日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山中裕美に関する記事

None

なぜフォアグラが食べられなくなると羽毛布団が高騰するのか

料理研究家の山中裕美氏が言う。 「ここ2年ほど、フランスの家禽類は日本に入ってきていません。ニワトリはもちろんウズラ、鴨もダメ。そのため、ジビエの季節は、猪か鹿のメニューばかりでした。この間に10回ほどインフルエンザが発生した影響で、輸入がストップしているのです」 おかげで日本中のフランス料理店は大打撃を受けているようだが、高級食材も手に入らなくなった。 「入手困難…

None

【食品表示のホント】塩は「原産国」と「最終加工地」が異なる

(料理研究家・山中裕美)…

None

【食品表示のホント】「糖分控えめ」にもカラクリがある

(料理研究家・山中裕美)…

None

鶏肉が危ない!

いまだに特定されていない化学薬品

「食品表示の罠」の著者で料理研究家の山中裕美氏はこう言う。 「肉が腐敗すると雑菌が繁殖して臭いを発するようになります。それを抑える物質としては、二酸化塩素があります。小麦粉の漂白や水道水の殺菌にも使われているものですから、毒性はそれほど高くはありません。次亜塩素酸ナトリウムをアルカリイオン水に溶かした溶液も使われているようですね。こちらも劇薬ではありませんが、そもそ…

None

【食品表示のホント】「養殖わかめ」は存在しないことになっている

(料理研究家・山中裕美)…

None

【食品表示のホント】雑巾漂白にも…みずみずしいカット野菜に潜む無記載添加物

【料理研究家 山中裕美】…

None

【食品表示のホント】卵の「産卵日」と「賞味期限」は併記する必要がない

(料理研究家・山中裕美)…

None

【食品表示のホント】マヨネーズには国産じゃない「卵黄」も使われる

(料理研究家・山中裕美)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事