日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大谷翔平 サイン」に関する記事

None

【新春特別号プレゼント】有名人の“お宝グッズ”が当たる!

【お年玉プレゼント】 (1)ロッテ・角中勝也 サイン入り練習用バッドを1人に (2)ロッテ・岡田幸文 サイン入りホーム用リストバンドを1人に (3)長野久義(巨人)サイン入り試合用バットを1人に (4)西武・栗山巧 サイン入りバッティンググローブを1人に (5)レッドソックス・田沢純一 MLB公式球サインボール (6)野球評論家・権藤博 中日コーチ時代のグラウンド…

ポスティングの“許可”も出てホクホク

高卒5年目で年俸2.7億円 ハム大谷翔平「稼ぎと使い道」

5日、日本ハムの大谷翔平(22)が、札幌の球団事務所で契約を更改。年俸2億円から7000万円アップとなる2億7000万円に一発サインをした。 さらに球団からは来オフ以降のポスティングでのメジャー移籍も容認という、うれしいオマケ付き。大谷は満面の笑みで、 「正式に自分の意思を尊重させてもらえるという形になった」 と近い将来のメジャー挑戦に目を輝かせた。 高卒5年目の選…

None

筒香に伸びるドジャースの魔の手

ドジャースといえば、ディーブル極東担当スカウトが昨年のメキシコ、オランダとの強化試合の際に、東京ドームのグラウンドで、主砲のゴンザレスを介して大谷翔平(日本ハム)にドジャースのグッズを詰め込んだバッグをプレゼント。「タンパリング(事前接触)ではないか」と波紋を呼んだのは記憶に新しい。 同スカウトは豪州代表監督として、日本と1次ラウンドで対戦。八回に2ランを浴びた筒…

None

●WBCネット裏のメジャースカウトが付けた 日本人3投手の値段

菅野智之(巨人) 制球とクレバーさは黒田並み 7年100億円

「日本では大谷翔平(日本ハム)に次ぐレベルの先発投手であることは間違いない」 ア・リーグ球団のスカウト幹部がこう言った。鋭い視線の先には侍ジャパンのエースがいた。8日のオーストラリア戦でのことだ。そのスカウト幹部が言う。 「ただし課題はある。まず、スプリット、チェンジアップというタテに落ちて打者のタイミングを外す球の精度を上げること。右打者の内角を攻めるワンシームも…

中日ビシエドを三振に仕留め雄叫び

“二刀流”進化で大幅増確実 ハム大谷「来季年俸」いくら?

19日の中日戦に「5番投手」として先発した日本ハムの大谷翔平(21)。投げては8回2安打無失点、今季最多の12奪三振と好投すれば、打っては2打数1安打。四球で出塁した六回にはレアードの左翼線二塁打で一塁から激走し、先制のホームを踏んだ。 「今日は長い回を投げたかったので、(力を)抜きながら投げました」とは試合後の大谷だ。 これで6勝4敗、防御率2.21。打者として…

日本にはライバルはいない?

高卒4年目で2億円到達 ハム大谷「メジャー挑戦」は3年後

4日に契約更改を行い、1億円からの倍増となる年俸2億円にサインをした大谷翔平(21)。高卒4年目で2億円到達は、球団OBのダルビッシュ(現レンジャーズ)と並ぶ球界最速タイのペースだ。 会見では笑顔を見せながらも、そこは根がマジメな大谷。「CSで悔しい終わり方をしていますからね。満足はしていない」と、表情を引き締めた。 球界では異例となる「二刀流」をこなしながら、年俸…

両リーグ10勝一番乗りの大谷

権藤氏は「エース脳」と分析 日ハム大谷が持つ思考回路の中身

投手と打者の二刀流で才能を発揮する日本ハムの大谷翔平(21)だが、彼の本質は「投手人間」なのだと思う。そう感じたのは、両リーグ一番乗りの10勝目を挙げた10日の西武戦後のコメントだ。 「最初は送らせようと決めていたけど、予想以上に打球が強かったので。野手をやっていてよかったです」 そう振り返ったのが、0-0で迎えた八回の無死一塁の場面。打席に新安打製造機の秋山を迎え…

女子高生たちと記念撮影/(C)日刊ゲンダイ

柵越え9本に周囲ア然 日ハム大谷「本塁打20本」への本気度

日本ハムの大谷翔平(20)が4日、フリー打撃で快音を連発した。助っ人外国人どころか、メジャーリーガーを彷彿させる打球だった。 約50スイング中、柵越えは9本。バックスクリーンの、それもスコアボードを直撃する当たりには、報道陣はおろか選手も言葉を失っていた。練習を終えた選手が次々に宿舎に引き揚げる中、ひとりだけ午後6時近くまで球場に残って、ウエートトレーニング。その後…

None

倍増契約は“話題料” 日ハム大谷は「1・2刀流」査定に泣く

3日、契約更改に臨んだ二刀流ルーキーの大谷翔平(19)が倍増の3000万円でサインしたのは、一にも二にも話題性が評価されたからだ。 打者として77試合に出場して2割3分8厘、3本塁打、20打点。投手としては13試合で3勝0敗、防御率4.23。野手と投手、両方の成績が評価の対象になったのは分かるとしても、残した数字はどちらも中途半端だった。 栗山監督は来季はDHで使…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事