日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小笠原慎之介特集

小笠原の交渉権を引き当てた谷繁監督

谷繁監督と好対照…無言の落合GMはドラフトで“蚊帳の外”?

谷繁監督が日本ハムとの競合の末、外れ1位で小笠原慎之介の当たりクジを引き、ガッツポーズを見せたのとは好対照だった。 中日は谷繁監督が公言していたとおり、地元のスター候補である高橋純平を1位指名。クジは外れたものの、外れ1位でも将来性を重視して高校生の小笠原慎之介(東海大相模)を指名した。中日OBによると、「楽天に先を越されたが、2位も当初はスカウトの方針で吉持亮汰…

またも好投報われず…

またも初勝利フイ…中日・小笠原の足引っ張るリリーフ陣

7日のオリックス戦、5回2失点と粘投した中日の高卒ルーキー、小笠原慎之介(18)の勝ち星がまたもや先輩投手に消された。 今回の「犯人」は開幕31試合無失点の日本記録を継続中だった田島。1点リードの九回のマウンドを託されたものの、西野に同点打を浴び、自身の記録とともに後輩の初勝利までフイにしてしまったのだ。 一軍デビュー戦だった前回5月31日のソフトバンク戦では、5回…

楽天のオコエ(左)と中日の小笠原

小笠原がオコエが…高卒外れ1位の躍動に他球団ほぞをかむ

まずは中日の小笠原慎之介(東海大相模)。31日のソフトバンク戦でプロ初登板初先発を果たし、5回1安打1失点の好投。7四球と乱れたものの、ストレート、チェンジアップのキレが良く、強力打線を封じた。 八回に福谷が4失点を喫して逆転され、初勝利とはならなかったが、「やっとスタートラインに立てた。次は四球をなくしていけるようにしたい」と話したルーキーに、谷繁監督は「今日は…

期待はふくらむ一方

“当落線上”が一転…中日・小笠原「開幕ローテ」濃厚の根拠

中日のドラフト1位・小笠原慎之介(18=東海大相模)が昨13日の楽天戦に登板した。楽天オコエとの「ドラ1」対決を二飛に打ち取るなど1回無失点に抑えたが、2死から連続安打を許してピンチを招くなど、球威、キレ、制球ともにピリッとしなかった。 「次は走者を出さずゼロに抑えたい」と、前向きだった小笠原について、谷繁監督は「ストライクゾーンに投げられ、まとまっていた」と一定…

小笠原の左肘には「3匹」の…

“ねずみ”騒げば即手術…竜ドラ1小笠原は方針「決定済み」

東京スポーツが報じた中日のルーキー左腕・小笠原慎之介(18=東海大相模)の左肘の遊離軟骨の事実。手術に「賛成」「反対」で意見が分かれ、チーム内に激震が走っているというが、一方でこんな話もある。 まず、遊離軟骨とは骨片が剥離して関節の中で不安定な状態になることをいう。剥がれてしまった骨軟骨片を「関節ねずみ」と呼び、時に肘に激痛を走らせることがある。中日OBが小笠原の「…

ブルペン投球を終え、森ヘッドコーチと話す小笠原

先輩の前でドンブリ飯3杯 中日・小笠原に早くも大物の風格

9日、中日の黄金ルーキーは小笠原慎之介投手(18)は、陸上競技場でランニングと「格闘」していた。 先輩投手との800メートル走は2分44秒でベストタイムを更新したが、順位はシンガリ。キャンプインしてからランニングはいつも最後だ。高校時代からランニングが苦手という小笠原は「『ドラゴンズはランニングメニューがきつい』というのは聞いていましたが、やっぱりきついですね」と苦…

ソフトバンク高橋は左足をかばう癖が

高橋純と小笠原で好対照…ドラ1位新人2人に早くも課題

他の強豪校の選手の方がよほど鍛えられているよ」 一方、昨夏の甲子園優勝投手で「高校ナンバーワン左腕」といわれる中日ドラフト1位の小笠原慎之介(東海大相模)は、順調に自主トレメニューをこなし、13日に新人合同自主トレを打ち上げた。 「体力面は高橋と違って問題ないと思うが、課題は変化球だ」 とは、前出のスカウト。 「小笠原は手が小さい上に器用さに欠ける。150キロ超のス…

ハズレだと思い込み頭をかく金本監督

競合避け明大・高山に乗り換え 変わらぬ阪神の“ビビリ体質”

それには競合覚悟でソフトバンクが指名した高橋や中日の小笠原慎之介を指名するべきだったのに、阪神が指名した高校生は望月惇志(横浜創学館)ただ一人。本気で投手を育てるつもりがあるのか。 しかも、外野には金本監督が期待を寄せる江越(22)、横田(20)、中谷(22)ら若手がいる。てっきり今季限りで退団が決定的なマートンの穴埋めかと思ったら、高山は「いますぐ使えるという判断…

上位指名が有力に佐藤世那投手

仙台育英・世那は「剛速球投手」 “流しのブルペン捕手”が絶賛

お願いしたいと考えていた高橋純平(県岐阜商)、小笠原慎之介(東海大相模)のピッチング捕球が夏以降の体調不十分のためにかなわなかったことが残念でならないが、去る15日に実際に球を受けて驚いたのが、今夏の甲子園準優勝投手・佐藤世那(仙台育英)だ。 ヒジの故障が心配された甲子園では、予選とは打って変わってフル回転で準優勝に貢献した。その後行われた国際大会「U―18」でも…

None

プロ野球 サムライは死んだか

肘の故障がなければ東映「1位指名」を拒否していた

今年は県岐阜商の高橋純平、関東第一のオコエ瑠偉、東海大相模の小笠原慎之介など、好選手が多い。球界のみならず、野球ファンも注目しているだろう。 私はドラフトが導入されて2年目となる66年の2次ドラフトで東映フライヤーズ(現日本ハム)から1位指名された。この年は9月と11月に2回ドラフトが行われ、9月は同年10月の大分国体に出場しない高校生と社会人が対象。 私が指名され…

ライバルは増える一方だ

来年あるの? ハム斎藤佑「もう1回」発言にファンがカチン!

しかも日ハムは、高橋純平(県岐阜商)と小笠原慎之介(東海大相模)の2人をドラフト1位指名候補に絞った。今季8勝をマークした14年ドラ1の有原航平(23)に続き、来季も強力なライバルが現れる可能性もある。のんびりやっている場合ではないのだ。…

東海大相模の小笠原投手

日ハムドラ1候補は高橋、小笠原 またも巨人と競合覚悟

日本ハムが13日、札幌市内の球団事務所でスカウト会議を行い、ドラフト会議(22日)の1位指名候補を高橋純平(県岐阜商)と小笠原慎之介(東海大相模)の2投手に絞った。「1位指名は高校生投手2人に絞りました」とは吉村GMだ。 日ハムの今年の補強ポイントは投手。中でも先発が吉川ひとりの左腕は、ノドから手が出るくらい欲しい。チーム事情を考えれば高橋より小笠原だろう。 小笠原…

甲子園制覇の時から小笠原のヒジには異常が?

左ヒジ炎症の小笠原を巨人が「2位指名」のウルトラC情報

「小笠原のヒジはそこまで悪いの?」 「いやいや三味線ではないか」 プロのスカウトの目下の話題は、ドラフト1位候補、東海大相模の152キロ左腕・小笠原慎之介(17)である。 9月30日、神奈川の東海大相模が夏の甲子園に続き、国体も制して2冠を達成。ボールボーイだった選手が2回戦で先発するほど、投手のやりくりに苦労する中、エースの小笠原は左ヒジの炎症のため、今大会は一度…

逸材には間違いないが…

プロ志望届提出の高橋純平に早くも飛び交う“一本釣り”情報

両球団は高橋とともに、夏の優勝投手の小笠原慎之介(東海大相模)を並行して1位候補にリストアップしている。小笠原は今大会、夏の甲子園の疲れもあったとはいえ、最大のライバルだった米国との2試合の先発を佐藤世那(仙台育英)に譲るなど、一部では評価を落としたとの声もある。 「ただ高橋の方も、直球が146キロまで回復したものの、力を入れて本気で投げようという意思が正直、感じ…

ドラ1有力といわれる仙台育英・佐藤(左)と関東一のオコエ

ドラ1は3人、進学は11人…「U-18日本代表」の気になる進路

今大会で自信をつけたことで、プロ志向に傾いたようだ」(パ球団スカウト) 投手では小笠原慎之介(東海大相模)、高橋純平(県岐阜商)が1位で消えるともっぱらで、遊撃の平沢大河(仙台育英)は2位以上、左腕の高橋樹也(花巻東)も3位以上で指名される可能性が高い。捕手で大会ベストナインに選出された堀内謙伍(静岡)は「社会人のトヨタが熱心。指名を検討する複数のプロ球団と綱引きが…

小笠原・高橋・オコエ

U-18W杯決勝進出 メジャーが「お持ち帰り」したい侍J戦士

10年後にはメジャーで立派な成績を残せる可能性を秘めている」 夏の甲子園優勝投手の小笠原慎之介(東海大相模=3年)も一定の評価を得ている。 「フォームにこれといった無駄がなく、故障しづらそうな投げ方をしているのがいいね。左投手で150キロ以上を投げられるのは素晴らしい。少し手が小さく見えるから、変化球に磨きをかけるのは時間がかかるかもしれない。右打者に対する外角の出…

U18W杯でも好投

巨人以外は東海大? ドラ1候補小笠原に他球団から危惧の声

「夏の甲子園に比べて調子が良くない中、悪いなりにも、ほぼストレートとチェンジアップだけで抑えられるということを証明したね」 ネット裏のスカウトが夏の甲子園優勝投手で最速152キロ左腕の小笠原慎之介をこう評価した。 30日の豪州戦では6回を3安打1失点、9奪三振。中日の中田スカウト部長が「1位は揺るぎないでしょう」と話すなど、今秋ドラフトで複数球団の1位入札が競合する…

豪快なスライディングも魅力

肩、足に加え知名度も抜群 今秋ドラフトは「オコエ争奪戦」に

これまでは県岐阜商の右腕・高橋純平と東海大相模の左腕・小笠原慎之介に人気が集中していた。いずれも超高校級の逸材。かねてスカウト陣は「あの2人は頭一つ抜けている」と口を揃えていたが、ここに来て頭角を現してきたのが関東一の外野手、オコエ瑠偉だ。 セのスカウトが言う。 「高校生離れした肩と足は、守備だけなら今すぐにプロでも通用するレベル。ただ、テレビが特集を組むまで人気…

高評価の東海大相模・小笠原(左)と関東一オコエ

高評価は小笠原とオコエのみ 高校生ドラフト候補“辛口”採点

スカウト陣が絶賛するのがMAX152キロの本格派左腕・東海大相模の小笠原慎之介だ。スカウトの間では1位指名はおろか、何球団の入札が競合するかが話題になっている。 「フォームは申し分ないし、投手の基本であるアウトローに投げ込める制球力も抜群」(中日・中田スカウト統括部長) 「ボールにキレがある。右打者の内角をえぐる球はプロでも打てないのでは」(広島・苑田スカウト部長…

吉田(左)と小笠原の2枚看板

巨人に吉田・小笠原「W獲り構想」も…東海大相模に“鉄の掟”

東海大相模(神奈川)の小笠原慎之介(3年)が12日、初戦(2回戦)の聖光学院(福島)戦の九回1死から登板。初球から148キロの直球で場内をどよめかせると、4球目を二ゴロ。続く打者の4球目に最速を1キロ更新する151キロをマークし、ネット裏に陣取ったプロのスカウト陣をうならせた。 先発はこちらも巨人が上位候補にリストアップしている吉田凌(3年)。8回3分の1を4安打1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事