日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「加藤浩次 コンビ」に関する記事

“ポスト大御所”の最右翼

酉年生まれ “年男年女”の吉凶

持ち前の男気がネックに 加藤浩次“大御所”へのアキレス腱

朝の情報番組「スッキリ!!」をはじめ4番組で司会を務め、所属する吉本興業の中でも明石家さんま、ダウンタウンに次ぐ稼ぎ頭の加藤浩次は、この4月で48歳になる年男。大御所といわれるベテラン司会者たちの番組が、ギャラ高額化のあおりで次々と終了する中、“ポスト大御所”の最右翼に挙げられるほど加藤の実績と安定感への評価は高い。 だが、そんな加藤にも不安要素はある。10年前に少…

加藤浩次と山本圭壱「極楽とんぼ」の2人

番組で名前連呼の“広報活動” 加藤浩次は山本圭壱と心中か?

20日、BSスカパー!開局1周年記念番組「BSスカパー!って知ってますか!?一」制作発表会に「極楽とんぼ」加藤浩次(46)、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳(41)、劇団ひとり(38)が登場した。3人は“地上波では見ることができない”をコンセプトに番組制作を担当。サプライズゲストについて聞かれた加藤は「(相方の)山本ですか? 山本のことですよね?」と相方・山本圭壱(…

復帰なるか?/(C)日刊ゲンダイ

加藤浩次が心情吐露…相方・山本圭一「復帰」のハードルは?

極楽とんぼの加藤浩次(45)が発売中の「女性自身」で、20年来の関係という中山秀征(46)と対談。そのなかで、事件から8年がたった今なお、芸能界復帰の見通しが立たない相方、山本圭一(46)に対する率直な心情を吐露して話題だ。 山本は06年7月に未成年淫行事件を起こして吉本興業と契約解除。以後、コンビとしての活動は停止したままである。当時、朝の情報番組「スッキリ !…

“狂犬”と呼ばれた時代もあった加藤浩次

今週グサッときた名言珍言

「自分ってそんなに正しいですかね?」 by 加藤浩次

いまや日テレの「朝の顔」として活躍している加藤浩次(46)。番組作りにおいて、スタッフに意見するかどうかの話題で漏らした疑問を今週は取り上げたい。 冒頭の言葉は「僕なんか自分が一番間違ってると思ってるんで言えないですね。信念を曲げたくないっていうのは言いますけど、それ以外は大勢のスタッフが考えた方が絶対正しいと思います」と続いた。 「狂犬」などと呼ばれていた加藤が情…

None

このMCなぜ凄いのか

有働由美子 女性の本音を代弁するNHKトップの発信力

僕が担当していた「スッキリ!!」は、このコラムでも取り上げた加藤浩次さんをはじめとして、MCには男っぽい布陣を敷いていたとはいえ、女性層に絞り込んでコンテンツを並べていたので、この時間帯の主役である“主婦層に刺さる”パッケージを「あさイチ」がラインアップしたことに危機感を感じたのを覚えています。 番組のテーマ設定はともかくとして、女性たちの本音を語るキャラクターと…

このまま完全復活するのか?

10年ぶり地上波も…極楽・山本「吉本復帰」の最重要課題

番組ではめちゃイケメンバーをはじめ「ロンブー」田村淳(42)などの「軍団山本」が号泣した後、山本が「(めちゃイケで)かぶりものとか小さいコーナーでいいから、おまえの力でなんとか(復帰させてほしい)」と相方の加藤浩次(47)にお願いするとケンカに発展。 加藤が「おまえのことをいくら蹴っても苦情なんて来ねえんだよ」と蹴りを入れ、セメントに山本の顔を突っ込むと「48歳!…

日テレの安村直樹アナ?

近藤春菜は出演料がネック 上重アナ後任に浮上する局アナ

『スッキリ!!』にもレギュラー陣のひとりとして出演しており、番組の進行などは頭に入っているし、社員だけにタレントと違って出演料を払う必要がない」(日テレ関係者) 後継の司会者には、お笑いコンビ、ハリセンボンの近藤春菜(32)の名前が一部で報じられたが、「加藤浩次のギャラだけでも高額なのに、さらにもう一人タレントを司会に据えれば制作費が大変」(前出の関係者)。 加藤と…

復帰する気なし?

山本の飛び入り謝罪に周到計算 「極楽とんぼ」再共演の舞台裏

06年7月に淫行騒動で事務所をクビになり、今年1月に復活のライブを行った極楽とんぼの山本圭壱(47)が5日、相方・加藤浩次(46)が都内で行ったコントライブのステージに登場。加藤と実に9年ぶりの共演を果たした。 「加藤とごく近い関係者のみ、山本の来場を知らされていたようだ。山本は開演後、舞台が暗転した瞬間に席に座ったようで、会場の観客に気づかれることなく、相方のコン…

休日は娘とべったりだとか

“イクメン芸人”定着のフジモンが「イケメンに見える」なぜ?

お笑い業界にはすでに、土田晃之(42)や加藤浩次(46)などの「イクメン芸人」がいるが、フジモンの場合、こうした日々の何気ない家族の風景をユッキーナの“妻目線”から垣間見ることができるのが、若い女性の共感を呼んでいる理由のようだ。 第2子が誕生したら、さらにイクメン“バブル”が続くことになるフジモン。一生、ユッキーナには頭が上がらないか。…

吉本は「山本軍団」復活を警戒/(C)日刊ゲンダイ

極楽・山本に出演オファー殺到 “ネタ枯れ”TV界が熱視線

そのキーマンとなっているのが現在も「相方」を標榜してはばからない加藤浩次だ。 「彼は自分のレギュラー番組で山本を応援しようとスタッフにも事情を話し承諾を取り付けた。司会を務める日テレの『スッキリ!!』では今後も山本を好意的に報じていく方向のようです。また『行列のできる法律相談所』にも橋渡しをしたそうで、2人がレギュラー出演していたフジの『めちゃイケ』、テレ朝『ロンド…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事