日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中島みゆき 人気」に関する記事

紅白初出場の面々/(C)日刊ゲンダイ

変質するNHK紅白…出場431人、特例だらけ、辞退続出

しいていえば、中島みゆきがよくぞ引き受けた。朝ドラさまさまですね。もはや80年代半ばごろまでは確実にあった『紅白出場のステータス』がなくなってしまったこと自体が問題です」 NHKは公式には認めていないがサザンオールスターズは“別枠”として横浜からの中継で出演予定。しかし、海外アーティストの中継などを含めて「紅組」「白組」と関係のない特例ばかりでは、「歌合戦」のコンセ…

泉ピン子とヒロイン役のシャーロット/(C)日刊ゲンダイ

新朝ドラ「マッサン」 泉ピン子に「朝からキツイ」と散々な声

中島みゆきの主題歌は壮大なメロディーで聞かせる。開発者の感動秘話にスポットをあてた同局の人気番組「プロジェクトX」で聞き慣れたあの歌声ふたたび。ウイスキーづくりに奔走した夫婦にはもってこいの応援歌だ。 脇も手堅い。造り酒屋の番頭役の高橋元太郎(73)は「水戸黄門」のうっかり八兵衛だし、ヒロインをイビリまくる姑の泉ピン子(67)に、舅の前田吟(70)と「渡る世間は鬼ば…

右が加藤ミリヤ/(C)日刊ゲンダイ

サッカーW杯公式アルバムに抜擢 “裏歌姫”加藤ミリヤの実力

ユーミンと中島みゆき、宇多田ヒカルと椎名林檎といった具合に、どの時代も表裏が一体で音楽シーンを活気づけてきた。加藤、中島、それと今回はNHKの公式ソングを歌う椎名林檎と、ワールドカップは『裏』の歌姫が揃い踏み。大いに盛り上げてくれそうです」(前出の富澤氏) 裏歌姫による楽曲合戦もまた楽しみに。…

ヒットチャートめった聴き

「アナ雪」「中島みゆき」を“ハッピージャズ”にアレンジ

「誰もが知っている『LET IT GO(アナと雪の女王)』『麦の唄(中島みゆき)』といった名曲にジャズテイストのアレンジを施して、サックスアンサンブルの美しさ、華麗なソロテクニックなど、絶妙な演奏で新感覚のジャズに仕上げていると思います」 さらに進化をしてオリジナリティーを増したので、今年の「レコード大賞優秀アルバム賞」を狙えそうだ。…

準優勝止まり/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「R―1」敗退続きで話題 「まなてぃ」は英語ペラペラ才女

「歌手では坂本冬美さん、中島みゆきさん、一青窈さんなんかが十八番ですね。目標? 『タモリ倶楽部』に出た~い。何でもします。どう扱われてもかまいません。だから、ぜひ出して下さいッ」 板橋区内の2DKマンションを女友達とシェアしている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事