日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「菊地亜美 アイドリング」に関する記事

ブレークしたのは菊地亜美くらい

世間にも飽和の空気 「アイドリング!!!」解散の“衝撃と波紋”

今回の「アイドリング!!!」でいえば、芸能界の土俵で生き残れるのは昨年11月にグループを“イチ抜け”していた菊地亜美(24)くらいのもの。他のメンバーのこれからが気になるが、厳しい世界だけに、解散をきっかけに別の道を歩む者も少なくないはずだ。 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「最近はアイドルに飽きたという世間の空気も濃くなっているように感じます。かつての『お…

大手事務所に所属 /(C)日刊ゲンダイ

アイドル界に衝撃 菊地亜美「アイドリング」卒業の損得勘定

3日、「アイドリング!!!」の菊地亜美(23)が「東京アイドルフェスティバル 2014」のステージで卒業を発表した。 「約6年間の『アイドリング!!!』期間を終了して、これから新たなステージに旅立ちたいと思います」と泣きながら報告。卒業理由はグループ結成当初から目標として掲げていた「バラエティー番組で活躍できるタレントになるため」だそうだが、すでに他のメンバーとは比…

None

菊地亜美&武田修宏「ネタなくてすいません」

30日、都内で行われた「お花見CHANDON」のイベントに登壇したのは、元サッカー日本代表の武田修宏(49)と元アイドリング!!!の菊地亜美(26)。 ピンクが美しいスパークリングワインにかけて、恋の話をふられた2人だが、どちらも恋の気配ナシ、不倫も縁遠いのだそう。 武田は「僕たちは独身だから(恋をしても)問題はないけど、一発レッドカードが多いのでサイドブレーキを引…

「お笑い芸人」好きを公言/(C)日刊ゲンダイ

菊地亜美 「業界の賄い女」呼ばわりにブチ切れも内心は…?

9日、「幕張・大宮発! 次世代芸人発表記者会見」が開かれ、多くの芸人たちに交じって「アイドリング!!!」の菊地亜美(24)が出席した。 「お笑い芸人好き」を公言している菊地だが、この日は芸人たちの“餌食”に。 「平成ノブシコブシ」の吉村崇(34)は、先日「乃木坂46」主力メンバー・松村沙友理(22)が集英社「ヤングジャンプ」編集部の30代編集者との不倫スキャンダルを…

“元祖バラドル”の森口博子

森口博子は本領発揮も…「バラドル」絶滅危惧種になったのか

今で言ったら……ちょっと小粒ですが、元アイドリングのメンバーだった菊地亜美、モデルとして実績のある河北麻友子あたりかなぁ」(前出の肥留間氏) 偉大なり、森口博子!…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事