日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

植木等特集

子供たちに大人気だった

あの人は今こうしている

“正義の味方”の苦労も 沖田さとしさん語るダイナマン秘話

黒沢年男、名高達郎、植木等らが出演したハードボイルドドラマ「ザ・ハングマンⅡ」(テレビ朝日系)の主要メンバー「ヨガ」に抜擢されたこと。 「ヨガはセリフがほとんどなく、表情やしぐさで各シーンや心理描写を表すことが求められました。これがノンバーバル・コミュニケーションの基礎になったといえます」 この役の存在感が認められ、翌83年に「科学戦隊ダイナマン」の主人公、ダイナレ…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

胃が痛むサラリーマン必読 人生が変わる「てきとうな生き方」

あんなふうに生きられたらどんなに愉快か――植木等演じる平均が主人公の映画「無責任シリーズ」は実に痛快だった。「♪人生に大事なことはタイミングにC調に無責任」(無責任一代男)を地で行き、トントン拍子に出世する夢物語だ。さすがに「無責任」はちょっと無理だが、「てきとう」ぐらいだったら、今でも通用しないか。 「仕事を無責任にこなしたり、新入社員がいきなり社長になったり………

高田純次みたいになれれば…(C)日刊ゲンダイ

残業代ゼロを逆手に…お気楽「5時から男」復活の期待も

無責任男の植木等、5時から男の高田純次みたいな人なら、同僚も仕方ないと思ってくれる。そもそも法律が〈早く帰っていい〉と守ってくれているのです」(前出の社労士) 上位層になるのが無理な人は、割り切ってテキトー層へシフトすること。そんなお気楽サラリーマンしか、この危機は乗り切れない。…

なべおさみさん

私の秘蔵写真

なべおさみが述懐「植木等は無責任じゃなくてクソ真面目」

奥で水原さんにズボンをはかせているのが僕で、手前で寝そべっているのが植木等さん。たぶん昭和36年ごろ、僕は22歳、植木さんは35歳くらいだね。植木さんは『無責任男』でブレークする直前。クレージーキャッツもまだまだ全国区というほどではなかったし、自分が撮られているなんて思っていないからリラックスした表情で写っている。珍しい写真ですね」 クレージーキャッツのメンバーは7…

海外では手品を披露するという荒俣さん

喜怒哀楽のサラリーマン時代

荒俣宏さん海外クレームを解決した“昆虫博士”の手腕

■一芸を身につける必要性 植木等さんが歌ったように「サラリーマンは気楽な稼業」そのもので、若いころは貯金したことがありません。給料日前はいつもスッカラカン。きちんと貯金している今の若者から見れば、無駄遣いに見えるでしょうが、こちらにしてみれば自分への投資のつもりでした。会社の外と関わりを持ったり、外に飛び出したりしたときに、その投資が役に立ちました。 今の若い人に…

植木等との共演で緊張

小日向文世「秀吉から総理大臣へ」

“偉い人”演じる機会増も恋愛の役が来なくて寂しい

十数年前に大先輩の植木等さん(写真)と共演して、とても緊張したことをよく覚えています。若い俳優さんたちに、そんなふうに緊張させたくないという気持ちが、無意識に働いているのかもしれませんね。 明日から始まる「グ・ラ・メ!」では共演する剛力彩芽さんにも無邪気に聞いちゃうと思います。だからもしかしたら近いうち、剛力さんからプライベートな話を聞き出しているかもしれませんが、…

植木等との共演で緊張

小日向文世「秀吉から総理大臣へ」

“偉い人”演じる機会増も恋愛の役が来なくて寂しい

十数年前に大先輩の植木等さん(写真)と共演して、とても緊張したことをよく覚えています。若い俳優さんたちに、そんなふうに緊張させたくないという気持ちが、無意識に働いているのかもしれませんね。 明日から始まる「グ・ラ・メ!」では共演する剛力彩芽さんにも無邪気に聞いちゃうと思います。だからもしかしたら近いうち、剛力さんからプライベートな話を聞き出しているかもしれませんが、…

None

スクープドッグ咆哮記「三軒茶屋駅暴行殺害事件」編

「つらかったのは75歳になる母親に伝えることでした」

明るい男で、酒を飲む時も植木等のスーダラ節を歌って笑わせるような、陽気な酔い方だった。職場の同僚や友人もおっしゃってくれてますが、酔って人にからんだりとか、不始末をしでかしたりとか、酒の上で人さまに迷惑をかけたことはありません。今回、弟が酔っていたせいだという意見もあると思いますが、自分から原因をつくったとは考えにくい。むしろ酒の上でも道徳に反することは黙って見過…

「アパートの鍵貸します」 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

観ずに死ねるか

アパートの鍵貸します(1960年 ビリー・ワイルダー監督)

上司や重役に協力してとんとん拍子に出世する映画といえば、日本では1960年代にヒットした植木等の「日本一」シリーズが有名だ。松田優作主演の「蘇える金狼」(79年)も似たような展開だった。 この「アパートの鍵貸します」は、大手保険会社の平社員バド(ジャック・レモン)が幹部たちに自分のアパートを時間貸しするコメディー。幹部連中はOLとの浮気密会に使っている。バドは金銭的…

なべおさみさん

私の秘蔵写真

なべおさみが述懐「植木等は無責任じゃなくてクソ真面目」

奥で水原さんにズボンをはかせているのが僕で、手前で寝そべっているのが植木等さん。たぶん昭和36年ごろ、僕は22歳、植木さんは35歳くらいだね。植木さんは『無責任男』でブレークする直前。クレージーキャッツもまだまだ全国区というほどではなかったし、自分が撮られているなんて思っていないからリラックスした表情で写っている。珍しい写真ですね」 クレージーキャッツのメンバーは7…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事