日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「上田まりえ 松竹芸能」に関する記事

タレントに転身した上田まりえ

争奪戦も…元日テレアナ上田まりえが松竹芸能に決めたワケ

女子アナからタレントに華麗なる転身を遂げた上田まりえ(29)。日テレを退社した理由がフリーアナウンサーではなくタレントになるためだというから興味深い。本人に話を聞いた。 ――そもそも、なぜタレントに。 「キッカケのひとつは『快脳! マジかるハテナ』という番組でナレーションをアニメ声でやらせてもらったこと。エンドロールで自分の名前が流れるまで、自分の声だと誰にも気づか…

個性的な出演陣に揉まれる日々

毎日が試合…上田まりえが語る 「5時に夢中!」の難しさ

芸能界が不倫スキャンダルで揺れる今年1月末、7年勤めた日本テレビを退社し、フリーアナウンサーではなくタレントに転身した上田まりえ(29)。上田が選んだのはセントフォースではなく「松竹芸能」だった。4月から「5時に夢中!」(TOKYO MX)でアシスタントを担当。タレントになって3カ月、環境の変化や誤算を聞いてみると……。 ◇ ◇ ◇ うれしい誤算はレギュラー番組を頂…

「人生の大事なことは野球基準で決めてきた」

上田まりえ「ショックです」 清原は卒論のテーマだった

今年1月末に日本テレビを退社し、2月からは松竹芸能に所属している上田まりえ(29)。タレントとして「とにかく今は何でもやりたいです。ナレーションもやりたいし、声優もラジオもお芝居もいつかやってみたい」と意気込むが、そもそも、日テレ時代の上田に「まだまだ伸びる」と目をつけたのはマツコ・デラックスだった――。 「あの頃(13年)は、アナウンサーとしてもがいていた時期だっ…

本当の理由は謎に包まれたまま…

あれもこれも言わせて

局アナ流出 猫も杓子も“フリー転身”で負のスパイラル状態に

■カトパン、上田まりえはどうなる? とはいえ猫も杓子もフリーで、フリーアナが飽和状態にあるのも事実だ。先日も読売テレビ入社2年目の増井渚アナが今月末で退社し、フリーになると報じられていたが、局の顔であるアナウンサーがこんなに流出してはわけがわからない。 そのうえ、自局アナがいるのに、フリーをありがたく使うものだから、あぶれた局アナが仕事を求めてフリーに……と負のス…

日テレ時代はどちらかというと地味な印象

なぜタレントに? 元日テレ・上田まりえアナ転身の勝算

1月末に日本テレビを退社した上田まりえアナウンサー(29)が今後は松竹芸能に所属し、「タレント」として活動することを発表。2月から活動を本格化させる。 これまで局を辞めてフリーとなる場合、「セント・フォース」などのアナウンス事務所に所属するケースが多かったが、つい先日、4月いっぱいでフジテレビを辞めることを発表した加藤綾子(30)も所属先は篠原涼子らがいる芸能プロダ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事