日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「北島三郎 コンサート」に関する記事

博多座での公演は気合で乗り切った

博多座は車椅子で…北島三郎「入院」で公演延期の舞台裏

演歌歌手の北島三郎(79)が、頸椎症性脊髄症の入院治療のため23日に盛岡市の岩手県民会館で予定していたコンサート「芸道五十五周年 北島三郎コンサート ~ありがとう~ 盛岡公演」を延期することになった。主催する岩手日報社が14日、発表した。 北島は8月下旬に自宅で転倒してしまい、病院で頸椎症性脊髄症と診断。現在は都内の病院に入院中だが、今月8日から11日まで福岡・博…

「紅白出場」は昨年引退/(C)日刊ゲンダイ

“右腕”の逝去で大揺れ…北島三郎「演歌王国」崩壊の足音

御大、北島三郎(77)の実弟で北島音楽事務所の常務取締役・大野拓克さんが20日、肝臓がんのため都内の病院で死去。享年67。大野さんは7人兄弟の長男である北島の一番下の弟で、長年、右腕として北島の劇場公演やコンサートなど営業面の実務を担当してきた。 「風貌は御大そっくり。影武者なんてあだ名もありました。所属歌手やスタッフも、御大や御大の妻で前社長の雅子夫人には直接言…

None

紅白引退の“御大”に意外な過去…北島三郎は漫才師だった!

春は京都で熱唱

【有馬記念】キタサンまつりで好配当ゲット

キタサンブラックが菊花賞を制する前、オーナーの北島三郎氏(名義は有限会社大野商事)が「勝ったら“まつり”を歌う」と公約。見事に初のクラシック制覇を果たし、北村宏司の勝利ジョッキーインタビューは途中からサブちゃんコンサートに変わっていた。 昨年の有馬記念は③着だったが、ゴールドシップの引退式が、やはり終盤には“まつり”の大合唱になった。 今年はキタサンブラックがGⅠ…

大江裕(左)が“お姉ちゃん”と慕うはるな愛

疑惑の大江裕 はるな愛から「オネエ度200%」認定に大慌て

今回の曲は、師匠の北島三郎(80)が作詞作曲した股旅もの。北島が1カ月公演で愛用した三度笠と合羽(かっぱ)を身に着け、新曲を披露した。 応援隊長は、大江が“お姉ちゃん”と慕う、はるな愛。大江のオネエ疑惑に斬り込み、オネエ度200%と認定するなど、笑いの絶えない会となった。 体調が心配される北島については、「昨日も北島ファミリーコンサートで高知で一緒でした。一緒に中…

大江裕さん

愉快な“病人”たち

歌手・大江裕さん 「パニック障害」克服までを語る

それが18歳で憧れの北島三郎さんの事務所に入り、すぐデビューですから、毎日仕事がうれしくて。キャンペーンで全国を飛び回り、1日3回公演なんてザラ。公演のない日は事務所に行って、サイン色紙を2000枚書く。これほど楽しい仕事はないと思っていました。 それが、デビューして約2年、僕のことを「のろま大将」と呼んでいただけるようになった21歳の時です。祖父の地元、鹿児島・肝…

熟年女性たちをメロメロに

紅白初出場の山内恵介 人気の秘密は意外性とサービス精神

卒業した北島三郎の後釜を狙って熾烈なデッドヒートを繰り広げ、けん玉演歌の三山ひろしとイケメン演歌の山内が滑り込んだ」(音楽関係者) 1983年5月生まれ。3人兄弟の末っ子。美空ひばりファンの母親からひばり演歌を聞かされて育った。5歳の頃、ちゃぶ台に乗ってひばりの「みだれ髪」を歌い、 大受けしたことも。高1の時のカラオケ大会で優勝、審査員を務めた作曲家の水森英夫氏にス…

けん玉演歌で熟女ファンも熱狂

「けん玉演歌」三山ひろし レコ大&紅白に“当確ランプ”点灯か

紅白といえば、演歌界の大御所、北島三郎(78)が13年を最後に引退。ポッカリ空いた“サブちゃん枠”をめぐって若手演歌歌手が争奪戦を展開中。現在は、福田こうへい(38)、イケメン演歌歌手の山内恵介(32)、三山の“三つ巴”といわれているが、ここにきて「三山優勢」という情報が流れている。 「日本けん玉協会会員という異色の経歴に加え、けん玉が海外の若者にも人気というのも…

None

紅白初出場 当確は「サブちゃん推し」福田こうへい

「年初の『NHK歌謡コンサート』で共演した北島三郎が“日本歌謡界の宝になる”と称賛したのは有名な話。サブちゃんの後押しも大きい」(芸能プロ関係者)という。 <大穴「自衛隊の歌姫」> かたや紅組で初出場が噂されているのが、海上自衛隊東京音楽隊所属の三宅由佳莉(26)だ。 「自衛隊初のCDデビューを果たし、“自衛隊の歌姫”として注目を浴びた彼女です。空自の広報室を舞台…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事