日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「鳥谷敬 成績」に関する記事

山口俊は3年で総額7億円

FA山口が菅野とほぼ同額…巨人の“給与体系”に評論家苦言

阪神の鳥谷敬(35)もしかり。来季は5年契約3年目のため、年俸4億円は変わらない。成績は打率.236、7本塁打、36打点。遊撃のレギュラーの座を失ってもカネはガッポリだ。在阪マスコミ関係者によれば、「実は年俸5億円という説もあります」というからメチャクチャである。 ソフトバンクの松坂大輔(36)は3年12億円。年俸4億円ながら、2年間でわずか1イニングしか投げてい…

None

阪神 金本監督 2年目の鳥谷問題

不動の遊撃手だった鳥谷敬(35)は昨年、極度の不振から7月24日の広島戦で先発から外され、12年3月30日から続けていた連続フルイニング出場が667試合(歴代4位)で止まった。 連続試合出場は継続中で、もっか歴代3位の1752試合。金本監督が記録した同2位の1766試合(同1位は2215試合の衣笠祥雄)を抜くのは時間の問題だが、「鳥谷の記録は火種になる可能性がある…

六回悪送球により上田に出塁を許す鳥谷

阪神3連勝も一人元気なし…鳥谷を追い込む“主将の重荷”

ほとんどの選手がハツラツとしている中で、ひとり元気がないのが鳥谷敬(34)だ。この日は2つ四球を選ぶも2三振の3タコ。ここまでのヒットは、26日の中日戦での2本だけだ。 昨秋就任したばかりの金本新監督から、「キャプテンのおまえが変わらなければチームは変わらない。今のままでは全部ダメだ」と言われ、当初は悩み苦しんだ。ところがキャンプインすると、シートノックで声を張り上…

5年20億円で契約を更改

FA糸井を待つ“伏魔殿”阪神の闇

鳥谷敬「5年20億円」のバカげた契約

阪神の鳥谷敬(35)が2日、球団事務所で契約を更改。「今年は不甲斐ないシーズンだった。現実的にレギュラーではないので、来年またレギュラーを取れるように頑張りたい」と語ったが、年俸は来季も現状維持の4億円というのだからふざけた話だ。15年から5年契約を結んでいるためで、球団は今になって「とんでもない契約をした」と後悔しているに違いない。 今季の鳥谷は極度の打撃不振に…

先日から三塁にも挑戦中

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・鳥谷の「年俸4億円」は過剰評価ではない

阪神・鳥谷敬の不振に伴い、彼の高年俸(推定4億円)も問題視されるようになってきた。現在の彼は5年契約の2年目であるため、このまま復活できなくとも残り3年は年俸が変わらない。つまり、今後は年俸4億の控え選手という不良債権になりかねない状態だ。 さらに私が興味深いのは、そんな鳥谷が現在のセ・リーグ日本人野手では最高年俸ということである。これを意外に思う人もいるだろう。何…

None

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・鳥谷 連続試合出場ほど特殊で珍妙な記録はない

阪神・鳥谷敬が連続試合出場記録で金本知憲の1766試合を抜き、プロ野球単独2位に躍り出た。1位は言わずと知れた衣笠祥雄の2215試合。これを抜くには、2020年の春先まで同記録を続ける必要がある。 そのとき、鳥谷は38歳。サードに転向した今季は打撃好調で、復活を印象づけていることを考えると、更新の可能性は十分ある。実際、各スポーツ紙は鳥谷を称賛すると同時に、衣笠超え…

まだまだ子供

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神・藤浪晋太郎には「悪しき伝統」がチラつき始めた

これは金本監督にとって、鳥谷敬の不振以上に痛かったはずだ。鳥谷の場合、35歳という年齢を考えると開幕前から衰えに対する不安が一切なかったわけではない。だから、彼の不振は計算外というより「嫌な予感が的中した」とも考えられる。 しかし、藤浪はまだ22歳だ。高卒1年目から10勝、11勝、14勝と年々勝ち数を伸ばし、昨季は奪三振王も獲得しただけに、誰だって順調な成長曲線を…

「超変革」掲げた鳥谷

言動も超変革? 阪神・鳥谷が自主トレに手応えで饒舌に

阪神の鳥谷敬(34)が甲子園室内練習場で自主トレを行い、「ここ数年で一番いい状態でキャンプインできる」と語った。 金本監督からは「行動、言動、成績すべてでチームを引っ張っていけ」と言われているそうで、「すべての数字で、自分が出してきた数字を超えられたらと思う」と、慎重な発言が目立つ男が言葉で意欲を見せれば、チームスローガンである「超変革」についても、「できるなら全…

確かに風貌は…

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神マウロ・ゴメスに“キャラ詐称”疑惑

たとえば現在の西岡剛は昔ほど走れなくなっているにもかかわらず、いまだにスピードスターと称され、年間1桁のホームランしか打てなくなったベテラン・鳥谷敬も一発のある中距離砲という若いころの設定のまま。来年30歳の上本博紀に至っては、いつまで若虎なのだろう。 マスコミとしては、なるべく選手を華やかに装飾したほうが虎党は喜ぶと思っているのかもしれないが、それも実際はどうなの…

思惑通りに事を運べるのか/(C)日刊ゲンダイ

阪神残留を“保険”にメジャー挑戦 疑問視される鳥谷の本気度

阪神からFAでメジャー移籍を目指す鳥谷敬(33)の周辺が慌ただしくなってきた。 早くから日本にスカウトを派遣して調査を続けてきたブルージェイズの他、アストロズやメッツも獲得候補としてリストアップ。メッツのアルダーソンGMは「トリタニの名前は我々の獲得リストに載っている」と話し、アストロズのルーノーGMは「ビデオで見てるし、日本でどんな成績を残しているかも知っている。…

米国では失格の烙印を押された格好の中島/(C)日刊ゲンダイ

目の色変えて獲得名乗り 中島裕之に振り回されるプロ野球界

2人に用意していた獲得準備資金を中島につぎ込む用意があると、球団関係者は言っていますから、最終的には総額15億円超に達する可能性があります」(在阪マスコミ関係者) 阪神は、チームの大黒柱だった鳥谷敬(33)が海外FA権を行使し、不動の遊撃レギュラーが海外流出という危機にひんしている。チームの根幹を揺るがす事態に、なんらかの手を打たなければいけないのは分かる。 が、米…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事