日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松井裕樹 投手」に関する記事

一部で心配されているが…/(C)日刊ゲンダイ

故障懸念は杞憂 松井裕樹のフォーム「問題なし」と専門家

「全力をぶつけてチームの勝利に貢献できる投球をしたい」 4月2日のオリックス戦で正式にデビューすることが決まった楽天のドラフト1位左腕、松井裕樹(18=桐光学園)が堂々と言った。 松井はオープン戦で4試合に登板。計16イニングを投げて2勝無敗、防御率1・13の成績を残した。17奪三振は摂津、中田(共にソフトバンク)と並ぶ最多タイ。ドラ1ルーキーへの期待が高まる一方で…

工藤監督も「強いチーム」を作ると

ハム戦で先発不足露呈 田中正義“争奪戦”にソフトB参戦か

過去3年の1位指名はいずれも高校生投手(13年は桐光学園の松井裕樹=現楽天の抽選に外れJR九州の加治屋を獲得)。昨年、一昨年のドラフトで獲得した計11選手(育成契約を除く)のうち、高校生は実に10人にのぼった。 先日のスカウト会議後にも小川編成・育成部長兼スカウト室長は、高校にも大学、社会人にも好投手が豊富にいるとし、「あとは他球団の動向と抽選の数(で最終的な1位を…

懸案の中継ぎ投手もいない…

侍Jにステータスなし? 主力選手軒並み辞退の“謎解き”

大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)に加え、則本昂大、松井裕樹(ともに楽天)については、前日になって急きょ、球団から断りの連絡が入ったという。今秋ドラフトでの最大の目玉である田中正義(創価大)までも不参加となった。 小久保監督は「1年後のWBCを見据え、日本のトップ選手を集めた」と言ったものの、「大谷はオファーしたが出場見送りの返事。藤浪は肩を考慮して外した。則…

オリックス打線をひとひねり/(C)日刊ゲンダイ

中学時代の監督が明かす 松井裕の本質は「変化球にアリ」

楽天の黄金ルーキー、松井裕樹(桐光学園)が13日のオリックス戦に先発。初回は1死三塁、五回はヒットと四死球で招いた2死満塁のピンチを切り抜け、二、三、四回はいずれも3者凡退。5回2安打無失点と結果を出した。 「アピールするためにゼロを意識した」と言う松井は、ここまで投げた3試合12イニングをすべてゼロに抑える快進撃。まだオープン戦の時期だということを差し引いても、並…

None

どうする阪神 ドラフト“目玉”松井裕樹&森友哉からラブコール!?

投打の目玉である高校生の松井裕樹(桐光学園)、森友哉(大阪桐蔭)が揃って阪神入りを希望しているというのである。 高校ナンバーワン投手の松井は、ソフトバンクや地元のDeNAなどが1位指名を検討。プロ挑戦を表明した時には「希望(球団)はない。12球団OKです」と公言した左腕だが、冒頭の関係者によると、松井は「自分は甲子園に育てられ、熱狂的なファンが集う甲子園でプレーした…

None

続・鬼の遺言

ドラフト目玉 桐光・松井がプロで活躍するための「3つの課題」

同じ神奈川で切磋琢磨してきた目玉候補の桐光学園・松井裕樹君(17)に何球団競合するか楽しみだ。 OBの松坂大輔(メッツ)は1年目に16勝した。今年は藤浪晋太郎(阪神)が10勝を挙げ、大谷翔平(日本ハム)が二刀流で奮闘するなど、高卒ルーキーの活躍が目立っている。もし大谷が投手に専念したら、将来性は藤浪より上だと思う。 そこで松井君だ。結論から言うと、一軍で活躍するまで…

DeNA山崎は近々強行復帰の予定

若手守護神に“勤続疲労”続出 負の連鎖はなぜ起きたのか?

こうなると、楽天で球団最多セーブ記録(27セーブ)を更新し続ける松井裕樹(19)も心配になってくる。 かつては、大魔神・佐々木主浩が球界最高年俸の6億5000万円(04年=当時横浜)をもらい、元阪神の藤川球児(4億円=09年)や中日・岩瀬仁紀(4億5000万円=12年)も次々にチーム生え抜き選手の最高年俸を更新。抑え投手がチームの顔になり、高年俸が当たり前の花形ポジ…

守護神の風格

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

デーブ監督が明かした2年目左腕・松井裕樹の“特殊能力”

【橋本清の取りたて直送便「本音を聞きたい」】 監督のデーブさんによると、松井裕樹投手(19)は極めて特殊な「自律神経」の持ち主だといいます。 「去年、以前から親交のある順天堂大学の先生に松井裕の血流検査をしてもらったんだけど、その結果が面白かった。あいつ、副交感神経が優位な自律神経の持ち主だったんだよ。完全にストッパー向き。先生からも太鼓判を押されたんだ」 少々、補…

西武の牧田を研究しているという加藤/(C)日刊ゲンダイ

先発ローテ入りも 楽天ドラ6加藤正志に敵スコアラー高評価

“潜水艦”が松井裕樹の悪あがきにトドメを刺すかもしれない。 16日に行われた楽天と韓国・KIAとの練習試合。2番手投手として対外試合デビューを飾ったドラフト6位新人、加藤正志(25=JR東日本東北)が評価を上げた。球界でも数少ないアンダースロー投手。東京実業高校時代に独学で下手投げに転向し、鶴見大では4年時にエースとして創部以来初となる神奈川大学リーグ1部2位に貢献…

黒星もバネに/(C)日刊ゲンダイ

松井裕にプロ洗礼も 大物ぶり証明した初登板の心・技・体

2日、楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が、仙台のオリックス戦で公式戦デビュー。6回5安打3失点でプロ初黒星を喫し、試合後は「悔しい。緊張してテンポが悪くなった」と下を向いた。 しかし、高卒ルーキーのデビュー戦だ。6回3失点は悪いどころか上出来だろう。三振も6個奪っている。3失点目は六回1死三塁の場面でのスクイズ。オリックスの森脇監督が「外野フライを打つのも難しいし、…

None

続・鬼の遺言

「速い球」投げるには「股」を鍛えろ

楽天1位の松井裕樹君(桐光学園3年)は全身がバネ。身長174センチと大柄ではないものの、腰回りや尻などの下半身がガッチリしている。バネは天性のものだと思われがちだが、小学生までにある程度は培える。水泳、剣道といったスポーツ、鉄棒や木登りなどの遊びが、バネとなって後々生きてくることがある。 速い球を投げる、強い打球を打つことに共通するのは「内側の力」が大事だというこ…

None

楽天高卒ドラ1 肝っ玉投手

ボクもあの舞台に立ってメジャーリーガーと戦いたい」 チームのその先輩、則本昂大(26)と松井裕樹(21)は、激闘に疲労困憊だ。則本は7日のキューバ戦の3失点に続いて12日のオランダ戦でも1失点。2試合に登板して防御率9・82と精彩を欠いている。松井は登板した本戦3試合すべてで無失点に抑えたものの、昨20日のドジャースとの強化試合では四球から崩れてサヨナラ打を浴びた。…

None

プロ野球考現学

今でも心残りの沢村ヤンキース入り断念

ドラフト1位指名で獲得した左腕の松井裕樹(桐光学園)も楽しみだ。 楽天の主力は初の日本一で達成感を味わった。来季はその「反動」も懸念される。若手の激しい競争はチームの刺激になるはずだ。 「投手のメジャー入り」で思い出すのは、巨人で投げている沢村の一件だ。 沢村が中大4年の時、監督だった私は真剣にメジャーへ行かせるつもりでいた。例えば、大学出の選手が1年目から一軍で活…

則本(左)のグラブを背中に載せられる松井裕 (C)日刊ゲンダイ

橋本清の取りたて直送便“本音を聞きたい”

楽天 期待の松井裕樹が突然のリリーフ転向…正捕手・嶋の見解は?

塩見、辛島が8勝でこれに続き、その次が松井裕樹(19)の4勝ですから確かにしんどい。 「でも、松井には期待してるんです。去年は正直、ハチャメチャでしたよ。ボールはどこに行くか分からない、投げるときの体勢は崩れる……。それが今年はそういうのが全然ない。取り組む姿勢も変わってきた。投球練習後に毎回、『嶋さん、きょうはどうでした? 自分ではこういう感じなんですけど、嶋さん…

阪神 西岡と福留が激突/(C)日刊ゲンダイ

珍プレー続出 「統一球問題」より深刻なプロ野球の「技術低下」

23日の西武戦に先発した楽天ルーキーの松井裕樹は初回、ストライクが入らず5四球で先制を許すと、結局5回5安打8四球5失点。即座に二軍落ちとなった。 「最近は平凡なゴロが捕れない、ベースカバーを忘れる、外野手の捕球や中継プレーも雑。打者はバントができない、ワンバウンドのようなクソボールを空振りする。投手はここぞという時にストライクが入らず、フィールディングのうまい者…

VIP待遇/(C)日刊ゲンダイ

先発陣をぶっ壊す 楽天・星野監督の「松井裕偏重ローテ」

星野監督以下、楽天の首脳陣がドラフト1位ルーキーの松井裕樹(18=桐光学園)に「VIP待遇」を与える。5月の交流戦まで、松井のローテだけを固定するというのだ。 開幕投手は昨季、プロ1年目ながら15勝を挙げた則本。2年連続の大役は任せるものの、楽天の先発ローテは当面、松井中心で回すことになる。 「星野監督は基本的に、変則日程の交流戦までは松井を中6日で回していくと決め…

4回2失点の松井/(C)日刊ゲンダイ

ライバル球団も舌を巻く 楽天・松井裕樹の「頭脳」と「計算」

19日のDeNA戦で楽天の松井裕樹(18=桐光学園)がオープン戦4試合目となる先発。初回は3者連続三振に打ち取ったものの、二回に走者を出してから投球が不安定になり3安打を浴び2失点。オープン戦最後の登板を、4回4安打1四球2失点、5三振で終えた。 初回には人生最速となる150キロを出したものの、高校時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムだけに松井は「単純に(スピードガン…

大丈夫か/(C)日刊ゲンダイ

制球に苦しむ楽天・松井裕樹 フォーム意識で球威もピンチ

18日、2日ぶりにブルペン入りした楽天の松井裕樹(18)。佐藤投手コーチの見守る中、60球を投げてストライクはわずか25球。「今日はバランスが良くなかった」と話した。 もっとも高校時代から「行く先はボールに聞いてくれ」というタイプ。驚くには当たらない。他球団のスコアラーは「問題は球威です」とこう話す。 「気になるのが、佐藤投手コーチのフォーム修正。踏み出した右足を突…

None

プロ入り時点の評価は上…松井裕樹はマー君を超えられるか

5球団の競合の末に楽天入りしたドラフト1位の松井裕樹(18=桐光学園)は合同自主トレから大張り切り。20日は第2クール最終日でブルペンには入らなかったが、前日まで2日連続でブルペンで熱投。2度のシャトルラン(20メートルの往復持久走)も激走した。18日には同じくコボスタ宮城で自主トレをしている田中将大(25)に挨拶され、「目標としている方」と感激の面持ちだった。 …

None

楽天が交渉権獲得 松井裕樹に気がかりな“星野スパルタ采配”

甲子園史上最多の1試合22奪三振を記録した松井裕樹投手(桐光学園高=17)の交渉権を獲得したのが楽天だ。 日本ハム、DeNA、ソフトバンク、中日と5球団が競合しただけに、星野監督も、 「100点! これで納得しなかったらぜいたくだ」 とご満悦。桐光学園で会見を行った松井も、「楽天さんは素晴らしい雰囲気で野球をしている強い球団。選ばれて光栄です」と話した。 気になるの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事