日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「内田篤人 長友佑都」に関する記事

None

成功のヒミツ失敗しないコツ

インフル“最弱”はB型 「かかる病気」は血液型と誕生月でわかる

サッカー界に目を移してみても、海外経験者は中田英寿(38)に始まり、川島永嗣(32)、長谷部誠(31)、長友佑都(29)、内田篤人(27)、吉田麻也(27)、岡崎慎司(29)、清武弘嗣(25)、大迫勇也(25)とO型ばかりだ。 米コロンビア大医療センターが約170万人の患者データをもとにまとめた論文によると、誕生月も病気のリスク要因となる。 妊婦や新生児の健康状態…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”

「右サイドバックのレギュラーDF内田篤人(27)はケガが長引き、今回はメンバーから外れた。酒井宏樹(25)、酒井高徳(24)のドイツ組が右SBのポジションを争う形だが、2人ともパッとせず、日本のアキレス腱となっている。国内組に目ぼしい選手もおらず、指揮官は『高徳以上の選手が(国内に)いれば、明日にでも招集したい』という言い回しをしながら、右SBの人材不足を嘆いてい…

チュニジア戦を前に調整に励む日本代表選手

いよいよ船出のハリル日本 “構想外”に浮上する常連の名前

今のままでは試合勘も失われていき、安泰だった日本代表左サイドバックのレギュラーの座も危うい」 ■イキのいい選手が揃う両サイドバック もうひとり、右サイドバックの内田篤人の立場も微妙だ。 「とにかく右膝の調子が悪く、内田本人も『いつも無理をしている。もう完治はしない』と諦めている。ドイツで筋トレに励み、ここ1年で下半身はかなり鍛え上げられたものの、右太もも裏の肉離れも…

イカルディとハイタッチする長友/(C)AP

復帰のインテル長友フル出場も…現地メディア評は“便利屋”

シャルケの内田篤人(26)が8日のブンデスリーガで左手甲を負傷、骨折の疑いがあるため、14日のホンジュラス戦、18日のオーストラリア戦に代表追加招集される可能性が残っている。 しかし日本代表のアギーレ監督が熱視線を送るのは、右SBなら内田、左SBはFC東京の太田宏介(27)だ。長友は来年1月のアジア杯までにインテルでライバルたちを超える信頼を勝ち取り、“便利屋”のポ…

苦悩続く長友佑都 (C)JMPA/真野慎也

「ベンチ定着」と「セリエA出場停止」 長友を襲う2つの危機

右SBには代表復帰を果たした内田篤人(26)、アギーレ体制で3戦を経験済みの酒井高徳(23)がいる。いまや長友は代表でも、「左で出られないから右で」というわけにはいかないのだ。 「ガゼッタ・デロ・スポルト」などイタリア現地のメディアは現在、復帰間近の長友には一応歓迎ムード。しかしすぐに周囲をうならせるパフォーマンスをすぐ披露しないと、インテルでも日本代表でも「長友な…

今後は専務理事に専念/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

原博実氏が語る「ザック日本の敗因」「専務理事兼務への批判」

DFの吉田麻也と内田篤人、MF長谷部誠の3人は本大会に間に合わないかも知れないくらいの大ケガでした。クラブで試合に出られず、コンディションの上がらなかったMF本田圭佑とFW香川真司。試合をこなして疲労をためていたFW岡崎慎司やDF長友佑都たち。W杯イヤーでタイトなJリーグ日程で頑張ったJリーガー。代表チーム内の《コンディショニングのバラつき》にも苦労しました」 ――…

アジア大会メンバーを発表した手倉森監督(左)と佐々木監督 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

U-21代表で鮮明 ブラジルW杯DF陣はほぼ全員召集外

豊富な運動量がウリのDF長友佑都(27)、積極的な攻撃参加が高評価のDF内田篤人(26)も、サイド攻撃のアイデア不足という欠点を抱えている。彼らはあっさりアギーレに切られる可能性もある。 それに対しU-21代表には、ザックジャパンのDF陣の欠点を補って余りある才能が揃っている。前出の記者が言う。 「U-21代表に選出されたG大阪の187センチDF西野貴治(20)、鹿…

代表スーツ姿ももう見られない?/(C)日刊ゲンダイ

本田圭佑 最初で最後のアギーレ日本召集か

それなりに日本人選手の情報を得ているが、初陣に際しては「まずは顔合わせということで右膝痛で練習回避中のシャルケDF内田篤人(26)以外のW杯主軸組は招集しよう──というサッカー協会側の意向に従った格好」(前出の記者)。 本田にとって、今回が「最初で最後のアギーレ・ジャパン代表」となる可能性は少なくないのだ。…

笑っているが腹の中では…?/(C)日刊ゲンダイ

アギーレ日本始動も…手倉森コーチに“潤滑油”不適任の懸念

「手倉森氏は08年北京五輪組のDF長友佑都、森重真人、内田篤人、MF本田圭佑、香川真司、FW岡崎慎司、12年ロンドン五輪組のDF吉田麻也、MF山口蛍たちと、気さくに話し合えるような関係ではないからです。自己主張の強い外国人4人と腹を割ってやり合わなければ、結局ブラジルW杯二の舞いを演じる可能性もあります」(サッカー専門誌記者) こうした状況を踏まえた上で、サッカー…

コロンビア戦後に握手したものの…/(C)JMPA

異例の現地解散…ザックJAPAN「人間関係崩壊」の瞬間

本田と距離を置く川島、吉田麻也、内田篤人、森重真人、酒井高徳、酒井宏樹たちが離れた席に座った。群れないタイプの長谷部、今野泰幸、伊野波雅彦、西川周作ら中立派が、店の真ん中辺りで黙々と肉を食べていたという。 ■本田とザックの蜜月関係にも微妙な溝 本田が孤立していったのは、ザッケローニ監督から過剰に頼りにされていたことも無関係ではない。ザックは本田の自己主張の強さを好…

決定機を外し続けた大久保 (C)真野慎也/JMPA

新布陣迷走でドロー データでも日本決勝T進出は“絶望的”

前半18分、右SB内田篤人が攻め入り、相手ゴール正面のFW大久保嘉人にグラウンダーのパスを送る。 これをマイナス方向にはたき、FW大迫勇也が左足でダイレクトにシュート。GKにキャッチされたが、日本らしい“つなぎ”からフィニッシュに持ち込んだ。 33分には左SB長友佑都が、左サイドからアーリークロスを入れ、走り込んだ大久保が完璧なタイミングでヘディングシュート。相手D…

笑顔の岡崎だが/(C)六川則夫(ラ・ストラーダ)

岡崎練習合流もザンビア戦は微妙…チームへのダメージは?

DFの内田篤人、吉田麻也、長谷部はケガによってリーグ終盤戦を棒に振り、中でも痛みがブリ返した長谷部は2月下旬、2度目の右膝手術に踏み切っている。主将の戦線離脱に続き、ザッケローニ日本代表最多得点男・岡崎までリタイアとなると指揮官の胸中も穏やかではないはず。 「この日は練習に先立ってザッケローニ監督の記者会見が行われ、岡崎や長谷部について質問されても、いつも通りに淡々…

猛アピール

W杯代表滑り込み 大久保に光を当てたJリーグの“思惑”

<日本代表メンバー> ◆名前/所属/年齢/回 【GK】 ◇川島永嗣/スタンダール/31/2 ◇西川周作/浦和レッズ/27/初 ◇権田修一/FC東京/25/初 【DF】 ◇今野泰幸/G大阪/31/2 ◇伊野波雅彦/磐田/28/初 ◇長友佑都/インテル/27/2 ◇森重真人/FC東京/26/初 ◇内田篤人/シャルケ/26/2 ◇吉田麻也/サウサンプトン/25/初 ◇酒…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事