日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高市早苗 右翼」に関する記事

権力者に近づく能力はピカイチ/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

右翼発言だけじゃない 高市早苗総務相は夫婦で原発推進派

高市早苗総務相(53=奈良2区、当選6回) 「ポチ」と陰口を叩かれても安倍首相に忠誠を尽くし、まんまと再入閣を果たした格好の高市早苗総務相(53)。自民党の政調会長だったのに、党内から異論が噴出しても「これは官邸の意向ですから」と押し切ってきた。 一昨年の総裁選の開票の時には、わざわざ安倍首相の隣に座り「安倍総裁」が決まった瞬間、大泣きしながら、じっと首相を見つめ…

英紙ガーディアン電子版の報道

世界中が非難! 高市早苗大臣と“極右団体代表”の問題写真

日の丸をバックに男性と微笑する高市早苗総務相と稲田朋美政調会長。この写真が世界中に衝撃を与えている。 ツーショットの男性は「国家社会主義日本労働者党」の代表を名乗る人物。写真は同団体のHPに掲載されていたものだ。この右翼団体、ナチスの正式名称である「国家社会主義ドイツ労働者党」と似た団体名を名乗り、ホームページにはナチスの象徴「かぎ十字」を思わせるマークも掲載されて…

すぐにボロが出そうな面々/(C)日刊ゲンダイ

華も能力もない「安倍ガールズ」 女性閣僚5人の“正体”

要するに人気をアテ込んだだけの“お飾り”以外の何ものでもないのです」(元法大教授・五十嵐仁氏) ■「契約」で夫に料理を作らせる高市早苗氏 小渕氏以外の4人もひどいものだ。再入閣を果たした高市早苗氏(53)は、安倍応援団を自任するウルトラ右翼。2年前の総裁選で側近として支え、「安倍総裁」が決まった瞬間は人目も憚らず涙を流した。“論功行賞”で政調会長に起用されると、村山…

ガーディアンHPから

高市、稲田両氏と2ショット 極右活動家とオウムの繋がり

高市早苗総務相と稲田朋美政調会長が「国家社会主義日本労働者党」の代表者・山田一成氏と撮ったツーショット写真が海外メディアに報じられてしまった。 山田氏はヒトラーを崇拝する活動家。「民族浄化を推進しなければならない」「在日朝鮮人殲滅」など、ナチそっくりのスローガンを掲げ、HPにカギ十字によく似たマークを掲げている。ユダヤ人へのホロコーストを「日本の南京大虐殺とまったく…

終戦記念日、安倍首相は千鳥ヶ淵戦没者墓苑に参拝

巻頭特集

安倍政権を世界はどう見ているか 終戦記念日裏側の緊迫

終戦記念日の15日、安倍内閣から高市早苗総務相と丸川珠代五輪相の2閣僚が靖国神社に参拝したが、姿が見えなかったのが稲田朋美防衛相だ。衆院に初当選した翌年の2006年以降、行革担当相時も含め毎年8月15日の参拝を欠かさなかったのに、今回ばかりは行かなかった。いや、行けなかった。 表向きは、自衛隊の派遣先であるジブチを視察中のため。だが、全国戦没者追悼式も行われる終戦記…

出馬を断念した野田聖子前総務会長

容赦ない野田氏潰しで露呈…安倍首相の「女性活躍」は大ウソ

女性閣僚に抜擢された山谷えり子氏、高市早苗氏、有村治子氏といった自民党の中でも際立ったウルトラ右翼。政調会長に抜擢された稲田朋美氏だってそうだ。「すべての女性が輝く社会」とか言ってるくせに、政策のほとんどが上から目線、男性目線だ。30代半ばまでの妊娠・出産を奨励する「女性手帳」を配布しようとしたものの、女性から猛烈な批判を浴びて断念。一方で、第3号被保険者制度や配偶…

None

永田町の裏を読む

閣僚辞任より深刻な「保守反動4人女」の言動

「しかも、本当は、辞めていない残りの3人のほうがもっとヤバいんだ」 残り3人というと、高市早苗総務相、山谷えり子拉致担当、有村治子女性活躍担当か。 「3人はそろって、夫婦共働ぎに反対して戦前型の家父長制的家庭像を称賛するかのような発言をさんざん繰り返してきた。党政調会長に抜擢された稲田朋美と合わせれば、“保守反動4人女”だ。安倍さんは『女性が輝く社会』とか言って今…

第2次安倍改造内閣と自民党役員の面々/(C)日刊ゲンダイ

「お友達内閣」先鋭化 安倍改造内閣党三役の惨憺たる顔ぶれ

安倍首相ベッタリの高市早苗氏(53)は「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の主要メンバーとして毎年8月15日に靖国で拝んでいる。そのうえ、政府がすでに見直さないと決めている河野談話について「来年(戦後70年)、安倍晋三首相が何らかの談話を出す。その内容に大いに期待している」と修正を求めるような発言をテレビでした。 拉致担当に起用される山谷えり子氏(63)は最…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事