日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

白井文吾特集

白井オーナーは契約通りであることを強調したが…

落合GM“解任”の内幕 クビの決め手は中日ファンの脅迫電話

「もう置いてはおけないだろう」 谷繁監督が途中休養となり、次期監督問題が浮上した夏場、白井文吾オーナー(88)は落合GMの去就について、こう漏らしたという。 8月にチームは最下位に転落、球団史上初となる4年連続Bクラスが濃厚となった。落合GMは白井オーナーと相談した末、谷繁監督を途中休養させた。編成トップの落合GMは休養会見を球団社長らに丸投げし、自らは言葉を発し…

最有力候補の小笠原二軍監督(左)と落合GM

ウルトラCはあの大物…中日・次期監督選びに浮上する名前

落合博満GM(62)の責任を問う声がファンのみならず、親会社内にも飛び交う中、白井文吾オーナー(88)と落合GMによる後任監督選びがひそやかに進められている。 白井オーナーは12日に行われたオーナー会議後、次期監督について「進んでない。全く話が出ていない。ペナントレースが終わってからになる」と、報道陣をけむに巻いた。加えて、「黙して語らず」の状態が続く落合GMが人選…

1位有力候補の高橋純平(左)と落合GM

落合GM続投で県岐阜商・高橋純平「中日入り消滅」の怪情報

22日、中日新聞社の定時株主総会が行われ、白井文吾会長(87)の続投が決定した。同会長が引き続き中日ドラゴンズのオーナーに就くことで「強力な後ろ盾のいる落合GMが来季も続投することが決まった」というのだ。 「これが大きく影響しそうなのが、スカウト戦略だ。落合GMは昨年ドラフトで大学・社会人ばかり9人を指名。高校生は育成選手のみだった。新人に関しては監督時代から即戦…

激務に追われて…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

中日・谷繁元信 「兼任監督」はセ弱の象徴

一部報道によると、谷繁監督は中日の白井文吾オーナー(87)の希望だったという。しかし、当の谷繁は野村克也が保持する最多出場試合記録(3017試合)を更新するまでは現役続行の意向だったため、落合博満GMの立ち回りで兼任監督という折衷案に落ち着いたとか。これが事実なら、チーム強化よりも権力を有する長老の都合を優先したことになる。それもまた、古き悪しき前時代の球界みたい…

今年は結果が求められる落合GM/(C)日刊ゲンダイ

中日・落合GM「就任2年目」 チームの随所に“オレ流構想”

1月5日の球団年賀式で落合GMの“後ろ盾”である白井文吾オーナー(86)は、「今年のドラゴンズはいつもと違う。負けるわけにはいかない。その準備は万端、整っている」と、ゲキを飛ばした。GMの契約年数は明確に決められていないともいわれるが、就任2年目を迎えて昨季以上の結果を残せなければ、オレ流構想は捕らぬタヌキのなんとやら。長期政権どころか、最後の悪あがきになりかねな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事