日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「古田新太 映画」に関する記事

映画「案山子とラケット」にも出演

30歳までバイトで生計 俳優・小市慢太郎は”脇役界の星”

遠藤憲一、古田新太、松重豊、生瀬勝久、吉田鋼太郎、滝藤賢一などはすでに主役級の活躍を見せているが、今年、ブレーク確実といわれるのが、どこか見覚えのあるダンディーな白髪男、小市慢太郎(46)だ。 あまちゃんにも半沢にも出演していないが、知る人ぞ知る実力派として昨年だけで10本以上の映画やドラマに出演。しかし、誰もが“これ”と思い浮かぶ代表作が“ない”のも名脇役ゆえだろ…

(C)日刊ゲンダイ

タレントが通う店 やってる店

古田新太がお気に入り レンコン料理が人気の居酒屋

数々のドラマや映画で活躍する個性派俳優、古田新太(48)。無類の酒好きでも知られ、毎晩のように飲むといい、お気に入りの居酒屋があるのは上野だ。 「上野れんこん」は古材を生かした風情ある空間で、名物のレンコン料理を味わえる店。オリジナリティーあふれる料理に魅せられて通う常連は多く、店内はいつも満席状態の賑わいだ。 オープンは今から16年前。「もともと、レンコン料理の店…

視聴率の底上げに一役買っている

人気ドラマ下支え 杉本哲太は物語に深み出す“隠し味”俳優

その後はすぐさま、「隠蔽捜査」(14年)で民放連ドラ初主演をゲットし、古田新太(50)らとともに上層部と現場の板挟みに悩む刑事を好演。中年俳優の底力を見せた。 「長年のキャリアを今まさに開花させている印象。演出家レベルで自分に求められる役割を察するから、使う側も起用したくなる。悪目立ちすることなく視聴者と制作陣の心に“杉本哲太印”を刻んでいく。貴重な存在ですね」(前…

None

嵐・二宮はともかく…ジャニーズだらけだったフジの凋落

“赤シャツ”役の及川光博をはじめ古田新太、岸部一徳などクセの強い俳優が脇を固めても、主役は食われなかった。 V6の岡田准一のように幅広いジャンルの映画で活躍してほしい逸材だ。 彼らのようにジャニーズには役者の才能があるアイドル(そう呼ぶには無理がある年齢だが)もいる。それにしてもうんざりだったのは、「坊っちゃん」を放送した3日のフジテレビ。なんとほぼ終日ジャニーズの…

「劇団☆新感線」主宰者いのうえひでのり(左)と森奈みはる

今あるのはあの人のおかげ

元宝塚・森奈みはるの殻を破った「劇団☆新感線」での初舞台

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事