日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

網走刑務所の関連ニュース

BOOKレビュー

「国道者」佐藤健太郎著

そのとき、釧路にあった監獄の分所として造られたのがかの網走刑務所のルーツだという。実は国道には、道幅や交通量についての決まりごとは何もない。かつて福島県西郷村にあった登山道国道(289号)や、その距離わずか187・1メートルという神戸の最短国道(174号)など。全国32万キロを走破して見つけた面白国道とその来歴を紹介する。(新潮社 1300円+税)…

ピュアな性格が災いしているのか…

刑務所慰問のATSUSHIに心配の声「Toshlみたいにならないで」

北海道の網走刑務所を訪れた際は、自ら作詞したという「HIKARI」を熱唱し、「何か一歩間違っていたら向こう側(少年院)にいたかもしれない…」と声を震わせてコメントしたATSUSHI。 今後も、何事もないことを祈るばかりだ。…

熱弁をふるうゴルゴ松本

ゴルゴ松本、ATSUSHIも…刑務所“慰問タレント”急増の背景

「EXILE」ATSUSHI(34)は来月17日に北海道・網走刑務所を慰問することが決まっている。 このメンバーは55年間、矯正施設への慰問を続ける杉良太郎(70)の呼びかけで集結し、任期は2年。しかし、これらは全てノーギャラ。志はまことに結構だが、はたしてタレント側にメリットはあるのか。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。 「自らの“存在意義”をボランティアで確…

None

流されゆく日々

連載9814回 網走は今日も雪だった

上流のほうへ中央橋、新橋、鏡橋とたどっていけば、網走刑務所があるはずだ。 部屋の机の上には、博物館『網走監獄』の立派なパンフレットが置かれていた。 (この項つづく) ――協力・文芸企画…

/(C)AP

高倉健インタビュー秘録

高倉健に少しも臆していない菅原文太の芝居

網走刑務所から脱獄した7人のうち、生き残った高倉健が菅原文太の力を借りて復讐を果たすというストーリー。話の展開はスピーディーだし、出てくる俳優陣は加藤嘉、室田日出男、郷鍈治、三井弘次、山本麟一、小池朝雄など芸達者がそろっている。それなりに楽しめる映画ではあるが、いま見ると、どうしても「昔の映画だなあ」と感じてしまうのだ。 1972年に公開されたアメリカ映画「ゴッドフ…

山田洋次監督と武田鉄矢/(C)日刊ゲンダイ

高倉健インタビュー秘録

絶食して撮った冒頭のラーメン、カツ丼シーンの迫力

物語は網走刑務所を出所したばかりの炭鉱夫(高倉健)が、妻(倍賞千恵子)が待っている夕張へ戻る旅路を描いたものだ。 高倉健扮する主人公は酒を飲んだうえのケンカで人を死なせたことがある。そのため、刑務所で服役していたのだが、所内から妻に向けて、次のような内容の手紙を送っていた。 「もし、いまでもオレのことを待っているのならば、物干しに黄色いハンカチを結び付けておいてく…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事