日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鈴木宗男 ロシア」に関する記事

None

安倍外交破綻 米ロ関係悪化で訪ロ中止か

同日会った鈴木宗男元衆院議員に対しても、「(プーチンとの)信頼関係の構築がまず一番だ」と訪ロに並々ならぬ意欲を見せていた。 3日にロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄でテロ事件が起きた際には、プーチンと電話会談し、「プーチン大統領、ロシア国民と日本は共にある」と連帯を表明。首脳会談を控え、異例の手厚い言葉までかけていた。 ところが、それから1週間も経たないうちに、ト…

None

対ロ関係が急速に悪化…北方四島の「ビザなし交流」突然中止

「ビザなし交流」に参加する予定だった新党大地の鈴木宗男代表はこう言う。 「アメリカの価値観で動いていた小泉純一郎元首相の外交に似ています。ロシアとしては、北方領土問題も承知しているし、解決したいと思っている。それを止めているのは日本だというメッセージでしょう。安倍首相のウクライナ訪問も、まったく戦略が見えません。ロシアとの関係改善を望むなら、オバマ大統領との会談で…

単なる激励会に首相が出席

北方領土“前のめり” 鈴木宗男と安倍首相の危ういタッグ

「鈴木さんの豊富な経験に期待したい」 27日夜、新党大地・鈴木宗男代表(68)と娘の貴子衆院議員(30)を「叱咤激励する会」が都内で開かれた。そこにサプライズで登場し、冒頭の言葉を送ったのが安倍首相だった。 いまの安倍首相にとって12月のプーチン訪日は最大のイベント。「ロシア通」の宗男氏のパーティーだけに、臨時国会中にわざわざ顔を出す異例の特別扱いは、安倍首相が北方…

日ロ首脳会談のときの安倍首相とプーチンロシア大統領、左は新党大地の鈴木宗男代表

宗男氏が官邸訪問の意味深…浮上する11月“北方領土”解散

ロシア通で知られる新党大地の鈴木宗男代表(68=顔写真)は昨年末以降、安倍首相に急接近。24日にも官邸を訪問、安倍首相と面談した内容を、自身のブログでこう振り返っている。 〈日露首脳会談での新たなアプローチについてお話を伺い、私から21、22日北方四島色丹島をビザなし訪問で訪れ(た際の)、島民の皆さんの受け止め、認識を説明した〉 以前から北方領土問題に取り組み、現在…

「修羅場の極意」佐藤優著

氏が国内で経験した最大の修羅場は、鈴木宗男事件に巻き込まれ、激しいバッシングを受け、拘置所生活を送ったときだという。そのときにキリストの知恵が修羅場から抜け出すのに役立つことを再発見したという。「敵を愛せ」というイエスの言葉を読み解き、「敵を愛するという気構えを持つことによって、戦いを有利に進めることができる」と説く。その他、マキャベリの「君主論」や、ロシア文学者…

None

「別班」の違法行為隠蔽 秘密保護法で陸自が暴走する

新党大地の鈴木宗男代表の長女でもある。 先月27日、共同通信が、陸上自衛隊の秘密情報部隊「陸上幕僚監部運用支援・情報部別班」(別班)の存在を報じた。それによると、冷戦時代から首相や防衛担当大臣に知らせず、独断でロシアや中国、韓国、東欧に拠点を設け、身分を偽装した自衛官に情報活動させてきたという。陸上幕僚長経験者や防衛省情報本部長経験者ら複数の関係者が証言したというか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事