日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鳥谷敬 年俸」に関する記事

山口俊は3年で総額7億円

FA山口が菅野とほぼ同額…巨人の“給与体系”に評論家苦言

阪神の鳥谷敬(35)もしかり。来季は5年契約3年目のため、年俸4億円は変わらない。成績は打率.236、7本塁打、36打点。遊撃のレギュラーの座を失ってもカネはガッポリだ。在阪マスコミ関係者によれば、「実は年俸5億円という説もあります」というからメチャクチャである。 ソフトバンクの松坂大輔(36)は3年12億円。年俸4億円ながら、2年間でわずか1イニングしか投げてい…

鳥谷は残留すれば、破格の好待遇/(C)日刊ゲンダイ

資金豊富で補強も大盤振る舞い…懲りない阪神の“金満体質”

日本シリーズ終了後に不動の遊撃手・鳥谷敬(33)が海外FA権を行使。米代理人のスコット・ボラス氏を起用し、メジャー移籍を視野に入れている。阪神は鳥谷に最大級の条件を提示し、残留を要請。一説には「年俸は5億円、年数は4年の大型契約」ともいわれている。鳥谷は米球界に移籍する場合、メジャー契約を希望しているようだが、米国では日本人内野手の評価は高くない。しかも鳥谷は来年…

鳥谷の今季年俸は3億円/(C)日刊ゲンダイ

ブルージェイズ移籍浮上の鳥谷 気になるメジャーでの評価

海外FA権を持っている阪神の鳥谷敬(33)が、権利行使の意向を球団に伝えたという。「(海外移籍を)選択肢に入れるという話があったと聞いている」とは南球団社長だ。 鳥谷には以前からメジャー志向があった。メジャー側も本人の意向を知って調査、中でも熱心なのがブルージェイズらしい。 鳥谷に対してはペナントレース終了後もマーク。クライマックスシリーズ、日本シリーズと視察を重…

先日から三塁にも挑戦中

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・鳥谷の「年俸4億円」は過剰評価ではない

阪神・鳥谷敬の不振に伴い、彼の高年俸(推定4億円)も問題視されるようになってきた。現在の彼は5年契約の2年目であるため、このまま復活できなくとも残り3年は年俸が変わらない。つまり、今後は年俸4億の控え選手という不良債権になりかねない状態だ。 さらに私が興味深いのは、そんな鳥谷が現在のセ・リーグ日本人野手では最高年俸ということである。これを意外に思う人もいるだろう。何…

5年20億円で契約を更改

FA糸井を待つ“伏魔殿”阪神の闇

鳥谷敬「5年20億円」のバカげた契約

阪神の鳥谷敬(35)が2日、球団事務所で契約を更改。「今年は不甲斐ないシーズンだった。現実的にレギュラーではないので、来年またレギュラーを取れるように頑張りたい」と語ったが、年俸は来季も現状維持の4億円というのだからふざけた話だ。15年から5年契約を結んでいるためで、球団は今になって「とんでもない契約をした」と後悔しているに違いない。 今季の鳥谷は極度の打撃不振に…

チームの足かせになる

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神 鳥谷敬 フルイニング出場記録という危険な兆候

鳥谷敬の調子がようやく上がってきた。前半は故障の影響からか精彩を欠いていたため、ショートとしては歴代1位である連続フルイニング試合出場の記録ストップを求める声も多かったが、最近は沈静化しつつある。 しかし、これは危険な兆候だと思う。私は鳥谷の調子が良かろうが悪かろうが、フルイニング出場には反対だ。同・世界記録保持者である金本知憲のように、プレーがあきらかに劣悪になっ…

トロントが鳥谷との契約を検討と伝えられた/(C)日刊ゲンダイ

阪神・鳥谷をメジャーへと駆り立てる“雲上”青木への嫉妬

阪神から海外FA権を行使した鳥谷敬(33)。球界では「移籍したい理由がわからない」との声が少なくない。 一部スポーツ紙が、「ブルージェイズが正二塁手候補としてメジャー契約を検討」と報じていたが、メジャーは実績のない日本人内野手と高額契約は結ばない。 阪神は攻守の要である鳥谷に、「年俸4億円の複数年契約」を提示したともいわれている。「カネのことを考えれば阪神に残るのが…

米国では失格の烙印を押された格好の中島/(C)日刊ゲンダイ

目の色変えて獲得名乗り 中島裕之に振り回されるプロ野球界

2人に用意していた獲得準備資金を中島につぎ込む用意があると、球団関係者は言っていますから、最終的には総額15億円超に達する可能性があります」(在阪マスコミ関係者) 阪神は、チームの大黒柱だった鳥谷敬(33)が海外FA権を行使し、不動の遊撃レギュラーが海外流出という危機にひんしている。チームの根幹を揺るがす事態に、なんらかの手を打たなければいけないのは分かる。 が、米…

思惑通りに事を運べるのか/(C)日刊ゲンダイ

阪神残留を“保険”にメジャー挑戦 疑問視される鳥谷の本気度

阪神からFAでメジャー移籍を目指す鳥谷敬(33)の周辺が慌ただしくなってきた。 早くから日本にスカウトを派遣して調査を続けてきたブルージェイズの他、アストロズやメッツも獲得候補としてリストアップ。メッツのアルダーソンGMは「トリタニの名前は我々の獲得リストに載っている」と話し、アストロズのルーノーGMは「ビデオで見てるし、日本でどんな成績を残しているかも知っている。…

守備は名手の域

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・大和 “九刀流”をレギュラーにするのはもったいない

遊撃はもちろん二塁であっても、守備力だけなら鳥谷敬や西岡剛よりも上だというのが、評論家諸氏の共通見解だ。 その一方で、昨年までの大和は打力が乏しかったため、不動のレギュラーにはなかなか定着できなかった。今季はその打力が向上しており、ここ数試合は主にセンターとしてスタメン起用されているが、阪神の外野は有望な若手の多い激戦区である。少しでも打撃不振に陥れば、すぐに控えに…

鳥谷のメジャー移籍問題はようやく終結/(C)日刊ゲンダイ

鳥谷が「熟考に熟考」で阪神残留も…チーム内に残るしこり

阪神は9日、海外FA宣言した鳥谷敬内野手(33)がチームに残留すると発表した。球団幹部が、鳥谷から8日夜に連絡が入ったと明かした。 今オフ、海外FA権を行使してメジャー移籍を目指したベテラン内野手への各球団の評価は厳しかった。昨季はブルージェイズがスカウトを派遣して鳥谷の調査を続け、一時はメッツ、ナショナルズ、パドレスらが補強のリストに加えた。ブルージェイズは、正…

鳥谷は数球団が獲得検討といわれるが…/(C)日刊ゲンダイ

鳥谷にアストロズ触手も位置付けは「内野の控え」「市場開拓」

阪神から海外FA権を行使してメジャー移籍を目指す鳥谷敬(33)に関してだ。アストロズは今年5月にケビン・ゴールドスタイン・プロスカウトが視察するなど、かねて鳥谷の調査を続けてきた。日本にスカウトが常駐していないため、日米野球でも自軍の選手に鳥谷の日本での評価や周辺調査をさせたようだ。帰国後も日本の知人にメールで鳥谷について問い合わせてきた選手もいたという。 ジェフ…

しっかり将来を見据えている鳥谷/(C)日刊ゲンダイ

FA権行使の阪神・鳥谷 「悪条件でもメジャー行き」の理由

FA権を行使した阪神・鳥谷敬(33)のメジャー移籍が確実視されている。 現在、米アリゾナ州フェニックスで行われているメジャーのGM会議では、すでに複数球団が興味を示している。鳥谷自身も周囲に、「日本(阪神)より条件が悪くてもメジャーに行く」と話しているようだから、阪神が年俸ベースで5億円の複数年契約を提示しようと、残留は絶望的だろう。 それにしても気になるのは、「な…

ゴールデングラブ受賞でハクはついたが…/(C)日刊ゲンダイ

メジャー関係者を疑心暗鬼にさせる阪神鳥谷“2年前の前科”

「あの時は行けたんだけどね」 メジャー移籍を視野に入れ、海外FA権を行使した阪神の鳥谷敬(33)について、マスコミ関係者がこう言った。 「12年オフに海外FA権を取得。その年は『鳥谷がメジャー挑戦を考えている』と各メジャー球団にも伝わっていて、調査を進めていた。ダイヤモンドバックスのタワーズGM(当時)ら各球団の幹部クラスが、同年にメジャーへFA移籍した藤川球児とと…

米国ではマイナー契約もありうる鳥谷/(C)日刊ゲンダイ

渡米の鳥谷も不安 共和党圧勝でメジャーはより“格差社会”に

さらにビザの発給が制限されてしまうようだと、契約は結べても渡米できない事態まで生じてしまいます」 例えば今オフ、海外FAを行使してのメジャー挑戦が濃厚な阪神の鳥谷敬(33)だ。阪神は慰留にやっきになっているものの、メジャーでの日本人内野手の評価は極めて低い。 10年オフにツインズと3年約9億円で契約した西岡剛(30=現阪神)は、2年間で71試合の出場にとどまり契約期…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事