日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

茅場町駅の関連ニュース

専門家たちと直接意見交換も

[会員限定] 6/18(日)特別講演会開催 孫崎享氏・小口幸人氏登壇

>>参加登録フォーム 申し込み締め切り:5月29日(月)まで (※フィーチャーフォン、ガラケーからはご回答いただけません) 【開催概要】 日 時: 6月18日(日) 15時~18時(受付開始14時40分) 会 場: CAFE SALVADOR BUSINESS SALON(カフェ・サルバドル) (東京証券会館1階 日比谷線・東西線「茅場町駅」8番出口直結) 参加費…

None

あの人は今こうしている

古木克明さん

今どうしているのか? 会ったのは都内・茅場町駅に近い弊社の会議室。自宅のある神奈川県藤沢市から車で1時間かけて来てくれたという古木さん、疲れも見せずにこう切り出した。 「今は野球教室での指導が生活のメーンです。格闘家時代からお世話になっている茅ケ崎のハヤシスポーツクラブと組み、週に4日、茅ケ崎と鵠沼海岸で小中学生の子供たちを指導してるんです」 182センチの長身に以…

パッチリした目はアイドル時代のまま

あの人は今こうしている

80歳の夫と悠々自適 辻沢杏子さんにはヌードの誘いも

■26歳年上の経営者と再婚してセレブ暮らし 会ったのは東京メトロ茅場町駅に近い弊社の会議室。 「実は、ウチはこの近くなんです。自転車で来ようかと思ったくらい」 ニッコリ笑ってこう言った辻沢さん、大きな目がパッチリで相変わらず美しい! 2005年にパチンコ台卸会社を経営する26歳上のリッチマンと再婚。今は悠々自適の生活を送っている。 「パチンコ台卸の会社は売却して、…

元「忍者」の正木慎也さん

あの人は今こうしている

元「忍者」正木慎也さん語るジャニーズ退社後の紆余曲折

東京メトロ・茅場町駅そばにある弊社の会議室で待ち合わせた正木さん、女性マネジャーを伴って現れた。 「今年から積極的にメディアに出て活動を広げたいと思ってましてね。それで彼女にいろいろ手伝ってもらってるんです」 正木さん、まずはこう言った。 「ジャニーズ事務所を30か31歳で退社した後、一人で活動してた期間が長かった。それって、自分がやりたいことしかやらない、という…

「もつよし」の豚めし

肉食女子マイコとミユキが行く

昭和な雰囲気漂う もつ焼き屋「もつよし」の大盛り豚丼

丼からぎょうさんあふれる豚肉の写真付き看板に引き込まれて入ったんは、「もつよし」(茅場町駅から徒歩5分)。赤ちょうちんに暖簾、パイプ丸イスって、ノスタルジーを感じるわ~。 夜は、ホッピーともつ焼きがメーンなんやけど、ランチは豚めし専門。小盛り(豚肉150グラム、めし300グラム=680円)、中盛り(豚肉200グラム、めし400グラム=780円)、大盛り(豚肉250グ…

下品さで宴会を席巻(左)

あの人は今こうしている

転機は2年前 “あやまんJAPAN”あやまん監督は事務所社長に

東京メトロ・茅場町駅そばにある日刊ゲンダイのオフィスにラフな白いTシャツ、キャップ姿でやって来たあやまん監督、「ちょっと着替えていいですか?」と言ってバッグから取り出したのは、清楚系の花柄のワンピース。 「婚活中なんで、こっちで写真を撮ってもらいたくて」 おや、お下劣路線から方向転換か。 「いえ、相変わらず、下品な宴会芸はやってますよ。ワタシたちはもともと六本木で…

収入は「サラリーマンでいえば部長クラス」だとか

あの人は今こうしている

せんだみつお 司会業と不動産で悠々自適「ナハは宝です」

■11キロのダイエットに成功 会ったのは地下鉄茅場町駅そばにある弊社の会議室。ハテ、せんださん、何だかスッキリして、“オシャレなオヤジ”といった雰囲気じゃないか。 「去年9月から3カ月間で11キロ痩せ、ウエストが99センチから79センチになったんです。スポーツジム『24/7Workout』の企画で、娘のせんだるかと一緒に週2回のウエートトレーニングと食事でダイエッ…

「愛するってこわい」がヒットした“じゅん&ネネ”のじゅんさん

あの人は今こうしている

“じゅん&ネネ”のじゅんさん 夫の急死でシンママ奮闘生活

じゅんさんに会ったのは、東京メトロ茅場町駅そばにある弊社。ショートカットを金色に染め、おしゃれなパンツスタイルで颯爽と現れたじゅんさん、“ザ・芸能人”という雰囲気だ。 「“じゅん&ネネ”を再結成してからセルフカバーのアルバムと、『元気!元気!元気!』『奥出雲恋唄』という新曲をリリースして活動してました。でも、東日本大震災の後、ネネは和歌に曲をつけて京都や奈良で歌い…

今もライブ活動を続ける西田さん

あの人は今こうしている

「アースシェイカー」西田昌史さんが今明かす“結婚秘話”

会ったのは地下鉄茅場町駅に近い弊社の会議室。ロッカーらしいとんがったファッションながら、ニコニコ笑っている。 「ハードロッカーは怖そう? それは単なるイメージですよ。実際に怖い雰囲気出してたら、社会で生きていけません!」 西田さん、まずはこう言った。今もロッカーではあるわけだ。 「アースシェイカーを続けてます。ファンやスタッフの応援と協力、それとボクらがとにかく音…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事