日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

尾野真千子特集

「2つ目の窓」のワンシーン/(C)2014“FUTATSUME NO MADO”JFP, CDC, ARTE FC, LM.

パルムドール候補作主演 吉永淳に「ポスト尾野真千子」の声

河瀬ファンということもあり、憧れの女優は尾野真千子さんです」(関係者) 映画批評家の前田有一氏がこう言う。 「尾野真千子は『殯の森』で大胆なヌードを披露したことで注目を浴び、今日にいたる演技派女優の地位を築きました。河瀬監督は女優を奇麗に撮るのがうまい。しかもただ奇麗に撮るのではなく、見る側に印象付ける撮り方をする。女優の魅力や個性を嗅ぎ取るのが抜群にうまいのでしょ…

主演の尾野真千子(左)と江口洋介

初回視聴率10% 尾野真千子主演「はじめまして…」の課題

尾野真千子、江口洋介が里親になって少年を育てる物語で、脚本家が「家政婦のミタ」の遊川和彦というので注目だが、どんな評価か。14日の初回視聴率は10・0%とギリギリ合格点。内容は――。 「遊川氏が前からやりたかったテーマかもしれないが、尾野はリアリティー重視で、やや地味な女性という印象。『家政婦のミタ』の松嶋菜々子くらいに強烈なキャラクターを与えた方が視聴者の興味を引…

EXILE軍団の“姐さん”に

尾野真千子の結婚相手 44歳LDH専務は超ヤリ手の業界大物

女優の尾野真千子(33)が「EXILE」「三代目J Soul Brothers」など人気グループが所属する大手芸能プロダクション「LDH」専務の森博貴氏(44)と結婚していたことが明らかになった。 尾野は97年に河瀬直美監督作「萌の朱雀」で主演デビュー。11年にはNHK連続テレビ小説「カーネーション」のヒロイン役で注目されて以降、今では日本を代表する演技派女優のひと…

ナオト・インティライミ、尾野真千子、堤真一、玉木宏/(C)日刊ゲンダイ

尾野真千子「やるよねー」 “脱がせ上手”の堤真一をホメ殺し

10日、映画「神様はバリにいる」(来年1月17日公開)の完成披露試写会が開かれ、主演の堤真一(50)をはじめ、尾野真千子(33)、ナオト・インティライミ(35)、玉木宏(34)が登壇。 撮影は昨夏。インドネシアのバリ島に約1カ月半滞在した。尾野は「寝るとき以外ずっと一緒。濃い1カ月でした」と明かし、「玉木、こんなイタズラ好きなヤツはいない。私のポーチにいっぱい草詰…

明暗分かれた日本アカデミー賞授賞式/(C)日刊ゲンダイ

真木よう子“W受賞”で火がついた 尾野真千子の「女の戦い」

尾野真千子(32)。「そして父になる」で主演、「探偵はBARにいる2」で助演である。 「主演と助演の両方にノミネートされるケースはまれ。少なくとも平成に入ってからは初めてで、真木と尾野の一騎打ちだけに、“分け合い受賞”が大方の予想でした」(映画関係者) ほかの最優秀主演女優賞候補は上戸彩、宮崎あおい、吉行和子。最優秀助演女優賞候補は蒼井優、中谷美紀、余貴美子と、老若…

フジでは単独初主演/(C)日刊ゲンダイ

「Vシネ帝王」も共演 尾野真千子に賭ける「月9」の命運

これまで“ジャニーズ万歳”でやってきたが、4月スタートの「極悪がんぼ」では、演技派の尾野真千子(32)がフジの連ドラ単独初主演。尾野演じる神崎薫も「法律の裏をかく事件屋」だ。 共演に「Vシネマの帝王」こと竹内力(50)を迎えるあたり、製作サイドの“力”も感じる。 それも当然で、キムタク全盛、視聴率20%超えが当たり前だったのも遠い昔のこと。現在放送中の「失恋ショコ…

None

CINEMAゲンダイ

「魔女の宅急便」主演 小芝風花

■共演は宮沢りえ、尾野真千子ら 13歳の少女が故郷からひとり旅立ち、見知らぬ町で成長していく。角野栄子氏の児童文学「魔女の宅急便」の実写版で、約500人の候補者から魔女キキ役に抜擢された小芝風花(16)は、物語から抜け出してきたような高校生である。 ――ワイヤで吊られ、雨風を全身に浴びたりと、タフな撮影の連続だったようですね。 「嵐のシーンでは4~5日間、ずっとほう…

女性誌「an・an」(3月8日号)の

ヌード披露の女性誌完売 高橋一生ファン急増に3つの要素

しかも、同棲していた尾野真千子に捨てられたり、『イケメンなのに女性に振り回されている』感がある。そんな彼を支えてあげたいと密かに妄想する女性ファンが相当数いたのです」 似たような雰囲気の福山雅治が吹石一恵と結婚し、「福山ロス」となった女性ファンも流れてきているという。 「とにかく女性を引き付ける要素満載ですから、これを機にファンを公言する人も増え、高橋一生ブームはさ…

「フジコ」。Huluで独占配信中

Huluの挑戦「ネットテレビ戦国時代」

ネットの特徴生かしたオリジナルドラマ「フジコ」

長く「映像化不可能」といわれていた作品をHuluが尾野真千子さん主演でオリジナルドラマ化しました。テレビドラマとは違う、ネットテレビならではの特徴も十分に表現できた作品で、昨年テレビ番組制作社で作る団体の栄誉ある賞であるATP賞テレビグランプリ特別賞を受賞しています。 テレビドラマは基本的に再現性がないという前提で作られます。だから、ミステリードラマでは最終的に重要…

漱石役の長谷川博己と妻役の尾野真千子

ドラマ「夏目漱石の妻」 メリハリ芝居で素顔の文豪を造成

」(テレビ朝日系)を終えたばかりの尾野真千子だ。鏡子は貴族院書記官長の長女で、お嬢さま育ち。結婚後も朝寝坊の癖が直らない。気難しい漱石に従いながらも、自分の意志を通す芯の強さを持っている。 尾野は、漱石の言う「立派な悪妻」の喜怒哀楽を全身で見事に表現。長谷川と対峙する場面だけでも、このドラマを見る価値は十分にある。 現在、全4回の半分まで来ており、漱石は「吾輩は猫で…

シリアスな芝居が持ち味なのに…

夏ドラマ“主役・脇役・敵役”辛口採点

低視聴率の原因か 江口洋介“あんちゃん”キャラの大誤算

江口が演じるのは、主演の尾野真千子(34)の夫役で、底抜けに明るい不動産会社の営業マン。とにかく困っている人を見ると世話を焼かずにはいられないタイプ。困難な里親認定を続けるかと児童相談所の担当者に問われるシリアスな場面で、「OK牧場!」と寒いギャグを平然と飛ばしてしまうキャラを演じている。これが浮きまくっているのだ。 20年以上前に大ヒットしたドラマ「ひとつ屋根の…

夫婦役を演じる2人

TV見るべきものは!!

江口&尾野「はじめまして、愛しています。」への期待

一方、妻の美奈(尾野真千子)は、母親の自殺やピアニストへの夢に破れたことで、やや鬱屈気味だ。そんな2人が、親から虐待を受けていた少年との特別養子縁組にトライしている。出会いを「運命」と感じた信次に引っ張られる形で進んでいるが、本当の難しさに直面するのはこれからだ。 脚本は、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の遊川和彦。親子とは、家族とは、という重いテーマだが、信次の…

「吉永淳」改め本名で勝負

「とと姉ちゃん」に再登場 “綾サン”阿部純子の意外な過去

河瀬監督に才能を見いだされた尾野真千子同様、映画やドラマに欠かせない演技派女優になるのでは」と、朝ドラ脇役のネクストブレークのひとりとして注目する。 ちなみに吉永淳時代の憧れの女優は、オノマチだったが、現在は竹内結子。その理由が興味深いところである。来週11日からスタートする7月期の月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)には、桐谷美玲(26)演じる主人公の…

CMでの犬役が話題に

ブレーク夜明け前 あのCM美女の正体

元子役・柳生みゆ 織田裕二ステップに3度目の正直なるか

実はNHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」(11年)では尾野真千子が演じたヒロイン・小原糸子の妹役を好演して、注目された。 「最近注目される“朝ドラ女優”のハシリで、一時はイベントや取材が殺到したのですが、ブームはあまり長続きしませんでした。タレント歴は長く、デビューは8歳の時。TBSドラマ『いのちの現場から6』で子役デビュー。10歳の時には日本・イラン合作映…

振り袖姿の藤田光里

女子プロ「イイ嬢」「ダメ嬢」どっち?

藤田光里(21歳・ツアー1勝)

女優の尾野真千子似の美人プロとしてファン急増中。妹の美里はファッションモデルとして活躍する。帯同キャディーとのトラブルで、何かとお騒がせなプロと見られている。…

山岸や尾野もすごいけど…最強は膳場アナ

過去2回の相手は東大出…“3度目”膳場貴子アナの最強伝説

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】 尾野真千子(33)に山岸舞彩(28)、膳場貴子(40)……とこの1週間立て続けにおめでたいニュースが続いた。 尾野の相手はエグザイルの事務所の専務で渋谷のチーマー全盛時代にブイブイいわせ、山岸の相手は丸井の創業者の孫とはすごいが、膳場も負けてはいない。御年40歳、今年に入って3度目の結婚、妊娠4~5カ月。入籍が先か…

藤田光里

女子プロ辛口ファッションチェック

藤田光里(20歳・ツアー1勝)

女優の尾野真千子似の美人プロとしてファン急増中。妹の美里はファッションモデルとして活躍する。…

大物の予感がする藤野涼子/(C)日刊ゲンダイ

役名でデビュー 「ソロモンの偽証」主演・藤野涼子の将来性

佐々木蔵之介(46)、永作博美(44)、尾野真千子(33)、黒木華(24)といった演技派の先輩らの胸を借りてデビューできるとは、最高に恵まれた環境である。「素朴な普通の中学生が、撮影が進むうちに大人びて顔の輪郭がはっきりとしてきた。みるみるうちに表情が変化していった」とは、母親役の夏川結衣(46)。普段は地元・神奈川の中学校に通う現役中学生である。 これまで出演し…

左から2人目が駿河太郎/(C)日刊ゲンダイ

父親は鶴瓶 映画初主演の駿河太郎に“脱2世”の実力備わる

NHK朝ドラ「カーネーション」(11年)ではオーディションでヒロイン(尾野真千子)の夫役を勝ち取り、ドラマ「半沢直樹」(TBS系)で父親との共演を果たし、話題となった。今年は映画「春を背負って」にも出演して木村組デビュー。11月からは三谷幸喜作品の舞台「吉良ですが、なにか?」での出演が決定するなど、大物監督や脚本家に認められている。 今回の主演抜擢も、宮野ケイジ監…

(左から)二階堂ふみ、黒木華、橋本愛/(C)日刊ゲンダイ

二階堂ふみ、黒木華…映画界は“第2世代”若手女優が花盛り

ここ3、4年では尾野真千子、満島ひかりらがいて、彼女らを第1世代とすれば、昨年から現在にかけては第2世代ともいえる女優が目白押しの状況だ。 トップランナーになりそうなのは二階堂ふみ。少し前にモスクワ国際映画祭で最高賞の金賞と最優秀男優賞を受賞した「私の男」に出演。受賞した浅野忠信と堂々たる愛欲シーンを見せて驚きを与え、映画もヒット中だ。 二階堂は現在19歳。12年に…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事