日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「大谷翔平 グッズ」に関する記事

意外と名コンビ

ひねくれスポーツ論

ランボルギーニ中田に「万年筆」をねだる大谷の心境とは

さて、大谷翔平も今年は中田に申告した最低でも15勝という目標をクリアした。稼いだ金は存分に使い、ランボルギーニをブイブイ言わせる親分に、大谷翔平は「万年筆をください」とお願いしたそうだ。 「日記やメモを書く習慣がある。ちゃんとしたモノを持てば、もっと書く気になると思って」 ランボルギーニ、フェラーリの中田翔に「万年筆をください」と、悪びれずに欲しいものを打ち明ける…

None

【新春特別号プレゼント】有名人の“お宝グッズ”が当たる!

【お年玉プレゼント】 (1)ロッテ・角中勝也 サイン入り練習用バッドを1人に (2)ロッテ・岡田幸文 サイン入りホーム用リストバンドを1人に (3)長野久義(巨人)サイン入り試合用バットを1人に (4)西武・栗山巧 サイン入りバッティンググローブを1人に (5)レッドソックス・田沢純一 MLB公式球サインボール (6)野球評論家・権藤博 中日コーチ時代のグラウンド…

None

筒香に伸びるドジャースの魔の手

ドジャースといえば、ディーブル極東担当スカウトが昨年のメキシコ、オランダとの強化試合の際に、東京ドームのグラウンドで、主砲のゴンザレスを介して大谷翔平(日本ハム)にドジャースのグッズを詰め込んだバッグをプレゼント。「タンパリング(事前接触)ではないか」と波紋を呼んだのは記憶に新しい。 同スカウトは豪州代表監督として、日本と1次ラウンドで対戦。八回に2ランを浴びた筒…

None

WBC日本代表 大谷不在で損失100億円

「一昨年の『プレミア12』の敗退によって小久保監督率いる日本代表に対する期待が薄れている上に、超目玉選手だった大谷翔平(日本ハム)が出場辞退することになった。しかも、ソフトバンクとの試合は4安打での完封負けと打線が全く元気がなかったのですから、致し方ないというか……。ただ、土曜の昼に放送するゴルフ中継と大差がないというのは、いくら視聴者が外出してお茶の間にいない時…

ドジャースの主砲ゴンザレスと談笑した後、スカウトが…

大谷争奪戦から脱落か ドジャース不法交渉疑惑をMLB調査

日本ハムが正式に移籍を容認したことで、早ければ来オフにも入札制度でメジャー挑戦する大谷翔平(22)。 米5日(日本時間6日)にはメリーランド州で、30球団のフロント幹部や代理人が一堂に会するウインターミーティングがスタート。会場となったリゾートホテルのあちこちで「オオタニ」の単語が飛び交うなど、初日から注目の高さをうかがわせた。 そんな米球界でいま物議を醸しているの…

打球を天井まで飛ばした大谷のスイング

大谷獲得へ あの西海岸チームが大物スカウト動員し大攻勢

この回先頭で代打出場した大谷翔平(22)は内角高め、ボール気味の速球をフルスイング。右翼方向に高々と上がった打球は、なんと、天井の隙間へ吸い込まれたまま落ちてこなかったのだ。大谷は悠然とベースを一周したものの、判定は二塁打に。打球が東京ドームの天井の隙間に吸い込まれて落ちてこなかったのは、02年、巨人の松井秀喜が記録(二塁打)して以来の珍事。「史上最大の二塁打」とマ…

ゴンザレスと談笑する大谷

ドジャースは主砲が接近 ハム大谷にメジャーの“秋波”続々

10日の試合前、練習中の大谷翔平(22)に笑顔で近づいてきたのが、ドジャースの主砲でメキシコ代表のエイドリアン・ゴンザレス(34)だ。 ゴンザレスは通訳を交えて談笑すると、「Dodgers」のロゴが入ったバッグを大谷にプレゼント。これには若き二刀流も喜色満面。会話に花を咲かせた。 報道陣に対応したゴンザレスは「(球団の)グッズをいっぱい入れたんだ」とニヤリ。 「お…

野茂氏の就任は「アジア戦略」の一環

野茂アドバイザーでパドレス狙う「大物日本人右腕」W獲り

「今年のドラフトの超目玉の田中正義投手(21=創価大)、それと日本ハムの大谷翔平(21)です」と、前出の代理人関係者がこう続ける。 「昨年暮れ、パドレスが創価大OBで近鉄の内野手として活躍した武藤孝司を駐日スカウトにしたのはズバリ、創価大の田中獲得を視野に入れているからです。野茂のアドバイザー就任によって田中のメジャー志向をくすぐり、さらに日本ハムの大谷獲得も虎視…

ハタチで1億円プレーヤー/(C)日刊ゲンダイ

“二刀流”日ハム大谷 「年俸1億円」で気になる査定内訳

5日、日本ハムの大谷翔平(20)が契約を更改し、年俸3000万円から7000万円増の1億円で大幅アップとなった。「来年1年、優勝を目指すための戦力になってほしいと言われ、すごく高い評価をしていただいた」と笑顔を見せた大谷。気になるのは査定の内訳だ。 日ハムは「投手大谷」「野手大谷」の給与をそれぞれ別に査定し、2つを合わせて7000万円増とした。それぞれの額はいくら…

前例がないだけに/(C)日刊ゲンダイ

読むグラゼニ

二刀流大谷の来季年俸 僕が査定担当だったら1億円アップを提示する

投手と野手の二刀流を続ける大谷翔平(19)の来年の年俸はいくらが妥当か。僕が日本ハムの査定担当だったら、最高で1億円アップの1億3000万円を提示する。 これは大谷が恐らく二刀流で達成するだろう最高の成績、「投手で10勝、打者で90安打」を挙げてチームが優勝した場合の査定だ。成績による上積みが4000万円、そして「存在査定」で3000万円、二刀流で優勝に貢献したボー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事