日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「市川由紀乃 紅白」に関する記事

身長170センチの市川由紀乃

紅白初出場の市川由紀乃って? 燃え尽き症候群の“過去”も

24日の午前9時過ぎ、取材のため所属レコード会社にいた市川由紀乃(40)は吉報を受け、大号泣。「慌てて着物を着付け、NHKへと向かいました。まだ本人も実感していない」(担当マネジャー)という。 市川は「アンコ椿は恋の花」「さざんかの宿」などで知られる作曲家の故・市川昭介氏に師事し、17歳でデビュー。名字に「市川」をもらった秘蔵っ子だ。歌唱力、七色の声を操る表現力は抜…

福田こうへい(左)の復帰宣言で大混戦に…

本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

さらに昨年、周囲からは“当確”と見られながら、最後の最後で落選した市川由紀乃も有力視されている。もう一人、過去18回の出場歴がありながら、昨年は落選してしまった香西かおりも今年は復帰出来そうです」(音楽プロデューサー) ちなみに昨年の紅白の“演歌枠”は男6人、女7人(小林幸子を除く)で合計13人。このうち森進一は“卒業宣言”しているから、小林の指定席は確保されたも同…

ピンチの森進一と復帰の小林幸子

ジャニーズ内闘争、森進一の落選危機…ドタバタ紅白の舞台裏

一新を図りたいNHKが市川由紀乃、山内恵介、三山ひろしらを初出場させたい一方、藤あや子、細川たかし、森進一らベテランを当落線上で検討している。ちなみに歌手生活50周年の森は納得できない。森自ら作詞作曲した記念曲のタイトル『あるがままに生きる』とは裏腹に、泣くに泣けない落選だと猛アピールしているそうなんです」 そんな舞台裏のドタバタなんて「勝手にやって」と視聴者は言い…

17歳で「おんなの祭り」でデビュー

私の秘蔵写真

市川由紀乃 目立つことが苦手な少女が紅白に出場するまで

デビュー23年、4年半の休業を乗り越えて、大晦日の紅白歌合戦に初出場を果たし、「心かさねて」を熱唱した市川由紀乃さん(40)。紆余曲折の道のりの原点はデビュー時のこの一枚! ◇ ◇ ◇ これ、17歳で「おんなの祭り」でデビューした時の写真。宣伝に使われた写真ですが、硬い表情で笑顔がないんです。私は目立ったり、注目されたりするのが苦手で、あのころはカメラを向けられても…

市川由紀乃さんには25歳で歌手挫折の経験が

今あるのはあの人のおかげ

市川由紀乃に歌手“再出発”を決意させた大作曲家の笑顔

歌手の市川由紀乃さん(39)も、心が折れて疲れ果て、ステージに立てなかった4年半がある。 ■歌の世界を離れてからは「歌番組」も見なかった 私が25歳のときのことです。歌も人生も一歩も前に進めなくなり、事務所の社長に「辞めます」と言って、新宿の天ぷら屋さんで働くことにしたんです。17歳でデビューして以来、歌の世界だけで生きてきたので、履歴書を書くのも初めてで……。最初…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事