日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

東野圭吾に関する記事

None

ベストセラー早読み

「素敵な日本人――東野圭吾短編集」東野圭吾著

(光文社 1300円+税)…

映画「天空の蜂」の本木雅弘と江口洋介

松竹が原発タブー打ち破る 東野圭吾原作「天空の蜂」の衝撃度

小説家東野圭吾による同名原作「天空の蜂」は、20年も前に原発行政のデタラメと嘘を明らかにし、福島第1原発の事故を予言したかのようだと再評価されている問題作。 映画も小説と同じく舞台は95年。福井県の高速増殖炉上空に、強奪された自衛隊の大型ヘリが現れる。高性能爆薬が積まれたヘリは、原子炉の直上800メートルでホバリングを開始。犯人からは、燃料切れまでの8時間以内に日…

週末に読みたいこの1冊

「危険なビーナス」東野圭吾著

(講談社 1600円+税)…

ベストセラー早読み

「人魚の眠る家」東野圭吾著

(幻冬舎 1600円+税)…

None

講談社「吉川英治文庫賞」新設

実業之日本社は、同社の文芸誌「月間ジェイ・ノベル」で連載していた東野圭吾作「白銀ジャック」(2010年)を単行本化せずにいきなり文庫本で出版し、発売から1カ月余りで累計100万部を記録して話題を呼んだ。単行本出版から3年ほどで文庫化する、という従来の常識を覆すこの手法は「いきなり文庫」と呼ばれ、同社の成功をもとに出版業界全体の流行となった。 講談社では、宮部みゆき…

「虚ろな十字架」東野圭吾著

(光文社 1500円)…

None

土曜あらかると

「驚愕遊園地」日本推理作家協会編

東野圭吾ら15人のミステリー短編 刑事の若狭は、マンションの8階に住むあきえを訪ねる。殺人の容疑者・畝米が不倫中のあきえと一緒にいたとアリバイを主張したからだ。 マンションから市のランドマーク「天華寺会館」を眺めた若狭の脳裏に12年前のある未解決殺人事件が思い出される。 その事件の容疑者も不倫でアリバイが立証され、天華寺会館が一望できるマンションに住んでいた。さら…

None

「疾風ロンド」東野圭吾著

(実業之日本社 648円)…

None

喜怒哀楽のサラリーマン時代

逢坂剛さん 年始の挨拶を受賞のお祝いと勘違い

大手部品メーカーで働いていた東野圭吾なんかは、乱歩賞を取ってから閑職に回されたそうです。会社に理由を聞いたら「あなたは作家としてやっていくのだろうから、いずれ辞めるに違いない。そんな人に秘密の仕事はやらせられない」と言われ、「もっともだな」と思って辞めたと言っていました。 当時の広報室長から後で聞いたんですが、社長は「いろいろと便宜を図ってやりたまえ」と言ってくれ…

3段の棚と机の上が“マイ本棚”

プロの本棚

重量挙げ三宅宏実さん 本で出合った言葉をノートにメモ

■練習でも読書でも集中する時間が好き そして次に出合ったのが、東野圭吾さんの「時生」。どんどん引き込まれて一気読みしてしまい、すっかり読書にハマってしまったんです。 今では本屋に行くことが何よりの楽しみ。私にとっての読書の魅力は、第1に没頭する時間が持てること。実は私は練習でも読書でも没頭する時間が好きなんですよ。「永遠の0」には感情移入して泣き、柚木麻子さんの「…

優香も妻夫木もホリプロ所属だが…

優香と激似 妻夫木夫婦の“幸せツーショット”にあらぬ憶測

12年放送のドラマ「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系)での共演を機に交際に発展し、一昨年の14年に熱愛が明らかに。4年間、大事に育んでいた愛を実らせたわけだ。 婚姻届の提出はこれからだが、〈これからも支え合い、お互いの仕事により一層精進し、ささやかな幸せのある家庭を築いて参りたいと思います。〉などと、妻夫木の直筆で夫婦連名による幸せいっぱいのコメントを寄せたのだ…

吉川潮氏(左)と立川志の輔

志の輔落語とパルコの20年

何の根拠もないのに「いつかパルコに立つな」と

ネタのクオリティーも年々高まり、3年目には東野圭吾の小説を落語化した「しかばねの行方」を演じ、喝采を浴びた。 「以前から清水義範さんの短編を落語にして演じていました。小説を落語にするのは他の人がやってなかったと思います」 団地に遺棄された死体を見つけ、住人がパニックを起こし、夜中に捨てにいくという話で、「登場人物がパニックを起こすことによる大騒動」という“志の輔落…

抱負を語った土屋太鳳

「スキー検定1級取ります!」 21歳祝う土屋太鳳が意気込み

プライベートでの目標については、今年3月から始まる東野圭吾ドラマで主演の天才アルペンスキーヤーを演じるとあって、「スキー検定の2級を持っているんですけど。コーチから、1級を受ければって言われたので、21歳はスキー検定1級を狙いたい。今から頑張ります! 取ります!」と意気込んだ。 今年もドラマに映画に引っ張りだこの土屋。時間ができた頃には、雪が解けちゃうかも!?…

西村賢太氏

“極私的”東京物語

旧花園町の田中英光夫人宅に通うも出入り禁止に…

東野圭吾クラスは別だけれども、僕レベルの書き手のエッセーだとなかなか出してくれない。決して内容が劣っているということではなく、連載を始めた2012年ごろから出版事情は劣悪。この本も少ない部数の限定出版みたいなもので、表紙の装丁は決められた予算の中でいかに見栄え良くつくるかっていう担当編集の苦心の跡がアリアリと見えるわけですね」。 「東京者がたり」の表紙カバーは今はな…

None

社長の本棚

【TMオフィス】殿村美樹社長

村上春樹さんの大ファンで自宅の本棚は村上作品、それに東野圭吾さんの本でギッシリです。村上さんの、あの心に入り込む文章にはウットリしてしまいますし、東野さんの、なんか収まらない、「エッ、これで終わっちゃうの?」という終わり方にも心引かれますね。 とにかく「役に立つかどうか」が私の判断基準なので、積ん読派とは正反対。買った本はすべて読みます。では読み終わった本はどうする…

本木雅弘と樹木希林

本木雅弘 大向こうまで盛り上げた義母・樹木希林譲りの冗舌

「足のきれいな奥さま(森高千里)とお子さんたちと共同して一難を乗り越えていたのを脇で見ていて、元サーファーは頼りがいが違うなって」 「天空――」の原作は、作家の東野圭吾氏が20年前に発表した同名小説。原発テロを題材としたアンタッチャブルな内容だけに、長年、映像化が困難とされてきた作品であり、3・11以降は「予言の書」として再評価されている。 本木は同映画で原子炉の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事