日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前川清 結婚」に関する記事

None

生い立ちから引退まで…宇多田ヒカルが知らない「藤圭子28歳」の素顔

前川清との結婚、引退の真相…> 「二十八歳のときの藤圭子がどのように考え、どのような決断をしたのか。もしこの『流星ひとつ』を読むことがあったら、宇多田ヒカルは初めての藤圭子に出会うことができるかもしれない……。」 作家の沢木耕太郎氏が、8月に自殺した藤圭子(享年62)へのロングインタビューで構成した長編ノンフィクション「流星ひとつ」を緊急出版。その赤裸々かつ衝撃的…

左から時計回りに、タモリ、井上陽水、福山雅治

福山に陽水も? 紅白司会タモリ内定で「九州人脈」フル活用

メンバーは多士済々で、男性陣は武田鉄矢、前川清、チューリップ、甲斐よしひろ、CHAGE and ASKA、チェッカーズ、徳永英明、氷川きよしなど枚挙にいとまがない。女性陣も最近はジャズが人気の八代亜紀、松田聖子、浜崎あゆみ、椎名林檎、指原莉乃率いるHKTなど一線級がズラリ。タモリが司会を務める紅白への出演オファーがあれば二つ返事は間違いないだろう。 その上で、「サプ…

ニューヨークで出産した長女が宇多田ヒカル

プレイバック芸能スキャンダル史

一度は引退も…藤圭子から“圭似子”に改名して芸能界復帰

前川清との離婚スキャンダル以降、人気が下降気味だったとはいえ、年収は5000万円以上。不可解な引退宣言に、阪神の小林繁投手との熱愛、事務所とのトラブルなどさまざまな噂が流れた。 同年12月、引退公演を終えた藤はハワイ大学留学を経て、ニューヨークへと旅立った。歌手時代に稼いだ銀行預金の金利だけで月に60万円以上の収入があったという藤は、3000万円余りを持って渡米した…

宇多田ヒカル

スクープドッグ咆哮記「宇多田ヒカルと藤圭子」編

年表を作成すると意外な発見があった。ヒカルの半生が母親と重なって見えたのだ

これは正真正銘の〈怨歌〉である」 さらに2枚のアルバムが計42週連続1位という空前絶後の記録を作ると、絶頂期の20歳で同じく演歌歌手の前川清と結婚。わずか1年で離婚する。ところが、デビューから10年後の79年には、喉のポリープの手術のせいで売り物のハスキーボイスが出なくなったことを理由に芸能界を引退し渡米する。2年後にカムバックするがヒットに恵まれず、81年に宇多田…

小倉優子

「こりん星は爆発しました」で虚像ブチ壊した小倉優子の脱皮

今でこそ「おちゃめでおしゃべり」と面白さ全開の前川清や玉置浩二も、若い頃は無口な二枚目のイメージでムード歌謡を演出する一端を担っていた。 特にアイドルはイメージ優先。「好きでもないハンバーグやプリンが“好き”と答えるように指示された」という話を元歌手から聞いた。話の内容の演出ならまだしも、小倉はかなり特殊だった。 「こりん星から来たりんごももか姫」という創作のお姫様…

None

「流星ひとつ」沢木耕太郎著

幼い頃の北海道での貧しい生活、浪曲師の両親と一緒に回った各地の興行、スカウトから歌手デビューまで、前川清との結婚と離婚、そして引退を決めた理由……。沢木は、このインタビューを地の文を交えず会話だけで書くという野心的な方法を試み原稿を完成させる。 しかし当時、本にすることは見送られた。藤の自死を巡り再び臆説が飛び交ったとき、原稿は日の目を見ることに。10年間、流星の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事