日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「柳田悠岐 成績」に関する記事

いつ海を渡るのか

3倍増更改のSB柳田 米で日本人野手の“悪評”覆す可能性

「最大限の評価をいただき、すぐに(ハンコを)押しました」 ソフトバンクの柳田悠岐(27)はハイテンションでこう言った。 25日、契約更改で9000万円から3倍増の2億7000万円でサイン。今季、打率.363、34本塁打、99打点、32盗塁の成績で「トリプルスリー」を達成し、首位打者にMVPも獲得した柳田は「やったらやっただけ評価してもらえる」と、来季は4番に座る可能…

新旧背番号「1」の共演

2.2億円更改も ヤクルトにのしかかる「山田の年俸問題」

同じく「トリプルスリー」を達成したソフトバンクの柳田悠岐(27)が今季9000万円から3倍増になるという報道があった中、下交渉では複数年契約を提示されるも希望額に届かず、「ショックです」と吐露した。難航も予想されたが、ヤクルトによる「年俸上積み」「背番号『1』の継承」「青木サプライズ」という三段構えが奏功したようだ。 もっとも、ヤクルトにとって山田の年俸は来年以降…

貢献度は同等だが…

MVPの柳田と山田 年俸めぐりトリプルスリーの駆け引き熾烈

25日、「NPBアワード」が開かれ、今季のMVPにセがヤクルトの山田哲人(23)、パはソフトバンクの柳田悠岐(27)がともに初選出された。 今季、2人は揃って3割、30本、30盗塁のトリプルスリーを達成。山田は1位票262票(満票270)、柳田は211票(満票230)を獲得し、ほぼ満場一致での受賞だった。山田が「むちゃくちゃうれしい。チームは優勝し、個人としてもい…

1000万円ダウンでハンコを押したソフトバンク柳田

燕山田と9千万円差 SB柳田は“短気”もたたりマイナス査定

21日に契約更改を行ったソフトバンクの柳田悠岐(28)。1000万円ダウンの年俸2億6000万円に、「もっと下がると思っていた」と納得してハンコを押した。 今季は打率.306、18本塁打、73打点。決して悪い数字ではなく、2年連続リーグ最高出塁率(.446)のタイトルも獲得した。が、さすがに昨季のトリプルスリーと比べたら見劣りするのは事実。9月に右手薬指を骨折し、…

自主トレは順調なヤクルト山田哲人

連続トリプル3狙うヤクルト山田 達成でも広がる柳田との差

まずはソフトバンクの柳田悠岐(27)。グアムで同僚の松田らと自主トレを行い、「グアムは暖かい。肘の状態もいい」と、昨年11月に行った右肘の手術のリバビリは順調に進んでいる様子。今季は40本塁打、40盗塁の「40-40」というさらなる高みを目指している。 ヤクルトの山田哲人(23)は松山市内で同じく同僚の川端らと汗を流した。こちらは2年連続のトリプルスリーを目標に掲…

「ちょっとショック」と語った山田

年俸下交渉決裂で「ショック」発言の山田に燕ファン心境複雑

しかも厄介なのは今季、ソフトバンクの柳田悠岐(27)が同じくトリプルスリーを達成していることだ。こちらは「今季年俸9000万円から3倍増の2億7000万円は堅い」という報道もある。世間はどうしたって山田と柳田の昇給額を比較する。ここで出し渋れば、球団のイメージダウンになりかねない。 ヤクルトファンの作家・吉川潮氏はあえて、「山田よ、ここは泣いてくれ、というのがヤク…

五回、30盗塁目となるスチールに成功した柳田

トリプル3当確でMVPも SB柳田の来季年俸どこまで上がる

「これだけの個人成績を残してチームも日本一連覇なら、とんでもない額に跳ね上がるはずです」 ソフトバンク関係者が柳田悠岐(26)の来季年俸についてこう言った。 15日のオリックス戦、柳田は五回1死から右前打で出塁すると、直後に二盗に成功。これで盗塁数が「30」となり、打率.369、32本、30盗塁で「トリプルスリー」が当確に。さらに、首位打者のタイトルも西武・秋山(打…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事