地帯だけでなく、太平洋側でも雪が降りやすいのです」 名古屋の大雪が、東京での被害を暗示しているのは、こんな理屈。偏西風の蛇行は月に2、3回起こるが、そうでないときも油断禁物だという。 「エルニーニョでも、モドキでも、太平洋の海水温が高いので、湿った空気が日本に南から入り込んで…

写真はイメージ

プロはこう見る 経済ニュースの核心

休眠預金活用 NPOを隠れみのに年間300億円狙う“怪しい輩”

豪雪地帯での高齢世帯の雪下ろしへの助成や、家族と食事を共にすることができない子供向けの食堂の運営費用などに充てられる」(立法化に関与した与党議員)という。 これまでは10年経てば預金者の権利が消滅したものとみなし、金融機関の利益として計上されるだけだった休眠預金が社会的な弱者などに還元されるわけで、まことに意義深い法律といえる。 しかし、金融機関から聞こえてくるの…

童話の世界へ(「夕鶴の里」=南陽市)・ポカポカの雪見露天(赤湯温泉=南陽市)

全国走破 平成の街道をゆく

みちのくおとぎ街道 “童話の里”巡りの後は温泉でほっこり

なお、同街道は蔵王山のふもとの豪雪地帯にある。冬は当然、雪が積もるが、道路封鎖はないのでご安心を。しっかりと装備を整え、雪道ドライブを楽しもう。 (ナビゲーター・しばゆうたろう)…

あまりシャレた食事を知らなかった…

元秘書が語る 素顔の田中角栄

何か食べるとなると天ぷら、すきやき、中華だった

高柳町は日本一の豪雪地帯で、現在はオヤジさんの実家がある西山町と共に柏崎市に合併・編入されている。その疎開先の新潟の家は普段は農家なのだが、村で一軒しかない料亭というか、村の寄り合いがあると、襖を抜いて30人ぐらい入れる「ソバヤ」という屋号の料理屋を営んでいた。だから近所の人は今でも僕を「ソバヤの孫」と呼ぶ。そういうこともあって、味には多少の自信がある。 一方、オヤ…

雪下人参ジュース

真似したい伝承療法

新潟県の雪下人参ジュース

全国的に豪雪地帯として知られる新潟県十日町。厳しい環境だが、雪の恩恵もある。それが「雪下人参ジュース」だ。 雪下人参とは、秋に収穫できる人参を、あえて雪の下で越冬させて春に収穫したもの。これを搾汁した雪下人参ジュースは、十日町や同じ多雪地帯の津南町の名産品となっている。都内のアンテナショップで購入し、大ファンとなった会社員の中村伸一さんはこう話す。 「ドロッとしてい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事