日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮本勝浩 関西大学」に関する記事

何かと話題にはなったが…

舛添氏問題で話題に 「ホテル三日月」の気になる宣伝効果

むしろマスコミの方から“領収証はどのような内容だったのか?”“会議は行われたのか?”といった問い合わせが多く、業務に支障をきたしています」(三日月を運営する「勝浦ホテル三日月」企画室) 経済効果に詳しい関西大学大学院教授の宮本勝浩氏(理論経済学)はこう分析する。 「長期間にわたって毎日のように名前が出たのでテレビCMなどの広告費に換算すれば10億円を超えるはずです。…

猫が小判を運んでくる

たま駅長が火付け役 「ネコノミクス」の恐るべき経済効果

猫に小判ならぬ、猫が小判を運んでくるわけで、こうした“ネコノミクス”の経済規模は、関西大学の宮本勝浩名誉教授によると約2兆3162億円に上るという。 「その大半はエサ代などの飼育費用で、約1兆1002億円です。ペットフード協会の発表によると昨年、猫の飼育数は、犬の約991万7000匹に迫る約987万4000匹でした。犬に比べて飼育の手間も費用もかからないため、一人…

コートがいらない

全国的なポカポカ陽気で気になる「経済マイナス効果」

■3月までこの状態 「冬は寒くないと経済効果が落ちるのです」と言うのは関西大学大学院教授の宮本勝浩氏(理論経済学)だ。 「人は寒くなると洋服や暖房器具を買うし、温かい料理を食べたくなる。暖冬だとそうした需要が停滞するのです。先日、大阪の家電量販店に聞いたところ、暖房器具は例年に比べて良くないとのことでした。暖かいと風邪をひく人も減るので風邪薬やマスクなどの売り上げ…

久美子氏は握手や写真撮影も求められた

大塚家具「お詫びセール」で大逆転 “親子対立”は175億円効果

経済効果に詳しい関西大学大学院教授の宮本勝浩氏(理論経済学)は「大いに期待できる」と言う。 「これだけテレビや新聞に取り上げられたのだから、宣伝効果だけでも軽く10億円は超えています。そこに『新生』という言葉をつけたセールです。お客さんは勝久氏のころとは違う気軽に入れる店になったと思って来店するでしょうし、“大塚家具で買った”と自慢するために買い物をする人もいるでし…

None

竹中平蔵がはじいた「五輪経済効果20兆円」の怪しさ

数がデカけりゃいいってもんじゃないだろうに、経済効果に詳しい関西大学大学院教授の宮本勝浩氏(理論経済学)はこう言った。 「北京五輪の経済効果は2兆9500億円、ロンドンは2兆680億円でした。五輪の経済効果は2~3兆円と考えればいいでしょう。私も150兆円に疑問を感じて調べたところ、細かい計算をした数字ではないことが分かりました。竹中さんのチームは前倒し分としてリ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事