日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「滝沢秀明 舞台」に関する記事

甘い恋愛ドラマのスパイス的存在

武井咲の鬼上司役 神野三鈴が発揮する“舞台出身”の持ち味

このドラマは宝飾ブランド「ティファニー」の全面協力のもと、イケメン副社長(滝沢秀明)と広報OLの武井による胸キュンラブストーリー。 食指が動かないオトーサンもいるだろうが、武井の「鬼」上司役として出演する神野が、甘~い恋愛ドラマに“スパイス”を効かせているのだ。コラムニストの桧山珠美氏は、「初回はちょっと張り切り過ぎ? と感じるセリフ回しもありましたが、その後は軌道…

全盛期のファン層は“子育てママ世代”

ママタレ界に参戦か 鈴木亜美“電撃デキ婚”で狙う起死回生

人も羨む年下の“高スペック”男子をゲットした鈴木だが、過去の男も山下智久(31)、滝沢秀明(34)と粒ぞろい。中でも結婚秒読みといわれていたのが高岡奏輔(34)だった。 高岡が宮崎あおいと離婚後の2012年あたりから横浜スタジアムで堂々とプロ野球観戦するなど、たびたびツーショットが目撃されゴールイン間近といわれていたが、昨年1月に交際約2年半で破局。それから半年ほ…

「嵐、ブレイク前夜」

話題の新刊本で明らかに ジャニーズ「嵐」衝撃の“下半身秘話”

実は、タッキーこと滝沢秀明がメンバーになるはずだったというエピソードなども衝撃だが、メンバーの赤裸々な“下半身事情”は、5人それぞれの性格がにじみ出ていて、さらに興味深い。 舞台はある年の仙台――。地方公演を終え、地元のイベンターと共に乗ったワンボックスカーが市内の歓楽街・国分町にさしかかったとき、冒頭の言葉を放った相葉。「ありますよ、いいとこ」というイベンターの…

チャレンジ精神を忘れなかった

ビジネスに使えるスターたちの処世術

長く現役を続けた森光子の「若手に可愛がられる力」

「人生革命」は滝沢秀明が座長を務める、いわゆるジャニーズの舞台だ。タッキーが森の方を向きながら、「森先生とは以前にも舞台共演させていただきましたが、今回は僕が座長でもあるし、全力でぶつかって『滝沢・バーサス(VS)森光子』と言われるように頑張ります」と挨拶。その瞬間、森さんが反応した。 「タッキー、あなた今、『ばあさん』って言ったの?」 取材陣も森さんも爆笑で、タ…

ジャニーズ事務所

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

近藤真彦にジャニー&メリーから家族同然の寵愛

それをわからなかったらアホでしょう」と、事務所の主張を代弁するようなコメントをしていた滝沢秀明だ。 「ジャニーズを支えてきたのはジャニーさんのプロデュース能力ですが、ジャニーさんのポジションを受け継ぐとみられているのがタッキー。他に舞台演出などで実績を積んでいる錦織一清やKinKi Kidsの堂本光一もこの系譜ですね」(女性誌記者) そしてもうひとり、幹部クラスの地…

None

「2丁目」でバイト…女性誌報道で露見したジャニーズ内格差

同誌によると、この男はタッキーこと滝沢秀明の主演舞台に出演したこともあるジャニーズ Jr のT(20)。 連れ出しOKのいわゆる「売り専バー」に勤務していて、客は男女どちらでもOK。指名して店内で飲むと2時間1万円、外に連れ出して“お泊まり”するには3万円かかるという。 ジャニーズ的には2丁目バイトはご法度なのだろうが、そこには苦しい懐事情もあったという。 「生活…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事