日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

吉川潮特集

大橋巨泉さん

巨泉さん追悼 吉川潮氏「米人気番組を日本風にアレンジ」

(談)…

母・香葉子さんは落語会のゴッドマザー

「笑点」林家三平 早めのキャラ徹底で“コネ入社”も笑いに

この“人事”には、演芸評論家の吉川潮氏もビックリ仰天。経緯の裏側をこう推察した。 「ハッキリ言って“情実人事”以外の何物でもないでしょう。日テレ上層部とつながりが深い母親の(海老名)香葉子さんが頼み込んだとしか考えられない。私としては人気、実力からいって春風亭一之輔、桂竹丸、立川生志あたりに入って欲しかったんですけどね。競馬で言ったら、3連単大外しといったところで…

「Dr倫太郎」vs「アイムホーム」

春ドラマ辛口採点 キムタク「アイムホーム」に識者の評価二分

作家の吉川潮氏は、「堺雅人の包み込むような雰囲気やしゃべり方は、心が病んでいたらこういう医者に診てもらいたいと思わせる。ドラマは社会の理想像を求めるものだが、それを表現できるのが堺雅人という俳優の実力」とベタ褒め。作家の麻生千晶氏も、「心の病を通して時代の不安な空気感を描こうというスタッフの意欲は評価したい」と合格点を与える。 一方、木村拓哉が記憶を失ったエリート…

悪役開眼/(C)日刊ゲンダイ

立川流顧問うならせた…談春「ルーズヴェルト」での悪役ぶり

談春の演技について、立川流の顧問を務める作家の吉川潮氏は「役者としての経験が少ないにもかかわらず、あれだけ悪役を演じきれるとは……」と、こう続ける。 「立川流の関係者はみんなドラマを見てるので、『談春は先週も悪かったねえ』なんて言って盛り上がっていますよ。これまで、落語家がドラマに出る場合は、たいてい主人公の行きつけのバーのマスターとかアパートの隣人とか、要はにぎや…

元フジテレビアナウンサーの山中秀樹さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

山中秀樹さん日枝会長から「いてくれるだけでいい」と

師匠と仰ぐ露木茂氏、落語家の笑福亭鶴瓶師匠、作家の吉川潮氏の3人には「フリーでやっていけるか」について相談したという。山中氏は落語好きで、露木氏以外の2人とは、落語や“いいとも”の縁で「よくしていただいている」そうだ。 「露木さんは『アナウンサーの仕事はテレビとラジオだけではない。しゃべる仕事はいろいろあるから大丈夫だよ』と背中を押してくださった。鶴瓶師匠も吉川さ…

春風亭小朝(右)と吉川潮

春風亭小朝 大いに語る

お客さまに芸を感じさせ、どう気持ちよく帰すかが第一

(おわり) (聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

新しい才能のため 落語界を魅力のある世界にしていく使命

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

落語も料理も技術に裏付けされた芸がお客さまを育てる

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

談志の死後 「芸」がない回転寿司的な落語家が増えている

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝と吉川潮

春風亭小朝 大いに語る

落語家が増えても戦力になる人がどのくらいいるかが大事

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

入門わずか10年 36人もの先輩を追い抜いて真打ち昇進

落語界にも落語バカがいないといけないなと思います」 (聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

時代劇の声のトーン、台詞の句点の使い方「これ、落語に使える」と

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

大河の現場で気づいた いい男は浴衣でも温泉客に見えない

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝

春風亭小朝 大いに語る

初時代劇は「三匹が斬る!」 その後NHK大河ドラマ出演へ

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

春風亭小朝と吉川潮

春風亭小朝 大いに語る

落語を聞き小説を読もうと思った方が多くてうれしかった

(聞き手・吉川潮) ▽しゅんぷうてい・こあさ 1955年、東京都生まれ。70年、15歳で春風亭柳朝に入門。78年、NHK新人落語コンクール最優秀賞。80年に36人抜きで真打ち昇進の快挙を遂げ、アイドル落語家に。キャッチフレーズは「横丁の若様」。…

日本とオーストラリアでは「条件」が異なる

豪代表監督が日程に不満吐露 WBC日本ラウンドのカラクリ

スポーツファンの吉川潮氏(作家)が言う。 「WBCとバレーボールは、日本の人気スポーツがテレビとスポンサーの主導で行われていることの典型例です。金のために日本有利を認めている主催者は、自らが大会の権威を落としていることになる。そもそも有利な条件で戦っていることを、日本選手はどう思っているのか。自分たちだけが恵まれた条件で戦って、勝った勝ったと大騒ぎするのは侍らしくな…

懐メロを歌う会は暮れの恒例行事に

“歌う会長”柳亭市馬大いに語る

懐メロ好きが高じてレコードデビュー

(つづく) (聞き手・吉川潮)…

柳亭市馬(左)と吉川潮

“歌う会長”柳亭市馬大いに語る

史上最年少52歳で落語協会会長に就任

(つづく) (聞き手・吉川潮)…

立川談笑

談志没後5年 立川談笑大いに語る

真打披露パーティーに談志の等身大パネルを設置

(つづく) (聞き手・吉川潮)…

リポーターの時は本名で出演

談志没後5年 立川談笑大いに語る

ホームレスのインタビューが強烈な思い出に

(つづく) (聞き手・吉川潮) ▽たてかわ・だんしょう 1965年、東京都江東区生まれ。早稲田大学法学部卒業後、司法試験を目指していたが、27歳の時に立川談志に入門。96年に二つ目、05年に真打ち昇進。現在、「とくダネ!」(フジテレビ系)リポーターとしても活躍中。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事