日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内野聖陽 映画」に関する記事

東映にとっては失敗の許されない作品

実写映画大コケ続き 東映が大作「海難1890」で臨む“背水の陣”

主演の内野聖陽(46)は、「映像記録として残していく宿命。次世代に誇れる作品を作りたかった」「田中監督からのオファーに二つ返事でお受けした」と熱い思いを口にした。 夏休みもまだだというのに、これだけ大々的に正月映画の宣伝を打つのには理由がある。東映にとって決して失敗の許されない作品だからだ。というのも、最近は同社配給の実写映画の興行成績がまるでパッとしない。中でもイ…

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

「スター・ウォーズ」旋風仕掛けるディズニーのアノ手この手

客層は異なるものの、日米“妖怪ムービー”対決も注目です」(前出の大高氏) 邦画メジャー3社が威信をかける実写作品は、唐沢寿明主演「杉原千畝」(東宝)、内野聖陽主演「海難1890」(東映)、吉永小百合主演「母と暮せば」(松竹)。吹き荒れる「スター・ウォーズ」旋風の中、どれくらい意地を見せるか。 作品の内容もさることながら、例年以上に見どころの多い年末年始になりそうだ。…

 映画「海難1890」のワンシーン

映画「海難1890」から95年後 トルコと日本の“友好”逸話

日本人は内野聖陽や忽那汐里が演じている。トルコとロシアの関係が泥沼化しているが、オスマン帝国時代からの日本とトルコの関係を知るには、もってこいの映画である。…

内野聖陽の娘を演じた吉田美佳子

映画「罪の余白」で話題の現役高校生 吉田美佳子インタビュー

今作で主演の内野聖陽の娘を演じたのが吉田美佳子、16歳。都立の高校に通う現役女子高生は、メディアに登場した経験はほぼゼロ。「取材って初めてかもしれません」とはにかんだ。 オーディション自体は今回(「罪の余白」)で2回目でした。合格と聞いた瞬間は友達と「サーティワン」でアイスを食べてて、「やったー!」って叫べなかったんです(笑い)。1カ月間リハーサルがあって、内野(聖…

CMディレクター役の内野聖陽

舞台演出に新たな可能性を

稽古を通じて“同志”になった 俳優・内野聖陽への信頼

酒とギャンブルに明け暮れる無頼派のCMディレクター役は内野聖陽さんに決めました。内野さんは、デビュー作・森田芳光監督「ハル」の青年役から、テレビドラマ「JIN~仁」の坂本龍馬役まで、演技の幅がすごいな、と。95年湯布院映画祭で見た「ハル」はみずみずしく、さらに「JIN~仁」での龍馬は豪放磊落で、内野さんにはもっともっと可能性が潜んでいる、と思いました。 ■俳優と演…

今年は時代劇への出演が続く

ドラマ彩る 大河「真田丸」の女たち

竹内結子演じる茶々 他人蹴落とした天下人最愛のセレブマダム

そこで徳川家康(内野聖陽)が狙いをつけた豊臣のウイークポイントが茶々だった。家康は城の外から夜な夜な自軍に大声をあげさせ、大砲を撃ち込んだ。6歳の時、城攻めで父を亡くした茶々のトラウマは根深い。結局、茶々と秀頼は和睦を受け入れ、大事な濠も埋められ、真田丸も取り壊されて、豊臣家滅亡へまっしぐら……。 茶々は、自軍の士気を高めるため、大将である秀頼さま出陣を、と要請され…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事