日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「坂本勇人 賭博」に関する記事

疑惑の目を向けられる巨人ナイン

野球賭博騒動の波紋拡大 他球団で巨人選手に“接触禁止令”

開催地の台湾で巨人の坂本勇人(27)、沢村拓一(27)らがナイトクラブで若い女性をはべらせドンチャン騒ぎ。揚げ句に泥酔したと思われる坂本が路上で酒をまき散らし、空瓶をその場にポイ捨てする一部始終が台湾のメディアに動画つきで報じられた。 巨人を震源地とする野球賭博問題が発覚した直後だっただけに、最初から台湾メディアは巨人選手をマークしていたといわれる。その“とばっちり…

八戸学院光星の仲井監督

八戸学院光星監督 野球賭博問題に「生徒のプロ入り心配」

10年の就任以来、一度も初戦敗退がない仲井宗基監督(45)に東北の野球のレベル、球界を騒がせている野球賭博問題、教え子の坂本勇人(27=巨人)について聞いた。 ――青森も含めて東北全体のレベルは上がりましたか? 「かつて東北といえば、宮城の東北、仙台育英が引っ張っていましたが、他のチームは口では『日本一』や『全国制覇』と言いながら、本気ではなかったと思います。やはり…

台湾誌のエジキに…

台湾誌に“夜の乱痴気騒ぎ”報じられ 巨人坂本は主将剥奪危機

同誌によると、坂本勇人(巨人)、大野雄大(中日)、前田健太(広島)、秋山翔吾(西武)の同い年4選手が、12日のドミニカ共和国戦後、台北市東部の繁華街(通称・東区)にあるナイトクラブで深夜まで痛飲。店内の様子などを動画付きでアップされ、これが台湾で話題になっているのだ。 重圧のかかる外国での代表戦。酒を飲んでストレス発散するのは勝手である。とはいえ、坂本だけは時期が…

坂本勇人はAB型

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿3

夜の街でも“孤軍奮闘” 巨人坂本のモテ秘訣は天才的記憶力

野手で孤軍奮闘してるのは坂本勇人クン(27)。彼は何度週刊誌に撮られても六本木通いをやめないナイスガイ(笑い)。相変わらず高級クラブでモテまくってるわ。モテる秘訣は何といっても記憶力。彼は一度だけで、しかも短時間しか席に着いてないホステスでも、源氏名はもちろん、血液型や出身地なんかを覚えてるの。 ホステスからしたらこんなにうれしいことはないのよ。だって、若くてイケ…

年俸増どころか複数年契約まで

巨人坂本「15%増で2億5000万円」の大甘査定にOBが疑問符

26日、都内で契約更改交渉に臨んだ坂本勇人(26)が、3000万円アップの年俸2億5000万円でサインしたと聞き、「甘い。甘過ぎる」と言うのだ。 主将を任された今季は、左ふくらはぎの故障で約2週間離脱。6年ぶりに全試合出場を逃した。130試合で打率.269、12本塁打、68打点。 「個人的にはふがいないシーズン。打率も本塁打も。もっともっとやらないと」という本人の言…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事