日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「草刈正雄 演技」に関する記事

None

この人物のオモテとウラ

秋吉久美子 元祖プッツン女優から「演技派」までの波瀾万丈

草刈正雄や矢沢永吉らと浮名を流したあと、24歳だった79年にフォークグループ「青い三角定規」の元メンバー・岩久茂と結婚。芸能界初の“できちゃった結婚”だった。 結婚後も藤井フミヤやホストらとの交際が騒がれ、89年に離婚。直後に、5歳年下の空間プロデューサー・山本コテツ氏と息子も一緒に同棲するも破局した。99年に17歳年下のアイルランド人の英語教師・ポール氏が住む沖縄…

自宅でのあだ名は「真田さん」

長男の死を乗り越え…草刈正雄がたどりついた“軽みの境地”

俳優の草刈正雄(63)が1日、次女で末っ子の女優・草刈麻有(22)とともに「鑑賞マニュアル 美の壺」(金曜19時半~、NHK・BSプレミアム)のロケ取材会に出席。4月1日放送回で若かりし頃の恋人同士という設定で共演したことについて、「驚きましたねぇ。嫌ですねぇ。なんてコンテを作ってくれるのか」と苦笑い。一方の麻有は、「家ではだらだらしているパパしか見てないので新鮮…

民放ドラマは3年ぶり

「IQ246」好発進 演技豹変の織田裕二に何が起こったのか

それに沙羅駆の声が『真田丸』でブレークした草刈正雄そっくりで、言うなれば“一粒で二度笑える”。そこまでやらなければならないほど追い込まれているという見方もできる……」 もっとも、本人は大マジメで、思い入れは相当なものだ。 「パクリだ、大根だとバッシングされるのも想定内。役者はヒット作に出ないとダメ。プライドだけでは食えないと、やっと分かったようです」(ドラマ関係者)…

「真田丸」での演技が評判の草刈正雄

“最強の手相”の持ち主 草刈正雄のダービー本命はマカヒキ

俳優の草刈正雄(63)が23日、新宿高島屋に期間限定でオープンした競馬のテーマパーク「THE DERBY CASTLE」の開城式に出席した。 この日は「手相テクノロジー」で競走馬を生成できるアトラクションにちなんで公開手相診断が行われ、草刈は努力家で向上心があり、人格が深く、成功する“最強の手相”の持ち主であることが判明。NHK大河「真田丸」の演技が評判だが、「僕の…

バラエティーにもせっせと出演

共演者も恐れる“怪女優” 高畑淳子は1年先まで仕事びっしり

高畑は真田昌幸(草刈正雄)の妻・薫の役で、信幸(大泉洋)と信繁(堺雅人)の親としてわがまま全開。これには長澤まさみも黒木華もタジタジだ。 そこで所属する劇団青年座にはドラマや映画のプロデューサー陣から連日、出演オファーが舞い込んでいるという。 「日テレ、フジ、テレ朝、TBS、それこそどこも示し合わせてオファーしているんじゃないかというくらいかぶる。すでに1年先までス…

草刈正雄

男たちの挫折 栄光までの戦い

草刈正雄 資生堂「MG5」から真田昌幸までの軌跡

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事