日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

木村隆志に関する記事

出版HOT NEWS

結婚を望むなら不利を認めて目線を下げよ

木村隆志著「独身40男の歩き方」(CCCメディアハウス 1500円+税)では、何となく独身のまま40歳を迎え、将来に少しだけ不安を感じている男たちに、望むべき人生を手に入れるための心構えやノウハウを伝授している。 40代独身男の多くは、「女の40代はキツイけど、男の40代はまだ結婚できる」と上から目線で見ている節がある。しかし、この考えからまず改めるべきだ。何しろ…

有村架純は奮闘したが…

「いつ恋」月9最低で加速 ドラマは夜10時台が“主戦場”に

テレビ・ドラマ解説者の木村隆志氏が言う。 「確かに社会派ドラマの面もありましたが、月9に必要な恋愛の要素も詰まっていて、決してつまらないドラマではありませんでした。実際、若者のツイッターの書き込みでは月曜日の夜11時ぐらいになると、『いつ恋』一色になるといわれていた。つまり、録画で見ていて、直後にツイッターに載せるということ。もちろん演者の責任ではありませんし、脚本…

他局のモノマネばかりでは…(左から宮根誠司、内村光良)

フジ最下位の要因は テレビ解説者が“負のスパイラル”指摘

実は「東洋経済オンライン」の最新版で、テレビ解説者の木村隆志氏がこんなことを書いていた。 「私が最も気になっているのはキャスティング先行のドラマ作り。(これだと)スタートこそ話題性抜群だが、すぐに“出落ち”しやすい」「(他局で)近年最大のヒット『半沢直樹』(TBS系)、『あまちゃん』(NHK)も、今年の『天皇の料理番』『下町ロケット』(TBS系)も、あくまでテーマあ…

写真はイメージ

トランプの価値観に支配される生活

トランプは再々婚…生涯未婚率増加で日本が不倫天国に?

米国大統領選の時の隠れトランプではありませんが、日本にも隠れ不倫が多いのです」(コラムニスト・木村隆志氏) トランプではないが、成功者には女性も近寄ってくる。木村氏が不倫の要因として懸念するのは、日本の生涯未婚率の増加だ(2015年国勢調査)。 30歳から49歳までの女性に限っても、未婚者は総計363万人。死別や離別でシングルの女性まで含めれば、490万人に膨れ上が…

“ゲゲゲ”をきっかけに本格ブレーク

松下&向井だけじゃない…あの吹石一恵も“ゲゲゲ”が転機に

同年の『紅白』で紅組司会を務めたほか、『CONTROL』(フジテレビ)、『熱中時代』(日本テレビ)、『二十四の瞳』(テレビ朝日)、『花の鎖』(フジ)などで主役を演じ、一気に売れっ子女優となったのです」(テレビ解説者の木村隆志氏) 「ゲゲゲ」で松下の夫・つまり水木さん役を演じた向井理(33)も状況はまったく同じだ。こちらは「ゲゲゲ」まで4年のキャリアだが、目立ったドラ…

「科捜研の女」は第15シーズンに突入

長寿番組「科捜研の女」支える沢口靖子は“女が惚れるオンナ”

中高年層からの圧倒的な支持を獲得する理由を、テレビドラマ・コラムニストの木村隆志氏が次のように語る。 「脚本や演出の安定感もありますが、最たるものはヒロイン・マリコの魅力。信念を持って事件解決に突き進む姿は、文句なしに『女がホレるカッコイイ女』そのもの。さらに沢口さんの凛々しさは、内藤剛志さん、風間トオルさん、金田明夫さん、斉藤暁さんら男性俳優陣の間で際立っています…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事