日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「黒木瞳 結婚」に関する記事

充実ぶりが光る黒木瞳

仕事の裏で夫婦関係は 黒木瞳の意外なプライベートと評判

黒木瞳(55)の初監督作品「嫌な女」(松竹、6月25日公開)が早くも評判になっている。 「関係者向け試写の評判は上々。正直、女優さんの余技だと思って期待してませんでしたがデキは素晴らしい。これが初監督作とは思えないほど」(映画関係者) 「嫌な女」は桂望実の同名ベストセラー小説に惚れ込んだ黒木の熱望で映画化が決定。人と打ち解けられず友達もいない生真面目な弁護士・石田徹…

宝塚の黄金期を支えた

あの人は今こうしている

元宝塚トップスター古城都が心血注ぐ舞台専門「芸術塾」

おまけに大先輩の八千草薫さん、有馬稲子さん、眞帆志ぶきさん、朝丘雪路さん、同期の甲にしき、後輩では鳳蘭、大地真央、安寿ミラ、黒木瞳、涼風真世、真矢みき、春野寿美礼など歴代トップと共演できるなんて、お話をいただくまで想像もできませんでした」 ■浜松市内で開校 さて、目下、最も力を入れているのが「芸術塾」だ。浜松市内に約40畳と30畳の2つのスタジオを持つ一戸建てを借り…

またまた金持ちをゲットか

資産2000億円の会社社長と熱愛 紗栄子の「魔性」を多角分析

同じ星の有名人には黒木瞳、真木よう子、高岡早紀らがいる。 ▽紗栄子のプロフィール 【生年月日】1986年11月16日 【出身】宮崎県宮崎市 【学歴】堀越高校卒、早大人間科学部通信教育課程3年時中退 【職歴】モデル、女優(活動期間2001年~) 【結婚歴】バツイチ(07年11月~12年1月離婚成立)、2児の母 【身長】157センチ【血液型】O型…

可憐な娘役が似合った

あの人は今こうしている

元宝塚娘役の内田もも香さん 故郷富山で女優とカフェ両立中

はいだしょうこ、檀れい、純名里沙、黒木瞳に共通するのは宝塚の娘役出身の女優であること。今回登場の内田もも香さん(30)もかれんな娘役がピッタリだった。退団後は時代劇やサスペンスを中心にテレビドラマで活躍。「水戸黄門」シリーズのかわいい町娘を覚えている読者も多いだろう。今どうしているのか――。 ■祖父が経営する写真館にカフェ併設 「いらっしゃいませ。東京からですか? …

「フォーエバーマーク賞」を最年少で受賞/(C)日刊ゲンダイ

有村架純が語る理想のプロポーズは「夜景の見えるところ」

同賞はこれまで黒木メイサ(26)、小雪(37)、松嶋菜々子(40)、黒木瞳(53)が受賞してきたが、有村が最年少受賞記録を更新した。300万円相当の1・3カラットのダイヤがあしらわれた特注ネックレスを贈られた有村は、「光栄です。身が引き締まる思い」と緊張の面持ちだったが、理想のプロポーズについて聞かれると「記念になるので、ベタですけど夜景が見えるところがいい。(婚…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事