日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松本清張 ミステリー」に関する記事

None

ザッツエンターテインメント

一冊で数倍楽しい短編アンソロジー文庫特集

日下圭介、小池真理子、高橋克彦、松本清張、水谷準、森村誠一という豪華メンバーが、それぞれ雪国という叙情あふれる舞台設定を生かしてどんなミステリーを展開するか、その手腕が思う存分楽しめる。 たとえば冒頭の小池真理子の「悪者は誰?」は、完全犯罪となる単身赴任の夫の殺害方法を思いついてしまった妻のストーリー。雪国ならではの事情に左右されて思わぬ方向に転がっていく殺害計画の…

最も期待される新人の一色さゆりさん

「このミス」大賞の一色さゆりさんは小学生で春画描いた

■目指すのは松本清張のような社会派作家 「芸術の世界で生きることより、幼いころから作家を目指していたような気がします。その思いは、東京芸大で美術史を学び、自分が見た芸術作品の感動を人々にどう伝えたらいいのかと考えているうちにより強くなりました。作品を書く上で参考にしているのは、桐野夏生さんや松本清張さんです。今後も美術の面白さを伝えられるような話を書きたいです。ほ…

None

ザッツエンターテインメント

鉄ちゃんでなくても面白い鉄道本特集

時刻表トリックの名手・鮎川哲也、鉄道公安官に光を当てた島田一男、社会派の重鎮・松本清張作品を取り上げる。最後は国鉄の終焉期。旅情と郷愁の西村京太郎作品で締めている。日本の鉄道の黎明と衰退を小説で学ぶこともできる。 (交通新聞社 800円+税) ビジネスで、帰省で、普段何げなく乗っている東海道新幹線。その車窓からの風景が、タイトル通り、こんなに面白くなるとは! 東京駅…

None

武井vs剛力のヒロイン対決も…乱立の“刑事モノ”出色3本

「刑事・探偵モノは松本清張作品のドラマ化権を多く持つテレ朝が牽引して、ブームを巻き起こしました。次の“金脈”をどこが探し当てるか。シンプルで、ミステリーファンの心理をくすぐる内容になれば、ヒットも可能です。1月のラインアップを見る限り、そんな原点に戻っているような気がします」(芸能評論家の金沢誠氏) 「半沢直樹」「ドクターX」に続くヒット作は出現するか。…

本城雅人氏

著者インタビュー

「英雄の条件」本城雅人氏

2009年、第16回松本清張賞候補作の「ノーバディノウズ」で作家デビュー。同作で第1回サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。代表作に「去り際のアーチ」「球界消滅」「トリダシ」などがある。…

妊活はしばらく“お預け”か

“妊活”お預けか 新妻・北川景子にドラマ主演オファー続々

28日には、今春放送の松本清張ドラマ「黒い樹海」(テレビ朝日系)に主演することが明らかに。重厚な傑作ミステリーが“人妻”になって初の主演ドラマとなった。 そんな新婚アッツアツの追い風か、北川には次々と新しい仕事が舞い込んでいるようで――。 「日本テレビの7月期クールのドラマでも主演が内定しています。同局の看板のひとつである“水10”枠で、これが結婚後初の連ドラ主演…

主要キャスト10人で制作発表会見

「花燃ゆ」低迷の中 NHK木曜時代劇「まんまこと」への期待度

春の改編では、テレビ朝日が早朝4時台に時代劇の再放送枠を立ち上げ、BSジャパンでも周年企画で松本清張原作の時代劇をスタートさせている。 「まんまこと」の放送は7月16日から。果たして「花燃ゆ」から離れつつある時代劇ファンをうならせることができるか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事