日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

原口元気に関する記事

None

決戦間近! 代表欧州組をズバリ直撃

原口元気

(この項おわり)…

None

王様・本田外しのXデー

昨年11月のサウジアラビア戦から3試合連続でW杯最終予選の先発から外したハリルは、本田を代表から放逐するタイミングを《W杯最終予選終了時》と考えており、W杯最終予選の最終試合となる9月の敵地でのサウジアラビア戦が代表ユニホーム姿の見納めとなりそうです」 本田は後半21分、攻撃的な左サイドでスタメン出場したヘルタFW原口元気(25)に代わって登場したが、マイボールを簡…

先制点はFW久保

UAE戦で結論 ハリル日本は“本田外し”が世代交代の最善手

左サイドで攻守にハードワークした25歳FW原口元気といった若手、中堅選手たちが奮闘したことでハリル日本代表を“勝てるチーム”に引き上げてくれた。たとえば昨年11月のサウジ戦に続いて2試合連続ベンチスタートとなった本田が、UAE戦の前に『新しい戦力が出て来ることを期待している』といった趣旨の発言をしていたが、それが現実味を帯びてきたことをヒシヒシと実感しているでしょう…

去就はドイツでも注目されている

異端のFW 原口元気のルーツ

「『日本一? 世界一と言え』と元気に言いました」

原口元気の去就問題はドイツでも話題になっている。サッカー専門紙「キッカー」は、所属するヘルタ・ベルリンのプレーツSD(スポーツディレクター)の「我々はゲンキと契約延長の話を進めている」というコメントを紹介。クラブ側は18年夏までの現契約をさらに伸ばすことを希望している。原口本人から「(クラブからは)再契約しろと言われています」と聞かされたサッカージャーナリストの元川…

練習場でヘルタのユニホームを持つ原口

日本代表欧州組 胸中ズバリ! 直撃

原口元気「ドイツに来て人間的にもサッカー観も変わりました」

15年6月、約2年ぶりに日本代表に戻ってきたFW原口元気は、同月11日のイラク戦で代表初ゴールを決め、ハリルホジッチ監督の期待に応えた。11月のシンガポール、カンボジアとのW杯アウェー2連戦にも帯同。シンガポール戦では後半、MF本田に代わってピッチに登場した。試合後に「流れが停滞していたので積極的に行こうと思っていました」と話した原口。「常に意識していることは?」と…

父の一さんと母の玲子さん

異端のFW 原口元気のルーツ

「抜けたところのある元気はサッカーを離れるとダメ」

原口元気にとって「結婚」は、重要なターニングポイントとなった。ヘルタ移籍から丸1年が経過した2015年8月。5歳年上のフリーアナウンサー、香屋ルリコさんとの入籍を発表。生活面で落ち着いたのが、大きなプラスになったようだ。浦和時代から原口取材を続けるサッカージャーナリストの元川悦子氏が、犬好きの原口の素顔などを連載第4弾でお届けする。 「ドイツに来て1年が経ち、こっち…

トレーニング中の原口

異端のFW 原口元気のルーツ

父が驚いた息子の変貌

ドイツに渡った原口元気は、サッカーに対する取り組みが激変した。14年夏に移籍して「翌年2月までヘルタはルフカイ監督が率いていたんですけど、ほとんど試合に出られなかった」と話していたが、精神的に落ち込むこともなく、毎日を前向きに過ごした。原口の父・一さんが「ドイツで戦うためのフィジカル強化」のためにどんなサポートをしたのか、親交のあるサッカージャーナリスト、元川悦子氏…

バーモントカップ決勝(兵庫FC戦)で6ゴールを決めた

異端のFW 原口元気のルーツ

父と恩師「エゴイスト的負けじ魂を好意的に見ていた」

原口元気は1991年5月9日に父・一さん、母・玲子さん夫妻の次男として誕生した。父は会社経営の傍ら大学で教壇に立ち、母は獣医。4つ上の兄・嵩玄さんは海上自衛隊のパイロット、3つ下の妹・野恵瑠さんは獣医大生というファミリーで伸び伸びと育った。ドイツで直撃取材を行ったサッカージャーナリスト、元川悦子氏がファミリーの言葉を通して原口の「成長のカギ」を探る。 「サッカー好き…

FW大迫は1トップでも機能した

ズバッと言わせてもらう!

代表新戦力や若手は今後もベテランをガンガン突き上げて

代表20試合以下のFW大迫勇也(26)、FW原口元気(25)ら新戦力。そして24歳の小林祐希、22歳のFW久保裕也、FW浅野拓磨、20歳のMF井手口陽介ら若手組である。 南アW杯の後から代表常連となったMF香川真司(27)、本田と岡崎がサウジ戦のスタメンから外れた。3人とも後半にピッチに登場したが、世代交代の波が押し寄せていることを印象付けた。 このままベテランを見…

川崎をJ有力クラブに育てた

日本代表監督ハリルホジッチの命運

東京五輪監督に風間八宏氏が浮上しナーバスに

試合日程の関係で帰国が遅れているミランFW本田圭佑(30)、インテルDF長友佑都(30)ら以外の代表12人は午後5時からJ1鹿島のグラウンドでミニゲームなどの練習メニューをこなし、この日帰国したヘルタFW原口元気(25)ら欧州組3人は別メニューで調整した。 国内で報じられているサッカー情報を通訳を通して入手しているハリルホジッチ監督は、風間監督の川崎監督退任を聞いて…

オーストラリア戦でPKを献上した原口を慰める

ズバッと言わせてもらう!

「本田1トップ」がサプライズ? ハリル監督には芸がない

W杯予選で3試合連続ゴールのFW原口元気は「伸びしろ」を感じさせる。アドバイスさせていただくとしたら、DFとの駆け引きを覚えて欲しい。 スピードもあるし、突破力もある。6日のイラク戦のように右足ヒールでのシュートは点取り屋らしいアイデアが詰まっていたし、オーストラリア戦のシュートはストライカーならではの冷静さが伝わってきた。あとはDFの予測を裏切るような動きとか、…

苦肉の策…結果はどう出るか?

苦戦必至の豪州戦 ハリル苦肉の策“本田1トップ”は正解か

現時点で攻撃系選手は1トップに本田を、トップ下にMF清武弘嗣(26=セビリア)を置き、右FWにスピーディーな突破力が魅力のFW浅野拓磨(21=シュツットガルト)、左FWに好調キープのFW原口元気(25=ヘルタ)を配するのがベストの布陣と思います」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏) 難敵相手にハリルホジッチ監督は本田をどう使いこなすか――。…

今季セリエA3戦目で初プレー

伊メディア提案 「本田ボランチ」は日本代表でこそ生きる

「日本代表にはW杯最終予選メンバーに選ばれたFW原口元気(25)、FW武藤嘉紀(24)、FW宇佐美貴史(24)、FW小林悠(28)などチャンスメークし、シュートに絡める選手が多い。だからといって本田をベンチに下げるのは得策ではない。本田のメンタルの強さ、勝負強さ、試合の流れを読む力などはまだまだ必要です。ボランチでテストしてみる価値は十分にあると思います」 ハリル…

タイ戦で左SB酒井高の評価は高かった

タイ現地記者を直撃 「日本代表は決定力に問題がある」

ロシアW杯最終予選初戦のUAE戦(1日=埼スタ)を落とした日本代表は、背水の陣でタイ戦(6日・バンコク)に挑み、FW原口元気(ヘルタ)とFW浅野拓磨(シュツットガルト)の新戦力のゴールによって何とか1勝をもぎ取ることができた。だが、エース格のFW本田圭佑(ミラン)、MF香川真司(ドルトムント)が決定機を外し、消化不良感が残ったのも事実である。タイ戦を現地取材したサッ…

今後の去就は…

協会の思惑も後押し “ハリル解任論”タイ戦勝利でも消えず

日本はFWの原口元気(25=ヘルタ)が前半18分に先制点、後半30分にFW浅野拓磨(21=シュツットガルト)が貴重な追加点を奪うと、タイのシュートをわずか1本に封じ込め、順当勝ちで勝ち点3をゲットした。 「タイは下馬評よりも弱かった。タイのメッシと呼ばれるドリブラーのMFチャナティップ、スペイン1部でプレー経験のあるFWティーラシンは個人で局面を打開できず、かといっ…

ハリルホジッチ采配には疑問の声

日本いきなり剣が峰 UAE戦黒星でもハリル監督でいいのか

30分には大島に代えてFW原口元気(25=ベルリン)をピッチに送り込んだ。その3分後、浅野の左足シュートを相手GKが左手でかき出したが、再生映像ではゴールラインを割っていたように映し出された。しかし、カタール人主審の判定はノーゴール。 日本はシュートを22本(UAEは9本)放ちながら1点どまり。大事な最終予選初戦を勝ち点0という無残な結果に終わった。 ■4日と2カ月…

監督のお気に入りの清武(左は宇佐美)

ハリル監督が高評価…清武が香川の「背番号10」奪うのか

ロシアW杯最終予選初戦UAE戦(9月1日=埼スタ)、2戦目タイ戦(6日=バンコク)に向けて合宿中の日本代表に、ドイツのFW原口元気(25)と今季からスペインに移籍したMF清武弘嗣(26)が、30日に合流した。 「この日の練習公開は冒頭の30分だけ。非公開の後、サブグラウンドで行われていたGK練習がたまたま目に入ったが、そこで原口が別メニュー調整を行っていた。清武は…

岡崎がヘッドで先制点

本田のいない日本代表はすぐ “後釜”に求められる素質とは

あとはこの日の交代出場組のFW宇佐美貴史(G大阪)、FW金崎夢生(鹿島)、FW浅野拓磨(広島)、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)の攻撃陣たちが、さらにレベルアップすることでチーム全体の攻撃力の底上げを果たしていきたい」 試合後、ハリルホジッチ監督は「今日の試合に本田は必要なかった」と言いながら「ワタシは本田のことを深く信頼している」と付け加えることを忘れなかった。 …

アフガニスタン戦でゴールを決めた清武

格下に5点大勝も ハリル監督「本田の後継者」見つからず

そこでハリルホジッチ監督は、本田の代役候補としてMF原口元気(24=ヘルタ)、MF清武弘嗣(26=ハノーバー)のドイツ組にG大阪FW宇佐美貴史(23)、鹿島FW金崎夢生(27)、川崎FW小林悠(28)を呼び、この日のアフガニスタン戦では原口、清武、金崎が先発出場。後半34分には小林が投入された。 試合自体は日本が5─0で圧勝。後半13分に金崎のアシストで清武がチー…

見切りをつける時期かもしれない

周囲は“5戦連発”と大騒ぎ それでも消えない「本田不要論」

控えの攻撃系選手にはカンボジア戦に先発した原口元気(24)と宇佐美貴史(23)、後半41に交代出場した南野拓実(20)、それ以外にも清武弘嗣(26)、武藤嘉紀(23)とタレントが揃っている。いつまでも本田に頼らないで、そろそろ見切りをつける時期に来ている」(平野氏) 日本代表は、今年最後のW杯予選を白星で締めくくり、通算5勝1分け(得点17・失点0)とした。来年3月…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事